CIRCUIT060006

Bridge Amplifier Circuit(英語)(ブリッジ・アンプ回路)

CIRCUIT060006

概要

ひずみゲージは、加えられた力に応じて抵抗値が変化するセンサです。抵抗値の変化を測定するため、ひずみゲージはブリッジ構成で配置されます。この設計では、2 オペアンプ構成の計測回路を使用して、ひずみゲージの抵抗値の変化により発生する差動信号を増幅します。R10 の変化によりホイートストーン・ブリッジの出力に発生した小さな差動電圧が 2 オペアンプ構成の計測アンプに入力されます。
特長
  • 半分の基準電圧付きの 5V 単一電源
  • 入力:-2.22mV ~ 2.27mV 差動
  • 出力:225mV ~ 4.72V
  • ひずみゲージ抵抗値の変化:115 ~ 125Ω
  • ゲイン:1001V/V
汎用オペアンプ
TLV9002 Dual, 5.5-V, 1-MHz, RRIO operational amplifier for cost-optimized applications
MSP430 マイコン
MSP430FR2310 2 KB FRAM、オペアンプ、TIA (トランスインピーダンス・アンプ)、コンパレータと DAC、10 ビット ADC 搭載、16MHz アナログ内蔵マイコン (MCU) MSP430FR2311 3.75KB FRAM、オペアンプ、TIA (トランスインピーダンス・アンプ)、コンパレータと DAC、10 ビット AD 搭載、16MHz アナログ内蔵マイコン (MCU) MSP430FR2353 16KB FRAM、オペアンプ / PGA、12 ビット DAC、12 ビット AD 搭載、24MHz、105 C、アナログ内蔵マイコン (MCU) MSP430FR2355 32KB FRAM、オペアンプ / PGA、12 ビット DAC、12 ビット AD 搭載、24MHz、105C、アナログ内蔵マイコン (MCU)
高精度オペアンプ (Vos が 1mV 未満)
OPA376 高精度 (0.025mV)、低ノイズ (7.5nV/rtHz)、低静止電流 (760μA) オペアンプ

技術資料

star
= TI が選択した主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
すべて表示 4
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* アプリケーション・ノート Strain gauge bridge amplifier circuit with MSP430 smart analog combo (Rev. A) 2020年 3月 6日
アプリケーション・ノート Discrete Wide Bandwidth INA Circuit (Rev. A) 2020年 12月 23日
アプリケーション・ノート How to Use the Smart Analog Combo in MSP430™ MCUs (Rev. A) 2019年 10月 24日
設計ガイド TIPD170 Design Guide 2015年 11月 2日

関連する設計リソース

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・ツール
TINA-TI SPICE ベースのアナログ・シミュレーション・プログラム
計算ツール
ANALOG-ENGINEER-CALC アナログ技術者向けカリキュレータ

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

すべてのフォーラムトピックを英語で表示

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ