CL-3P-L138-SOM

This System on Module is based on TI's OMAP-L138 DSP+ARM processor and the Xilinx Spartan 6 FPGA.

CL-3P-L138-SOM

購入

概要

MityDSP-L138F システム・オン・モジュール (SOM) は OMAP-L138 DSP + Arm® プロセッサを搭載しており、この製品を採用すると、OMAP-L138 の I/O を拡張し、オンボード FPGA と迅速に統合することができます。これに該当するのは産業用の組込み計器であり、ほかに産業用やリアルタイムの各種通信ベース・アプリケーションにも最適です。

Arm ベースのプロセッサ
OMAP-L138 Low power C674x floating-point DSP + Arm9 processor - up to 456MHz

購入と開発の開始

評価ボード

MITYDSP-L138F – FPGA+DSP+Arm システム・オン・モジュール

TI の評価品に関する標準契約約款が適用されます。

技術資料

結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
すべて表示 1
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
ユーザー・ガイド OMAP-L138 C6000 DSP+ARM Processor Technical Reference Manual (Rev. C) 2016年 8月 11日

関連する設計リソース

ハードウェア開発

開発キット
TMDSLCDK138 OMAP-L138 開発キット(LCDK)

ソフトウェア開発

ソフトウェア開発キット (SDK)
PROCESSOR-SDK-OMAPL138 Linux と TI-RTOS をサポートする OMAPL138 プロセッサ向けプロセッサ SDK
IDE (統合開発環境)、構成機能、またはデバッガ
CCSTUDIO Code Composer Studio™ 統合開発環境(IDE)

サポートとトレーニング

サードパーティーのサポート
TI は、このハードウェアに対する直接的な設計サポートを提供していません。設計に関するサポートを希望する場合、次の場所にお問い合わせください。 Critical Link, LLC.

ビデオ

免責事項

(TI 以外のサイトへのリンクを含め) 上記の特定の情報とリソースは、サード・パーティーのパートナーから提供されていることがあり、利用者の便宜を図る目的で掲載しています。TI は、かかる情報や資料の提供者ではなく、それらの内容に責任を負うこともありません。利用者は、意図している用途との適合性について、かかる情報や資料を自分自身で注意深く評価するものとします。かかる資料やリソースのここへの掲載は、TI による任意のサード・パーティー企業の承認を暗黙的に意味するものではなく、単独、もしくは TI のいかなる製品やサービスとの組み合わせにおいて、サード・パーティーの製品またはサービスの適合性に関する保証または表明として解釈してはならないものとします。