Cortex マイクロコントローラ・ソフトウェア・インターフェイス規格(CMSIS)、Stellaris® MCU用:DSP ヘッダー・ファイル
CMSIS_DSP_HEADERS
この製品はすでに市場にリリースされており、ご購入できます。 一部の製品は、より新しい代替品を使用できる可能性があります。

概要/特長

技術資料

サポートとトレーニング

注文情報


注文
型番 TI またはサードパーティからご購入 供給状況

CMSIS_DSP_HEADERS:
Tiva™ C シリーズと Stellaris® マイコン向けの Cortex マイコン・ソフトウェア・インターフェイス規格(CMSIS):DSP ヘッダー・ファイル



ACTIVE

概要

TIは、Stellaris® Cortex-M4 シリーズ向けに ARM 社の 最新のアプリケーション・ソフトウェア・インターフェイスである CMSIS に準拠します。準拠ライブラリに浮動小数点、SIMD(single instruction multiple data)命令および、DSP(デジタル・シグナル・プロセッサ)などの各演算の実装は簡素化され、業界をリードする Stellaris LM4F マイコンの利点を最大限に活かすことが出来ます。

特長

主な利点:

  • 標準化されたソフトウェア・インターフェイスを活用し、開発各社は、他社製のマイコンから TI の Stellaris LM4F マイコンへ移植することができます。
  • CMSIS DSP ライブラリには、ソース・コードとサンプル・アプリケーションに加え、複素数演算、ベクトル演算、制御機能などの DSP アルゴリズムが含まれており、製品開発期間の短縮に有効です。
  • ARM の Cortex-M4F コアの DSP SIMD 命令セットと浮動小数点対応のハードウェアにより、各種デジタル信号制御アプリケーションにおけるアルゴリズムを強化することができます。

技術資料
アプリケーション・ノート (1)
タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
複数ファイル   2015年 10月 7日

サポートとトレーニング

技術的な質問と回答を豊富に掲載している TI の包括的なオンライン・ナレッジ・ベースは 24 時間 365 日ご利用になれます。

TI のエキスパートによる回答の検索

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI のサポート・ページをご覧ください

技術記事