C2000 SafeTI™ 診断ソフトウェア・ライブラリ
C2000-SAFETI-DIAGNOSTICS-LIB
この製品はすでに市場にリリースされており、ご購入できます。 一部の製品は、より新しい代替品を使用できる可能性があります。

概要/特長

技術資料

サポートとトレーニング

注文情報


注文
型番 TI またはサードパーティからご購入 アラートを受け取る 供給状況 現在のバージョン   更新日   説明  

C2000-SAFETI-CLA-STL:
C2000 SafeTI™ 制御補償器アクセラレータ(CLA)セルフ・テスト・ライブラリ

該当なし ACTIVE v1-00-00   04-Oct-2018   CLA Self-Test Library (STL), user guides, code example, etc. for f2807x, f2837xD, f2837xS and the Compliance Support Package (CSP).  

C2000-SAFETI-DIAGNOSTICS-LIB:
コンプライアンス・サポート・パッケージ(CSP)付き C2000 SafeTI™ 診断ソフトウェア・ライブラリ

無償



ACTIVE v1-00-02-00   19-Dec-2017   Diagnostic Software libraries, user guides, code example, etc. for f2807x, f2837xD, f2837xS and the Compliance Support Package (CSP)  

概要

C2000 SafeTI 診断ライブラリの利点

C2000 マイコン (MCU) 向けの診断ソフトウェア・パッケージは、TI の C2000™ リアルタイム制御マイコン (MCU) を使用した機能安全アプリケーションの設計の簡素化と迅速化に役立つ、SafeTI™ ソフトウェアを収録しています。採用した安全性メカニズムは、安全性に関する具体的な目標を実現する上でお客様をサポートします。

C2000 SafeTI 診断ライブラリは、特定の機能安全ソフトウェア・メカニズムを搭載しており、機能安全に関するお客様の目標を満たすことができます。搭載済みの機能安全ソフトウェア・メカニズムは、デバイスの安全性マニュアルに掲載済みで、詳細な説明もあります。C2000 は、以下の基準に基づいて、どの機能安全ソフトウェア・メカニズムを採用するかを選択しました。

  • デバイスの安全性マニュアルに基づく有効なメカニズム
  • 各種システムへの統合が容易
  • 機能安全の目的で、特定の C2000 デバイスの特長を活用
  • ソフトウェア開発の労力削減と開発期間短縮に貢献

有効な機能安全ソフトウェア・メカニズムがライブラリから削除済みの場合、以下の理由のいずれかまたは複数が原因です。

  • 機能安全メカニズムがシンプルで、C2000 がソフトウェア・ライブラリや API を提供する必要はない
  • 機能安全メカニズムがシステムの実装と緊密に結合されており、C2000 のソフトウェア・ライブラリの一部として汎用ソリューションを提供する方法は実用的ではない

さらに、ソフトウェア・ライブラリの中に収録されていない機能安全ソフトウェア・メカニズムは、デバイスの安全性マニュアルに詳細な説明が掲載されています。お客様がこのような安全性メカニズムの実装と統合を実施するための十分な情報が提供されています。

最後に、E2E は、C2000 に関連するカスタマー・サポートを提供しています。機能安全ソフトウェアの統合に関する疑問をお持ちの場合、既存のスレッドを検索するか、新しいスレッドを作成して質問を投稿し、回答を待つことができます。


概要

このソフトウェア・パッケージは、すぐに使用できるシンプルなサンプル・アプリケーションと、特定の TI C2000 マイコン向けのソフトウェア・ライブラリを収録しており、このライブラリをサポートする安全性マニュアル(英語)やユーザー・ガイド(英語)も付属しています。このソフトウェア・ライブラリを組み込み用途で使用すると、このライブラリをサポートする安全性マニュアルで規定されている各種診断テストを実施できます。設計プロジェクトにこのソフトウェア・ライブラリを使用すると、POST(電源投入時自己診断テスト)や PEST(定期的な自己診断テスト)を作成する方法や、UART ペリフェラル接続経由でテスト結果を報告する方法が分かります。ユーザー・ガイド(英語)では、機能安全に対応したコンシューマ・アプリケーション設計に対するテスト手法を示しています。

コンプライアンス・サポート・パッケージ(CSP)は、各種機能安全規格への準拠のために C2000 SafeTI 診断ライブラリを使用するお客様に対し、必要な技術文書とレポートを提供します。診断ソフトウェア・ライブラリ向けの CSP は、テキサス・インスツルメンツが診断ソフトウェア・ライブラリの開発とテストを基に作成した技術資料で構成されています。これらの技術資料は、ソフトウェア安全性要件の仕様や、ソフトウェア・アーキテクチャの技術資料、ソフトウェア・モジュールの設計技術資料、ソフトウェア・モジュールのユニット・テスト・プラン、ソフトウェア・モジュールのユニット・テスト技術資料、静的分析レポート、ユニット・テスト・レポート、動的分析レポート、機能テスト・レポート、トレーサビリティ技術資料で構成されています。

この制御補償器アクセラレータ (CLA) セルフ・テスト・ライブラリ (STL) は、C2000 デバイスの f2837x/f2807x シリーズで 90% の診断範囲を達成できるように、専用の設計、開発、テスト、評価、承認を実施済みです。CLA STL を通じて、CLA 向けの機能安全診断方法を実現し、お客様が開発する機能安全制御システムで CLA を活用することができます。また、機能安全に懸念を抱いている場合でも、CLA STL を通じて C2000 デバイスの f2837x/f2807x シリーズの CLA を活用し、処理能力をいっそう高めることができます。

CLA STL ソフトウェア・パッケージには、STL のソース・コードとライブラリ、セルフ・テスト・アプリケーション (STA) のサンプル、追加のユーザー・ガイド (英語) が付属しています。このユーザー・ガイド (英語) と STA のサンプルは、機能安全に対応したコンシューマ・アプリケーションの設計に CLA 診断テストを統合する手法を示します。

特長
  • 以下の C2000 シリーズをサポート
    • Delfino F2837xD
    • Delfino F2837xS
    • Piccolo F2807x
    • C28x CPU と制御補償器アクセラレータ
  • 機能安全性マニュアル (英語)
  • 診断ソフトウェアまたはセルフ・テスト・ライブラリ
    • ソース・コード
    • ユーザー・ガイド(英語)
    • サンプル・コード・ソフトウェア
  • 資料:
    • 設計に関する資料とユニット・テストに関する計画
    • 動的分析レポート
    • 機能試験レポート
    • ソフトウェア・アーキテクチャ技術資料
    • ソフトウェア安全性要件の仕様
    • 静的分析レポート
    • 試験結果レポート
    • トレーサビリティ・マトリクス
    • ユニット・テスト技術資料

製品内容

  • C2000 MCU Safety Manual for Diagnostic Library
  • Diagnostic or Self-Test Library
  • Compliance Support Package
  • User guides
  • User example files

技術資料
アプリケーション・ノート (3)
タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 131 2017年 11月 27日
PDF 61 2017年 11月 1日
PDF 115 2017年 10月 26日
ホワイト・ペーパー (2)
タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 157 2019年 1月 31日
PDF 562 2018年 5月 21日
関連製品

ソフトウェア開発 (2)

名前 型番 ソフトウェア・タイプ
C2000 MCU 向け C2000Ware  C2000WARE  ソフトウェア開発キット (SDK) 
controlSUITE™ ソフトウェア・スイート:必須ソフトウェアおよび開発ツール、C2000™ マイコン用  CONTROLSUITE  ドライバとライブラリ 

ハードウェア開発 (1)

名前 型番 ツール・タイプ
SafeTI 60730 SW パッケージ  IEC60730SWPACKAGES  評価モジュール(EVM)用 GUI 

TI デバイス (15)

型番 名前 製品ファミリ
TMS320F28075  120MHz、FPU、TMU (三角関数算術演算ユニット)、512KB フラッシュ、CLA (制御補償器アクセラレータ)、SDFM (デルタ・シグマ・フィルタ・モジュール) 搭載、C2000™ 32   マイコン(MCU) 
TMS320F28076  120MHz、FPU、TMU (三角関数算術演算ユニット)、512KB フラッシュ、CLA (制御補償器アクセラレータ)、CLB (構成可能ロジック・ブロック)、SDFM (デルタ・シグマ・フィルタ・  マイコン(MCU) 
TMS320F28374D  800MIPS で、2 x CPU、2 x CLA、FPU、TMU (三角関数算術演算ユニット)、512KB フラッシュ、EMIF、12 ビット ADC 搭載、C2000™ 32 ビット・マイコン (  マイコン(MCU) 
TMS320F28374S  400MIPS で、1 x CPU、1 x CLA、FPU、TMU (三角関数算術演算ユニット)、512KB フラッシュ、EMIF、12 ビット ADC 搭載、C2000™ 32 ビット・マイコン (  マイコン(MCU) 
TMS320F28375D  800MIPS で、2 x CPU、2 x CLA、FPU、TMU (三角関数算術演算ユニット)、1024KB フラッシュ、EMIF、12 ビット ADC 搭載、C2000™ 32 ビット・マイコン   マイコン(MCU) 
TMS320F28375S 

400MIPS、1 CPU、1 CLA、FPU、TMU、1024KB flash、EMIF、12bit ADC 

マイコン(MCU) 
TMS320F28376D 

800MIPS、2 CPU、2 CLA、FPU、TMU、512KB flash、EMIF、16bit ADC  

マイコン(MCU) 
TMS320F28376S 

400MIPS、1 CPU、1 CLA、FPU、TMU、512KB flash、EMIF、16bit ADC 搭載 C2000™ 32bit MCU

 
マイコン(MCU) 
TMS320F28377D  800MIPS で、2 x CPU、2 x CLA、FPU、TMU (三角関数算術演算ユニット)、1024KB フラッシュ、EMIF、16 ビット ADC 搭載、C2000™ 32 ビット・マイコン   マイコン(MCU) 
TMS320F28377D-EP 

800MIPS、2 CPU、2 CLA、FPU、TMU、1MB flash、EMIF、16bit ADC 搭載 

マイコン(MCU) 
TMS320F28377S  400MIPS で、1 x CPU、1 x CLA、FPU、TMU (三角関数算術演算ユニット)、1024KB フラッシュ、EMIF、16 ビット ADC 搭載、C2000™ 32 ビット・マイコン   マイコン(MCU) 
TMS320F28378D  800MIPS で、2 x CPU、2 x CLA、FPU、TMU (三角関数算術演算ユニット)、1024KB フラッシュ、CLB (構成可能ロジック・ブロック)、EMIF、12 ビット ADC 搭載  マイコン(MCU) 
TMS320F28378S  400MIPS で、1 x CPU、1 x CLA、FPU、TMU (三角関数算術演算ユニット)、1024KB フラッシュ、CLB (構成可能ロジック・ブロック)、EMIF、12 ビット ADC 搭載  マイコン(MCU) 
TMS320F28379D  800MIPS で、2 x CPU、2 x CLA、FPU、TMU (三角関数算術演算ユニット)、1024KB フラッシュ、CLB (構成可能ロジック・ブロック)、EMIF、16 ビット ADC 搭載  マイコン(MCU) 
TMS320F28379S 

400MIPS、1 CPU、1 CLA、FPU、TMU、512KB flash、CLB、EMIF、16bit  

マイコン(MCU) 

サポートとトレーニング

技術的な質問と回答を豊富に掲載している TI の包括的なオンライン・ナレッジ・ベースは 24 時間 365 日ご利用になれます。

TI のエキスパートによる回答の検索

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI のサポート・ページをご覧ください

技術記事