MSP-EXP430FR4133

MSP430FR4133 LaunchPad 開発キット

MSP-EXP430FR4133

購入

概要

ステップ 1:LaunchPad を購入
ステップ 2:すぐにデモを実行
ステップ 3:ユーザーズ・ガイドをダウンロード

MSP-EXP430FR4133 LaunchPad 開発キットは、MSP430FR4133 マイコン向けの使いやすい評価基板 (EVM) です。プログラミング、デバッグ、エネルギー測定を行うためのオンボード・エミュレーションなど、超低消費電力 (ULP) の MSP430 FRAM マイコン (MCU) プラットフォームの開発を開始するために必要とされるすべての機能を搭載しています。この基板は、シンプルなユーザー・インターフェイスを迅速に統合するための複数のオンボード・ボタンや複数の LED と、フレキシブルなソフトウェア構成可能ピンを使用する統合型ドライバを提示する液晶ディスプレイ (LCD) を搭載しています。MSP430FR4133 デバイスは、10 ビット ADC を内蔵した LCD サポートに加えて、超低消費電力、高い耐久性、高速書き込みアクセスで知られる不揮発性メモリとして動作する組込み FRAM (強誘電体ランダム・アクセス・メモリ) を搭載しています。

さまざまなブースタパック・モジュールをサポートする 20 ピンのブースタパック・プラグイン・モジュール・ヘッダーにより、迅速で簡単なプロトタイプ製作が可能になります。ワイヤレス接続、グラフィカル・ディスプレイ、環境センシングなどの機能も迅速に追加できます。設計者の皆様は、独自にブースタパック・モジュールを設計することも、TI やサード・パーティー・デベロッパーから供給されている多数の既製ブースタパックを選択することもできます。


MSP-EXP430FR4133 LaunchPad に付属している、すぐに使用できる機能として、オンボードのセグメント・ディスプレイがあり、以下の 2 つの動作モードが利用できます。ストップウォッチ・モードで、最大 100 時間にわたってタイマを動作させることができます。代わりに、分割時間表示を使用することもできます。これは、表示されている時刻を停止したまま、ストップウォッチが内部で引き続き動作を続ける方法です。2 番目のモードを使用すると、オンチップ温度センサを利用する、簡単なサーモスタット・アプリケーションを実現できます。温度は LCD に表示されます。表示する温度単位として、華氏 (F) または摂氏 (℃) が使用できます。

TI Resource Explorer を使用して、すべての仕様をオンラインで参照し、オンライン版の CCS Cloud IDE を使用して開発を開始することができます。Eclipse をベースとする TI の Code Composer Studio や、IAR Embedded Workbench など、他のプロ仕様の開発環境もご利用になれます。


LaunchPad やサポート対象ブースタパックの詳細については、TI LaunchPad Web サイトをご覧ください。


TI の評価基板の販売取引に関する標準約款が適用されます。

  • MSP430 ULP MSP430FR4133 マイコン (MCU) と 16KB FRAM
  • 16 ビット RISC アーキテクチャを採用し、最大 8MHz で FRAM にアクセス可能なほか、16MHz のシステム・クロック速度に対応
  • 3 個のタイマ・ブロック
  • 10 チャネル、10 ビットの ADC
  • チャージ・ポンプを内蔵し、複数の構成可能ピンを実装した 8 x 32 セグメント LCD ドライバ
  • EnergyTrace™ テクノロジーは、超低消費電力のデバッグで利用可能
  • ブースタパック・エコシステムの活用を可能にする 20 ピン・ローンチパッド標準
  • オンボード eZ-FET エミュレーション
  • ユーザー・インタラクションのための 2 個のボタンと 2 個の LED
  • 低消費電力の英数字セグメント LCD

  • 1x MSP-EXP430FR4133 LaunchPad Development Kit
  • 1x Micro USB cable
  • 1x Quick Start Guide

MSP430 マイコン
MSP430FR2032 8KB FRAM、1KB SRAM、10 ビット ADC、UART/SPI/I2C、IR ロジック、タイマ搭載、16MHz マイコン MSP430FR2033 16KB FRAM、2KB SRAM、10 ビット ADC、UART/SPI/I2C、IR ロジック、タイマ搭載、16MHz マイコン MSP430FR4131 4KB FRAM、0.5KB SRAM、10 ビット ADC、LCD、UART/SPI/I2C、IR ロジック、タイマ搭載、16MHz マイコン MSP430FR4132 8KB FRAM、1KB SRAM、10 ビット ADC、LCD、UART/SPI/I2C、IR ロジック、タイマ搭載、16MHz マイコン MSP430FR4133 16KB FRAM、2KB SRAM、10 ビット ADC、LCD、UART/SPI/I2C、IR ロジック、タイマ搭載、16MHz マイコン
ダウンロード

購入と開発の開始

ハードウェア、ソフトウェア、資料のパッケージ詳細

ハードウェアとソフトウェアのパッケージ

Start prototyping your design with the MSP430FR4133 LaunchPad™ development kit

このハードウェアのみ購入

開発キット

MSP-EXP430FR4133 – MSP430FR4133 LaunchPad 開発キット

TI の評価品に関する標準契約約款が適用されます。

技術資料

star
= TI が選択した主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
すべて表示 11
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* ユーザー・ガイド MSP430FR4133 LaunchPad Development Kit (MSP-EXP430FR4133) User's Guide 2017年 1月 17日
* その他の資料 MSP-EXP430FR4133 Software Examples and Design Files 2015年 7月 10日
ユーザー・ガイド MSP Debuggers User's Guide 2020年 4月 24日
その他の技術資料 MSP-EXP430FR4133 EC Declaration of Conformity (DoC) 2019年 1月 2日
技術記事 RS-232: Use this old dog for new tricks 2017年 3月 30日
アプリケーション・ノート RF430FRL152H NFC Sensor Tag Application Example With MSP430 Microcontrollers 2016年 10月 11日
技術記事 The exclusive MSP back-to-school sale is here! 2015年 8月 26日
その他の資料 Browse MSP-EXP430FR4133 Documentation on TI Resource Explorer 2015年 7月 30日
技術記事 Offer Extended - MSP430 Deals for the New Year: Save on one of EDNs Hot 100 with FRAM LaunchPads, IR BoosterPack and more! 2015年 1月 1日
技術記事 New TI Designs showcase IR transceiver functionality and MSP430 FRAM microcontrollers 2014年 12月 15日
ユーザー・ガイド MSP-EXP430FR4133 Quick Start Guide 2014年 10月 3日

関連する設計リソース

ハードウェア開発

ドーター・カード
BOOST-IR赤外線(IR)BoosterPack プラグイン・モジュール

ソフトウェア開発

ドライバまたはライブラリ
MSPMATHLIBMath ライブラリ、MSP430 用
IDE (統合開発環境)、構成機能、またはデバッガ
CCSTUDIO-MSPCode Composer Studio(CCStudio)統合開発環境(IDE)、MSP マイコン用
ENERGYTRACEMSP マイコン向け EnergyTrace™ テクノロジー
MSP430-GCC-OPENSOURCEGCC - オープン・ソース・コンパイラ、MSP430 マイコン用
ULPADVISORULP(超低消費電力)アドバイザ

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

すべてのフォーラムトピックを英語で表示

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ