コーデック - ビデオ、スピーチ - C66x ベース・デバイス用
C66XCODECS
この製品はすでに市場にリリースされており、ご購入できます。 一部の製品は、より新しい代替品を使用できる可能性があります。

概要/特長

技術資料

サポートとトレーニング

注文情報


注文
型番 TI またはサードパーティからご購入 供給状況 更新日   説明  

C66XCODECSVID:
C6678 ビデオ・コーデック - ソフトウェアとドキュメント

無償



ACTIVE 2013   Encoding and decoding video/image codecs for the C66x devices  

C66XCODECSPCH:
C66x スピーチ・コーデック - ソフトウェアとドキュメント

無償



ACTIVE 2012   Encoding and decoding speech codecs for the C66x devices.  

概要

TI のコーデックは無償であり、量産ライセンスが付属しているほか、今すぐダウンロードできます。いずれも量産テスト済みで、ビデオや音声の各アプリケーションに簡単に統合可能です。多くの場合、C66x プラットフォーム向けの C64x+ コーデックが提供済みであり、検証済みです。各インストーラやダウンロード・ページから、データシートとリリース・ノートが利用可能です。

(上記の) 「GET SOFTWARE」ボタンをクリックして入手できるコーデックは、TI が現時点で提供している、最新のテスト済みバージョンです。さらに、一部のアプリケーション・デモで、TI コーデックの各バージョンを入手することもできます。 デモ内のコーデックのバージョンは、入手可能な最新版であることも、最新版ではないこともあります。

特長
  • フィールドで強化済みおよびテスト済み
  • LINUX と WINDOWS の各インストーラ
  • コーデック・エンジン・ベースのテストを実施する際に、標準的な EVM 上で XDC のパッケージ化と検証を実施済み
  • エンコーダとデコーダの両方が入手可能
  • すべてのコーデックは eXpressDSP™ 準拠であり、XDM 1.x インターフェイスのいずれかを実装
  • 性能データは、各コーデックのデータシートで規定済み
エンコード
  • 750MHz 動作のシングルコア C66x DSP から 1.25GHz 動作の 8 コア C66x DSP で構成されたマルチコア SoC にいたるまで、TI の DSP はスケーラブルで電力効率の優れたプラットフォームを提供しています。これにより、低解像度からフル HD やウルトラ HD にいたるまであらゆる解像度のエンコード・ソリューションを実現することができます。
  • 以下の表は、TI の DSP を使用してさまざまなエンコード・ソリューションを実現する場合に必要な C66x DSP コアと TMS320C6678 デバイスの推定数を示しています。
  • Base、Main、High の各プロファイルをサポート。
  • このエンコーダは、以下で説明する性能測定を行う目的で使用します。

H.264 / AVC (オーディオ・ビデオ・コーディング) のエンコード

H.264 エンコーダのプロファイル

解像度とフレーム・レート

必要な 1.25GHz 動作の C66x DSP コアの数

必要な 1.25GHz 動作の TMS320C6678 デバイスの数

Base Profile(BP)

480p30

0.5 コア

<1 デバイス

Base Profile(BP)

720p30

2 コア

<1 デバイス

Base Profile(BP)

1080p30

4 コア

<1 デバイス

Base Profile(BP)

1080p60

8 コア*

1 デバイス*

High Profile(HP)

480p30

2 コア

<1 デバイス

High Profile(HP)

720p30

4 コア

<1 デバイス

High Profile(HP)

1080p30

8 コア

1 デバイス


* 注:測定で取得した値を達成するために、記載している数のコアとデバイスすべてが必要とは限りません。(*) マークの付いた値は、外挿値です。

* 測定は、1.25GHz で動作する複数の C66x DSP コアと、1333MHz のデータ・レートで動作する DDR3 外部メモリ・インターフェイスを搭載している TMS320C6678 評価基板を使用して実施しました。

* C6678 デバイスがサポートしている H.264 / AVC のエンコード分解能、フレーム・レート、プロファイル (Main Profile を含む) の詳細な一覧については、H.264 encoder データシート (英語) をご覧ください。このデータシートは、上記の表で説明した各シナリオで使用している構成に関する情報も掲載しています。

H.265/HEVC (高効率ビデオ・コーディング) のエンコード

  • Main Profile をサポートしています。
  • このエンコーダは、以下で説明する性能測定を行う目的で使用します。

H.265 エンコーダの Main Profile の構成

解像度とフレーム・レート

必要な 1.25GHz 動作の C66x DSP コアの数

必要な 1.25GHz 動作の TMS320C6678 デバイスの数

Low Delay

1080p30

10 コア*

2 デバイス*

Low Delay

1080p60

20 コア

3 デバイス

Low Delay

4kp30

40 コア*

5 デバイス*

Low Delay

4kp60

80 コア*

10 デバイス*

Random Access

1080p30

24 コア

3 デバイス

Random Access

1080p60

48 コア

6 デバイス

Random Access

1080p30

64 コア

8 デバイス

Random Access

4kp60

128 コア*

16 デバイス


* 注:測定で取得した値を達成するために、記載している数のコアとデバイスすべてが必要とは限りません。(*)マークの付いた値は、外挿値です。たとえば、4kp60 の性能値は 4kp30 から理論的に導いたものです。

* 測定は、Advantech DSP-8681 (4 基の TMS320C6678 DSP を搭載したハーフ・レングス PCIe カード) と DSP-8682 (8 基の TMS320C6678 DSP を搭載したフル・レングス PCIe カード) を使用して実施しました。複数の C66x DSP コアは 1.25GHz で動作し、DDR3 外部メモリ・インターフェイスは 1333MHz のデータ・レートで動作していました。

* C6678 デバイスがサポートしている H.265 / HEVC のエンコード分解能、フレーム・レート、プロファイル (standard プロファイルを含む) の詳細な一覧、およびデバイスとシステムのパラメータや想定については、HEVC encoder データシート (英語) をご覧ください。このデータシートは、上記の表で説明した各シナリオで使用している構成に関する情報も掲載しています。

デコード

  • TI は、シングル・チャネルから高密度処理にいたるまで、ビデオ・ビットストリームをデコードするための各種オプションを可能にしています。このソリューションは高い電力効率とフレキシビリティを特長としており、作成中の規格も含め、多様なビデオ・デコード構成、フレーム・レート、プロファイルをサポートします。
  • 以下の表は、TI の DSP を使用してさまざまなデコード・ソリューションを実現するために必要な C66x DSP コアと TMS320C6678 デバイス推定数を示します。
  • Base、Main、High の各プロファイルをサポート。
  • このデコーダは、以下で説明する性能測定を行う目的で使用します。

H.264/AVC (オーディオ・ビデオ・コーディング) のデコード

H.264 デコーダのプロファイル

解像度とフレーム・レート

必要な 1.25GHz 動作の C66x DSP コアの数

必要な 1.25GHz 動作の TMS320C6678 デバイスの数

High Profile(HP)

480p30

0.5 コア

<1 デバイス

High Profile(HP)

720p30

1 コア

<1 デバイス

High Profile(HP)

720p60

4 コア

<1 デバイス

High Profile(HP)

1080p30

4 コア

<1 デバイス


* 測定は、1.25GHz で動作する複数の C66x DSP コアと、1333MHz のデータ・レートで動作する DDR3 外部メモリ・インターフェイスを搭載している TMS320C6678 評価基板を使用して実施しました。

* C6678 デバイスがサポートしている H.264 / AVC のデコード分解能、フレーム・レート、プロファイル (Base と Main の各プロファイルを含む) の詳細な一覧については、H.264 decoder データシート (英語) をご覧ください。このデータシートは、上記の表で説明した各シナリオで使用している構成に関する情報も掲載しています。

H.265/HEVC (高効率ビデオ・コーディング) のデコード

  • Main Profile をサポートしています。
  • このデコーダは、以下で説明する性能測定すべてを行う目的で使用します。

H.265 エンコーダの Main Profile の構成

解像度とフレーム・レート

必要な TMS320C6678 DSP と C66x DSP コアの数

必要な 1.25GHz 動作の TMS320C6678 デバイスの数

 

Low Delay

1080p30

3 コア*

<1 デバイス*

Low Delay

1080p60

5 コア

<1 デバイス

Low Delay

4kp30

16 コア*

2 デバイス*

Low Delay

4kp60

24 コア*

3 デバイス*

Random Access

1080p30

4 コア*

<1 デバイス*

Random Access

1080p60

8 コア

1 デバイス

Random Access

4kp30

16 コア

2 デバイス

Random Access

4kp60

32 コア*

4 デバイス*

* 注:測定で取得した値を達成するために、記載している数のコアとデバイスすべてが必要とは限りません。(*)マークが付いているのは、外挿値です。たとえば、4kp60 の性能値は 4kp30 から理論的に導いたものです。

* マルチチップ・デコーダを使用する場合は、均等に分割したタイルを使用する必要があります。タイルは、水平と垂直どちらの部分画像でもかまいません。必要なタイル数は、使用するチップの数によって異なります。

* 測定は、Advantech DSP-8681 (4 基の TMS320C6678 DSP を搭載したハーフ・レングス PCIe カード) と DSP-8682 (8 基の TMS320C6678 DSP を搭載したフル・レングス PCIe カード) を使用して実施しました。複数の C66x DSP コアは 1.25GHz で動作し、DDR3 外部メモリ・インターフェイスは 1333MHz のデータ・レートで動作していました。

* C6678 デバイスがサポートしている H.265 / HEVC のデコード分解能、フレーム・レート、プロファイルの詳細な一覧については、HEVC decoder データシート (英語) をご覧ください。このデータシートは、上記の表で説明した各シナリオで使用している構成に関する情報も掲載しています。


現在の更新情報

IMPORTANT NOTE: The codecs available by clicking GET SOFTWARE button (above) are the most recent, tested versions TI currently offers. In addition, versions of TI codecs are also provided in some application Demos. Remember that the codec versions in the Demos may or may not be the most current available.

関連製品

ハードウェア開発 (6)

名前 型番 ツール・タイプ
AM571x 産業用開発キット(IDK)  TMDXIDK5718  評価ボード 
AM574x 産業用開発キット(IDK)  TMDSIDK574  評価ボード 
66AK2Gx 1GHz 評価モジュール  EVMK2GX  開発キット 
66AK2Gx(K2G)の評価モジュール  EVMK2G  開発キット 
TMS320C6670 評価モジュール  TMDSEVM6670  開発キット 
TMS320C6678 評価モジュール  TMDSEVM6678  開発キット 

TI デバイス (27)

型番 名前 製品ファミリ
66AK2E05  4 個の Arm A15 コアと 1 個の C66x DSP コアと NetCP と 10GbE スイッチ搭載、マルチコア DSP+Arm  DSP (デジタル・シグナル・プロセッサ) 
66AK2H06  2 個の Arm A15 コアと 4 個の C66x DSP コア搭載、マルチコア DSP+Arm  DSP (デジタル・シグナル・プロセッサ) 
66AK2H12  4 個の Arm A15 コアと 8 個の C66x DSP コア搭載、マルチコア DSP+Arm  DSP (デジタル・シグナル・プロセッサ) 
66AK2H14  4 個の Arm A15 コアと 8 個の C66x DSP コアと 10GE 搭載、マルチコア DSP+Arm  DSP (デジタル・シグナル・プロセッサ) 
66AK2L06  マルチコア DSP+ARM KeyStone II システム・オン・チップ(SoC)  DSP (デジタル・シグナル・プロセッサ) 
AM5706  Sitara プロセッサ:セキュア・ブート機能搭載、コスト最適化 Arm Cortex-A15 と DSP  Sitara プロセッサ 
AM5708  Sitara プロセッサ:マルチメディア機能とセキュア・ブート機能搭載、コスト最適化 Arm Cortex-A15 と DSP  Sitara プロセッサ 
AM5716  Sitara プロセッサ: Arm Cortex-A15 と DSP  Sitara プロセッサ 
AM5718  Sitara プロセッサ: Arm Cortex-A15 と DSP、マルチメディア  Sitara プロセッサ 
AM5726  Sitara プロセッサ:デュアル Arm Cortex-A15 とデュアル DSP  Sitara プロセッサ 
AM5728  Sitara プロセッサ:デュアル Arm Cortex-A15 とデュアル DSP、マルチメディア  Sitara プロセッサ 
AM5746  Sitara プロセッサ:ECC @ DDR、セキュア・ブート機能搭載のデュアル Arm Cortex-A15 / デュアル DSP  Sitara プロセッサ 
AM5748  Sitara プロセッサ:マルチメディア機能、ECC @ DDR、セキュア・ブート機能搭載のデュアル Arm Cortex-A15 / デュアル DSP  Sitara プロセッサ 
AM5749  Sitara プロセッサ:デュアル Arm Cortex-A15 とデュアル DSP、マルチメディア、ECC 搭載 DDR、セキュア・ブート、ディープ・ラーニング  Sitara プロセッサ 
DM505  15mm パッケージ封止、ビジョン分析向け SoC  DSP (デジタル・シグナル・プロセッサ) 
OMAPL137-HT  高温、低消費電力、アプリケーション・プロセッサ  DSP (デジタル・シグナル・プロセッサ) 
OMAPL138B-EP  エンハンスド製品、低消費電力、アプリケーション・プロセッサ  DSP (デジタル・シグナル・プロセッサ) 
SM320C6678-HIREL  マルチコア固定小数点および浮動小数点デジタル信号プロセッサ  DSP (デジタル・シグナル・プロセッサ) 
SMOMAPL138B-HIREL  ローパワー・アプリケーション・プロセッサ  DSP (デジタル・シグナル・プロセッサ) 
TMS320C6654  1 コア、固定小数点と浮動小数点、低消費電力、750/850MHz デジタル信号プロセッサ  DSP (デジタル・シグナル・プロセッサ) 
TMS320C6655  1 コア固定 / 浮動小数点、低消費電力、 デジタル・シグナル・プロセッサ  DSP (デジタル・シグナル・プロセッサ) 
TMS320C6657  2 コア固定 / 浮動小数点、低消費電力、 デジタル・シグナル・プロセッサ  DSP (デジタル・シグナル・プロセッサ) 
TMS320C6670  通信 / テレコム向け 4 コア固定 / 浮動小数点 DSP  DSP (デジタル・シグナル・プロセッサ) 
TMS320C6671  1 コア固定 / 浮動小数点デジタル信号プロセッサ  DSP (デジタル・シグナル・プロセッサ) 
TMS320C6672  2 コア固定 / 浮動小数点デジタル信号プロセッサ  DSP (デジタル・シグナル・プロセッサ) 
TMS320C6674  4 コア固定 / 浮動小数点デジタル信号プロセッサ  DSP (デジタル・シグナル・プロセッサ) 
TMS320C6678  8 コア固定 / 浮動小数点デジタル信号プロセッサ  DSP (デジタル・シグナル・プロセッサ) 

サポートとトレーニング

技術的な質問と回答を豊富に掲載している TI の包括的なオンライン・ナレッジ・ベースは 24 時間 365 日ご利用になれます。

TI のエキスパートによる回答の検索

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI のサポート・ページをご覧ください

技術記事