C6RUN-DSPARMTOOL

C6EZRun ソフトウェア開発ツール、TI DSP+ARM デバイス用

C6RUN-DSPARMTOOL

ダウンロード

概要

テキサス・インスツルメンツの C6Run ソフトウェア開発ツールは、ARM コアと TMS320C6000 DSP コアの両方を含む TI の異種システム・オン・チップ(SoC)プロセッサのユーザー向けに設計されたものです。C6Run ツールを使用すると、ユーザーは新しいプログラミング言語、システム・インターフェイス、または他の TI 特有のテクノロジーについて特別な知識を必要とせず、サポートされているプラットフォームの DSP 用にコードをコンパイルできます。ARM プログラマはこのツールを使用すると、アプリケーション・コードに変更を加えずに C6000 DSP を活用して、製品を容易に差別化し、性能を向上させることができます。C6Run にはフロント・エンドのビルド・スクリプトが付属していて、使いやすいコマンドライン・インターフェイスを実現し、そこから C6000 DSP コア用のコードをビルドする作業の多くを実行できます。

 

フロントエンド・ツールの最初のセット c6runlib は、コンパイラとアーカイバのスクリプトからなり、ユーザーはこれらを使用して移植可能な C コードをコンパイルし、ARM 側の静的ライブラリを生成することができます。その後、このライブラリを ARM アプリケーションとリンクでき、ライブラリに対するすべての関数呼び出しは C6000 DSP コア上で実際に実行されます。本質的には、このツールはライブラリ関数に対応するリモート・プロシージャ・コールのフレームワークを自動的に生成します。

 

フロント・エンド・ツールの 2 番目の c6runapp は、移植可能な C で記述されたアプリケーション全体をユーザーが再コンパイルすることができるので、ARM のコマンド・プロンプトからそのアプリケーションを実行すると、C6000 DSP コア上で動作することになります。

特長
  • C6Run はオープン・ソース・プロジェクトであり、標準的な三条項 BSD ライセンスの下でライセンスされています。このため、C6Run の改変、再配布などを自由に実施できます。
  • c6runlib ツールを使用する場合は、サポート対象の関数型に対するリモート・プロシージャ・コールの自動的な生成がサポートされます。この結果、アプリケーションをリビルドするだけで、コードのパーティション化を迅速かつ簡単に実施できます。
  • C6Run を使用してビルドしたアプリケーションは、他の ARM/Linux アプリケーションと同じように使用できます(個別の ARM 実行可能ファイルと DSP 実行可能ファイルを管理する必要はありません)。
  • C6Run フレームワークでは、C のすべての I/O 操作(printf、scanf、ファイル I/O)に対するプロキシを提供します。このような操作は、ARM コア上で実行されるものです。すべての計算操作は DSP 上で実行される可能性がありますが、一方でファイル・アクセスや他の汎用処理は ARM コア上で実行される可能性があります。

 

次のものが必要です。

 

C6Run ツールは、次のコンポーネントが使用可能であることを前提として、Linux ホスト・システム上での使用を想定されています。

  • TI DSP/BIOS™ または SysBIOS Real-Time Kernel
  • TI XDCtools
  • TI C6000 コード生成ツール
  • TI DSP/BIOS Link
  • TI Linux Utils
  • TI Local Power Manager
  • Note: Please refer to release notes for the required version numbers.

 

ダウンロード

IDE (統合開発環境)、構成機能、またはデバッガ

C6EZRUN-DSPARMTOOL C6EZRun ソフトウェア開発ツール

サポートされている製品とハードウェア

技術資料

結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
すべて表示 5
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
アプリケーション・ノート Using the C6Run DSP Development Tool for DSP+ARM SoCs (Rev. A) 2011年 5月 19日
その他の資料 C6EZRun Wiki -- In-depth technical and "how-to" articles, FAQs, etc. 2011年 5月 2日
その他の資料 C6EZAccel Wiki -- In-depth technical and "how-to" articles, FAQs, etc. 2011年 5月 2日
その他の資料 C6EZFlo Wiki -- In-depth technical and "how-to" articles, FAQs, etc. 2011年 5月 2日
その他の技術資料 C6 EZ Run Product Bulletin 2010年 9月 22日

関連する設計リソース

ソフトウェア開発

IDE (統合開発環境)、構成機能、またはデバッガ
C6FLO-DSPTOOL C6EZFlo グラフィカル開発ツール、TMS320C6000 デバイス用

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

すべてのフォーラムトピックを英語で表示

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ