EMBEDDED-PROGRAMMING

SimpleLink™ Wi-Fi® 埋込プログラミング

EMBEDDED-PROGRAMMING

ダウンロード

概要

Each product that has an embedded CC3120/CC3220 device on board must also have a serial flash device connected. The serial flash must be formatted and, at minimum, be programmed with the Service Pack that contains necessary software updates and additional features. In the case of CC3220, a binary image running on the internal MCU processor must also be programmed. There are several existing options for serial flash programming:

  • Uniflash – A PC based utility offering Image creation and programming. Content is programmed via UART.
  • Over The Air programming – Content is delivered through a network connection. However, this requires the serial flash to be formatted in advance during production. Content is programmed via the host interface (UART or SPI).
  • Industrial Flash Programming – flashing a complete image prepared with Uniflash directly to the serial flash. Can be applied when no simplelink device is attached to the serial flash. Content is programmed via the serial flash SPI lines.

The new Embedded Programming is an additional option that leverages the programming feature of Uniflash, but eliminates the need of a PC. Image Programming tool and source code can be leveraged by customers and used as a reference to implement their own PC tool, program an external programmer on production line, or embed it into their product. The primary use of this tool is for some production line setups that may not have a connected PC, but an embedded device (e.g. MCU, FPGA, DSP, etc) for programming instead. Note that this tool is not a replacement for Uniflash. Some key feature differences includes:

  • Uniflash has more functionalities that just image programming
  • The embedded programming implements just a subset of options exposed in boot loader. Uniflash uses all.
  • An image needs to be prepared before applying Embedded Programming, and this image can only be created with Uniflash.
  • The source code of this Embedded Programming is provided for custom implementation.

ダウンロード

ソフトウェア・プログラミング・ツール

CC3X20EMBEDDEDPROG CC3120 / CC3220 向け組込みプログラミング

バージョン: v2.0.0
リリース日: 1-Jun-2017
サポートされている製品とハードウェア
ソフトウェア・プログラミング・ツール

CC3X00EMBEDDEDPROG 埋込プログラミング、CC3100 および CC3200 用

バージョン: v1.0.0
リリース日: 13-AUG-2015
サポートされている製品とハードウェア

サポートされている製品とハードウェア

Wi-Fi 製品
CC3100 SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M3 Wi-Fi® ワイヤレス・ネットワーク・プロセッサ CC3100MOD IoT (モノのインターネット) 向け、2 TLS/SSL 搭載、SimpleLink™ Wi-Fi CERTIFIED™ ネットワーク・プロセッサ・モジュール CC3120 マイコン (MCU) アプリケーションに対応した IoT ソリューション向け、SimpleLink™ Wi-Fi® ネットワーク・プロセッサ CC3120MOD IoT (モノのインターネット) 向け、6 TLS/SSL 搭載、SimpleLink™ Wi-Fi CERTIFIED™ ネットワーク・プロセッサ・モジュール CC3135 SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M3 デュアル・バンド Wi-Fi® ワイヤレス・ネットワーク・プロセッサ CC3135MOD SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M3、デュアル・バンド Wi-Fi® ワイヤレス・ネットワーク・プロセッサ・モジュール CC3200 2 TLS/SSL と 256kB RAM 搭載、SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M4 Wi-Fi® ワイヤレス・マイコン (MCU) CC3200MOD SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M4 Wi-Fi® と IoT (モノのインターネット) ワイヤレス・モジュール CC3220MOD SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M4 Wi-Fi CERTIFIED™ ワイヤレス・モジュール CC3220MODA アンテナ搭載、SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M4 Wi-Fi CERTIFIED™ ワイヤレス・モジュール CC3220R 6 TLS/SSL と 256kB RAM 搭載、SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M4 Wi-Fi® ワイヤレス・マイコン (MCU) CC3220S セキュア・ブートと 256kB RAM 搭載、SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M4 Wi-Fi® ワイヤレス・マイコン (MCU) CC3220SF 1MB フラッシュと 256kB RAM 搭載、SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M4 Wi-Fi® ワイヤレス・マイコン (MCU) CC3235MODAS SimpleLink™ Wi-Fi CERTIFIED™ デュアル・バンド ワイヤレス・アンテナ・モジュール・ソリューション CC3235MODASF 1MB XIP フラッシュ搭載、SimpleLink™ Wi-Fi CERTIFIED™ デュアル・バンド・ワイヤレス・アンテナ・モジュール・ソリューション CC3235MODS 256kB RAM 搭載、SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M4、デュアル・バンド Wi-Fi® CERTIFIED™ ワイヤレス・モジュール CC3235MODSF 1MB フラッシュ搭載、SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M4、デュアル・バンド Wi-Fi® CERTIFIED™ ワイヤレス・モジュール CC3235SF 1MB フラッシュ搭載、SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M4 デュアル・バンド Wi-Fi® ワイヤレス・マイコン (MCU)
評価ボード
CC3100BOOST SimpleLink Wi-Fi CC3100 ブースタパック CC31XXEMUBOOST 高性能エミュレーション・ブースタパック、SimpleLink Wi-Fi CC3100 ブースタパック用 CC3200-LAUNCHXL SimpleLink Wi-Fi CC3200 LaunchPad
開発キット
CC3120BOOST SimpleLink Wi-Fi® CC3120 ワイヤレス・ネットワーク・プロセッサ BoosterPack プラグイン・モジュール CC3220S-LAUNCHXL SimpleLink™ Wi-Fi® CC3220S ワイヤレス・マイコン LaunchPad™ 開発キット CC3220SF-LAUNCHXL SimpleLink™ Wi-Fi® CC3220SF ワイヤレス・マイコン向け LaunchPad™ 開発キット

技術資料

star
= TI が選択した主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
すべて表示 1
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* ユーザー・ガイド CC3120 and CC3220 Simplelink™ Wi-Fi® Embedded Programming User's Guide (Rev. A) 2018年 6月 29日

関連する設計リソース

ソフトウェア開発

ソフトウェア開発キット (SDK)
CC3100SDK SimpleLink Wi-Fi CC3100 ソフトウェア開発キット(SDK) CC3200SDK SimpleLink Wi-Fi CC3200 ソフトウェア開発キット(SDK) SIMPLELINK-WIFI-CC3120-SDK-PLUGIN SIMPLELINK-SDK-WIFI-PLUGIN
ソフトウェア・プログラミング・ツール
UNIFLASH UniFlash stand-alone flash tool for microcontrollers, Sitara™ processors and SimpleLink™ family

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン
CC3100BOOST-RD SimpleLink Wi-Fi CC3100 ブースタパック・リファレンス・デザイン CC3200-LAUNCHXL-RD SimpleLink Wi-Fi CC3200 LaunchPad リファレンス・デザイン

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

すべてのフォーラムトピックを英語で表示

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ