LMK62E2-156M25EVM

LMK62E2-156M 低ジッタ、シングル出力、固定周波数発振器の評価モジュール

LMK62E2-156M25EVM

購入

概要

LMK62E2-156M25EVM は出力周波数 / 形式の広範な選択が可能な TI の LMK62XX 超低ジッタ水晶発振器ファミリのクロック性能を評価するための包括的なプラットフォームです。LMK62XX EVM は準拠試験、性能評価、初期のシステム・プロトタイピングにも使用できます。エッジ接続可能な複数の SMA ポートをオンボード搭載しており、市販の同軸ケーブル、アダプタ、バラン(いずれも付属せず)を使用して LMK62XX の超低ジッタ・クロック出力にアクセスし、試験機器やリファレンス・ボードとのインターフェイスを実現できます。このコネクティビティにより、TI の LMK62E2 とサード・パーティーの FPGA / ASIC / SoC リファレンス・ボード間の統合システム・レベル・テストが可能になります。

特長
  • 超低ノイズ、高性能(156.25MHz 時に150fs の RMS ジッタ)
  • 単一 3.3V 電源、USB 電源または外部電源(SMA コネクタ)に対応
  • 単一差動 LVPECL 出力
  • ソフトウェア不要

  • LMK62E2-156M25EVM

発振器
LMK62A2-100M 高性能の低ジッタ標準発振器:100M LMK62A2-150M 高性能の低ジッタ標準発振器:150M LMK62A2-156M 高性能の低ジッタ標準発振器:156M25 LMK62A2-200M 高性能の低ジッタ標準発振器:200M LMK62E0-156M 高性能の低ジッタ標準発振器:156M25 LMK62E2-100M 高性能低ジッタ発振器 LMK62E2-156M 高性能の低ジッタ標準発振器:156M25 LMK62I0-100M 高性能低ジッタ発振器 LMK62I0-156M 高性能低ジッタ発振器

 

リニア・レギュレータ(LDO)
LP5907 250-mA, low-noise, high-PSRR, ultra-low-dropout voltage regulator with low IQ and enable
ダウンロード

購入と開発の開始

評価ボード

LMK62E2-156M25EVM – LMK62E2-156M25 の評価ボード

TI の評価品に関する標準契約約款が適用されます。

技術資料

star
= TI が選択した主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
すべて表示 3
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* ユーザー・ガイド LMK60xxEVM User's Guide 2017年 2月 9日
その他の技術資料 LMK62E2-156M25EVM EU Declaration of Conformity (DoC) 2019年 1月 2日
データシート LMK62XX 高性能低ジッタ発振器 データシート (Rev. D 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.D) 2018年 7月 9日

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

すべてのフォーラムトピックを英語で表示

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ