Bluetooth サービス・パック、CC256xB 用
CC256XB-BT-SP
この製品はすでに市場にリリースされており、ご購入できます。 一部の製品は、より新しい代替品を使用できる可能性があります。

概要/特長

技術資料

サポートとトレーニング

注文情報


注文
型番 TI またはサードパーティからご購入 アラートを受け取る 供給状況 現在のバージョン   更新日   OS  

CC256XB-BT-SP:
TI デュアル・モード Bluetooth® サービス・パック、CC256x 向け



ACTIVE v1.8   16-Aug-2019   Linux  

概要

The package contains Init Scripts (for BT4.0 and BT4.1) and Add-Ons (for Audio/Voice Processing and for BLE support).

CC256x -BT-SP

The CC256x Bluetooth Service Packs (SP) are mandatory initialization scripts that contain bug fixes and platform specific configurations. They must be loaded into the corresponding CC256x device after every power cycle. The CC256x SPs are delivered in the form of a Bluetooth Script (BTS) file. A BTS file is a scripted binary file which defines the actions that should be applied to the embedded HCI commands and HCI events within the file itself.

In order to operate the chip, the stack first downloads the init script and then use the relevant add-on per user request (only one add-on can be used at a certain time).

Specific chip and platform support

The service pack contains different BTS files per different devices (CC2560B , CC25604B, CC2560 and CC2564) and per different platforms (one for MSP430 V1.4 R2 and one for older MSP430 releases or for other platforms).

Please refer to “CC256x Service Packs Guide and Release Notes” (see below) for more information on the different options.

Conversion of Service pack in to ".h" format for TI’s Bluetooth stack

Service pack (SP) BTS (i.e. “*.bts”) files should be converted to a C header file (“*.h”) format using the Bluetooth Hardware Evaluation Tool (BHET, see “development tools” below), to use it with TI’s Bluetooth stack. The BHET Tool can be downloaded from our main wiki and how to modify and save it as in the desired format can be found here. For all the latest TI’s Bluetooth stack versions you need to replace \Bluetopia\btpsvend\CC256XB.h (or \Bluetopia\btpsvend\CC256X.h) files respective (by taking the backup of the original file) depending on your Chip revision.

Note: Must turn off the sleep mode from the Service Packs (SP) as it is taken care from the TI’s Bluetooth stack.

特長
  • Classic Bluetooth and Bluetooth Low Energy
  • 115.2Kbps UART baud rate
  • XTAL Support
  • Sleep Enabled

技術資料
ユーザー・ガイド (4)
タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 317 2015年 10月 1日
PDF 1672 2015年 7月 24日
PDF 2252 2015年 7月 8日
PDF 1737 2014年 8月 20日
その他の技術資料 (1)
タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 613 2019年 6月 17日
関連製品

ソフトウェア開発 (1)

名前 型番 ソフトウェア・タイプ
Stonestreet One BT+BLE スタックおよびプロファイル、MSP430 上の CC256x 用  CC256XMSPBTBLESW  ドライバとライブラリ 

TI デバイス (1)

型番 名前 製品ファミリ
CC2564MODA  BR (基本レート)、EDR (エンハンスド・データ・レート)、LE (Low Energy) モジュールに対応、アンテナ統合、Bluetooth® 4.1  SimpleLink ソリューション 

サポートとトレーニング

技術的な質問と回答を豊富に掲載している TI の包括的なオンライン・ナレッジ・ベースは 24 時間 365 日ご利用になれます。

TI のエキスパートによる回答の検索

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI のサポート・ページをご覧ください

技術記事