LM5160DNTFBKEVM

LM5160DNTFBKEVM フライバック絶縁バイアス電源評価ボード

LM5160DNTFBKEVM

購入

概要

The LM5160DNTFBK evaluation module is designed to operate from a 24V nominal bus with an input voltage range of 18V to 32V.  It is capable of supplying 12V/400 mA to the load at the isolated output.  The nominal switching frequency is 300kHz.  The high side and low side MOSFETs are integrated in the LM5160.  The EVM board is designed to demonstrate a small solution size for low-power, isolated bias applications.

特長
  • 18V to 32V input voltage range
  • 8V target primary output voltage and 12V secondary isolated output
  • Can deliver up to 400mA output secondary load with primary unloaded
  • FPWM pin connected directly to Vcc
Fly-Buck コンバータ
LM5160 LM5160 ワイド入力 65V、2A 同期整流降圧/Fly-Buck™ コンバータ LM5160-Q1 広範囲入力 65V、2A 同期整流降圧/Fly-Buck™ コンバータ LM5160A LM5160A 広入力範囲の 65V、2A 同期整流降圧/Fly-Buck™ コンバータ

購入と開発の開始

評価ボード

LM5160DNTFBKEVM – LM5160DNTFBKEVM フライバック絶縁バイアス電源評価ボード

TI の評価品に関する標準契約約款が適用されます。

技術資料

結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
すべて表示 2
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
その他の技術資料 LM5160DNTFBKEVM EU Declaration of Conformity (DoC) 2019年 1月 2日
ユーザー・ガイド LM5160 FlyBuck (Isolated Buck) User’s Guide (Rev. A) 2015年 2月 6日

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

すべてのフォーラムトピックを英語で表示

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ