MotorWare™
MOTORWARE
この製品はすでに市場にリリースされており、ご購入できます。 一部の製品は、より新しい代替品を使用できる可能性があります。

概要/特長

技術資料

サポートとトレーニング

注文情報


注文
型番 TI またはサードパーティからご購入 アラートを受け取る 供給状況 現在のバージョン   更新日   説明  

MOTORWARE:
MotorWare ソフトウェア

無償



ACTIVE v1.01.00.18   05-APR-2017   Piccolo InstaSPIN-FOC and InstaSPIN-MOTION software distribution method offers latest in C object oriented and API based coding techniques.  

概要

MotorWare™ は Piccolo F2802x、F2805x、F2806x シリーズ向けに InstaSPIN-FOC™ / InstaSPIN-MOTION™ ベース・アプリケーションを開発するためのソフトウェアと技術資料のパッケージです。

特長

ソフトウェアの特長

  • InstaSPIN-FOC 技術により、経験がさまざまなレベルの設計者が、強力なセンサレス・フィールド・オリエンテッド・モーター制御技術を利用できるようになります。InstaSPIN-FOC は 3 相モーターの自動識別、自動チューニング、フル制御を数分で実行します。
  • InstaSPIN-FOC 技術ベースの InstaSPIN-MOTION は堅牢なモーション制御により、モーターの加速、位置決定、動作のプランニングを可能にします。
  • 複数のプロジェクトにより InstaSPIN ソリューションのさまざまな機能を紹介
    • ハードウェアの検証
    • シグナル・チェーンの検証
    • モーターの識別
    • ハードウェア・オフセットのキャリブレーション
    • トルク制御
    • 速度制御
    • 速度制御のチューニング
    • 固定子抵抗のオンライン追跡
    • 弱め界磁
    • 過変調
    • フライング・スタート
    • 振動補償
    • ホール・スタートアップ
    • 初期位置検出(IPD)
    • 慣性の識別
    • 先進的な速度 / 位置コントローラの調整
    • モーション・プロファイル
    • モーション・シーケンシング / プランニング
    • デュアル・モーター制御
  • モジュール型で、複数のマイコン、パワー・エレクトロニクス、制御方法の間で移植可能
  • オブジェクト指向で API ベースのソフトウェア設計
  • 迅速なシステム開発を可能にする特別な識別 / 自動チューニング・コンポーネント
  • 非常に堅牢性の高いセンサレス・モーター制御
  • 最高性能のセンサ付きモーション制御

 

設計を開始

  • MotorWare.exe のインストールと起動
  • 左側のメニューで「Resources」(リソース)を選択し、「InstaSPIN Projects and Labs User’s Guide」(英語)に従ってください。

製品内容

  • MotorWare installer
  • Standalone MotorWare.exe Resource Explorer(1)
  • *Note 1: If MotorWare.exe gives a "Java Runtime" error, you need to install Java from Oracle.com

技術資料
データシート (5)
タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 6352 2020年 6月 9日 英語版をダウンロード (Rev.H)
PDF 5355 2019年 11月 20日 最新の英語版をダウンロード (Rev.N)
PDF 4698 2018年 12月 6日 最新の英語版をダウンロード (Rev.D)
PDF 1861 2020年 6月 24日
PDF 2340 2020年 6月 24日
アプリケーション・ノート (1)
タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 669 2018年 4月 17日
ユーザー・ガイド (9)
タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 20198 2016年 2月 21日 最新の英語版をダウンロード (Rev.H)
PDF 39640 2019年 6月 27日
PDF 1248 2019年 3月 21日
PDF 1860 2014年 6月 19日
PDF 545 2014年 6月 19日
PDF 1765 2014年 3月 26日
PDF 475 2014年 1月 14日
PDF 4147 2013年 10月 31日
PDF 394 2013年 8月 22日
ホワイト・ペーパー (1)
タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 1053 2020年 7月 13日
その他の技術資料 (2)
タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 2495 2015年 10月 20日 英語版をダウンロード
PDF 6175 2013年 10月 8日
関連製品

ソフトウェア開発 (3)

名前 型番 ソフトウェア・タイプ
C2000 MCU Code Composer Studio(CCStudio)統合開発環境(IDE)  CCSTUDIO-C2000  IDE (統合開発環境)、構成機能、コンパイラ、デバッガ 
モーター・キット・アプリケーション・ソフトウェア、TMDSCNCD28069MISO controlCARD 用  MOTORKITSCNCD69MISO  アプリケーション・ソフトウェアとフレームワーク 
controlSUITE™ ソフトウェア・スイート:必須ソフトウェアおよび開発ツール、C2000™ マイコン用  CONTROLSUITE  ドライバとライブラリ 

ハードウェア開発 (11)

リファレンス・デザイン (1)

名前 型番 ツール・タイプ
車載用 60W ブラシレス DC(BLDC)モータ・ドライブ  TIDA-00143  リファレンス・デザイン 

TI デバイス (11)

型番 名前 製品ファミリ
TMS320F28026F  60MHz、32KB フラッシュ、InstaSPIN-FOC 搭載、C2000™ 32 ビット・マイコン (MCU)  マイコン(MCU) 
TMS320F28027F  60MHz、64KB フラッシュ、InstaSPIN-FOC 搭載、C2000™ 32 ビット・マイコン (MCU)  マイコン(MCU) 
TMS320F28052F  60MHz、64KB フラッシュ、InstaSPIN-FOC、PGA 搭載、C2000™ 32 ビット・マイコン (MCU)  マイコン(MCU) 
TMS320F28052M  60MHz、64KB フラッシュ、InstaSPIN-MOTION、PGA 搭載、C2000™ 32 ビット・マイコン (MCU)  マイコン(MCU) 
TMS320F28054F  60MHz、128KB フラッシュ、InstaSPIN-FOC、PGA 搭載、C2000™ 32 ビット・マイコン (MCU)  マイコン(MCU) 
TMS320F28054M  60MHz、128KB フラッシュ、InstaSPIN-MOTION、PGA 搭載、C2000™ 32 ビット・マイコン (MCU)  マイコン(MCU) 
TMS320F28062F  90MHz、FPU、128KB フラッシュ、InstaSPIN-FOC 搭載、C2000™ 32 ビット・マイコン (MCU)  マイコン(MCU) 
TMS320F28068F  90MHz、FPU、VCU (ビタビ複素数ユニット)、256KB フラッシュ、InstaSPIN-FOC 搭載、C2000™ 32 ビット・マイコン (MCU)  マイコン(MCU) 
TMS320F28068M  90MHz、FPU、VCU (ビタビ複素数ユニット)、256KB フラッシュ、InstaSPIN-MOTION 搭載、C2000™ 32 ビット・マイコン (MCU)  マイコン(MCU) 
TMS320F28069F  90MHz、FPU、VCU (ビタビ複素数ユニット)、CLA (制御補償器アクセラレータ)256KB フラッシュ、InstaSPIN-FOC 搭載、C2000™ 32 ビット・マイコン (MCU)  マイコン(MCU) 
TMS320F28069M  90MHz、FPU、VCU (ビタビ複素数ユニット)、CLA (制御補償器アクセラレータ)、256KB フラッシュ、InstaSPIN-MOTION 搭載、C2000™ 32 ビット・マイコン (MC  マイコン(MCU) 

サポートとトレーニング

技術的な質問と回答を豊富に掲載している TI の包括的なオンライン・ナレッジ・ベースは 24 時間 365 日ご利用になれます。

TI のエキスパートによる回答の検索

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI のサポート・ページをご覧ください

技術記事