ターゲット開発ボード(MSP-TS430PW20)と MSP-FET のバンドル(マイコンは付属していません。)
MSP-FET430U20
この製品はすでに市場にリリースされており、ご購入できます。 一部の製品は、より新しい代替品を使用できる可能性があります。

概要/特長

技術資料

サポートとトレーニング

注文情報


主なドキュメント
Download - PDF Icon

概要

  • Note: This kit does not include MSP430FR2xx microcontroller samples. To sample the compatible devices, please visit the product page or select the related MCU after adding the tool to the TI Store cart:

The MSP-FET430U20 bundle combines two debugging tools that support the 20-pin PW package for the MSP430FR23x microcontroller (e.g. MSP430FR2311PW20). These two tools include:

While these two debugging tools can be purchased individually, the bundle is a convenient way to purchase them both together. (Notice, though, that you must provide the appropriate MSP microcontroller in order to use this microcontroller development system.)

The MSP-TS430PW20 microcontroller development board is often referred to as a “Target Socket” board, where the term “target” refers to the microcontroller CPU under development. This board provides a ZIF (zero insertion force) socket, allowing the user to debug a MSP microcontroller target device; the actual MSP device must be obtained separately by purchasing or sampling it.

The Target Socket board provides an integral step in the development process between initial discovery and working with a  custom board.

  1. Most users begin their discovery and experimentation of an MSP microcontroller using one of TI’s many LaunchPad microcontroller development kits (e.g. MSP-EXP430FR4133, MSP-EXP430FR2311). With a wide variety of add-on BoosterPacks, the LaunchPad ecosystem provides an easy way to rapidly prototype application solutions. Convenient as they are, at some point users will outgrow the LaunchPad – just like they would any standard evaluation module (EVM) – since pinouts are partially pre-configured on these boards.
  2. Target Socket boards provide full access to the microcontroller pins, while still providing convenient debugger access using TI’s debug probes, such as the MSP-FET. This makes it easy to take prototyping to the next level. Even when custom hardware has already been developed, these boards are often used to validate software on a “known good target system”. Finally, the LaunchPad kits usually include a “superset” device, which contains the largest number of peripheral and memory for a given device family. The Target Socket boards allow users to validate code on the specific device selected for their production system.
  3. The final development step usually involves moving software/firmware development to custom hardware developed specifically for production of an end-product. If your custom hardware utilizes the recommended debugging port, the MSP-FET can continue to be used to debug and validate firmware on the final production hardware. (See the MSP Debuggers Users Guide (SLAU647) for more information on how to utilize the 14-pin connector, JTAG 4-wire, or 2-wire (Spy Bi-Wire) JTAG debugging interfaces.)

Unlike the LaunchPads, the Target Socket boards do not include their own emulation debugger interfaces. A 14-pin debug socket is included, though, which makes it easy to connect the MSP-FET debugger probe. The MSP-FET – once plugged into the debug socket –provides an easy way to connect your MSP microcontroller (placed into the ZIF socket on the Target Socket board) to your computer or browser running an integrated development environment (IDE), such as Code Composer Studio or IAR Embedded Workbench. The MSP-FET allows the IDE to write code into the MSP FRAM or Flash non-volatile memory. Besides writing memory, the MSP-FET provides access to a wide variety of other debugging features: breakpoints, single-stepping code, watching variables, as well as utilizing TI’s EnergyTrace™ Technology.

注文
型番 TI またはサードパーティからご購入 供給状況

MSP-FET430U20:
MSP-FET + MSP-TS430PW20 FRAM マイコン開発キット・バンドル(マイコンは含まれません。)

$204.00(USD)



ACTIVE

TI の評価品に関する標準契約約款が適用されます

技術資料
データシート (1)
タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 4957 2020年 3月 31日 英語版をダウンロード (Rev.E)
エラッタ (1)
タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 161 2019年 4月 24日
アプリケーション・ノート (1)
タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 9210 2018年 2月 7日
ユーザー・ガイド (5)
タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 2545 2020年 5月 5日
PDF 11086 2020年 4月 24日
PDF 8174 2020年 2月 7日
PDF 995 2018年 5月 11日
PDF 597 2016年 8月 3日
ホワイト・ペーパー (1)
タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 1295 2019年 11月 22日
関連製品

ソフトウェア開発 (4)

名前 型番 ソフトウェア・タイプ
Code Composer Studio(CCStudio)統合開発環境(IDE)、MSP マイコン用  CCSTUDIO-MSP  IDE (統合開発環境)、構成機能、コンパイラ、デバッガ 
MSP-GANG Production Programmer  MSP-GANG  プログラミング・ツール 
MSP430 フラッシュ・エミュレーション・ツール  MSP-FET  プログラミング・ツール 

ハードウェア開発 (3)

名前 型番 ツール・タイプ
MSP430FR2000、MSP430FR21x、MSP430FR23x マイコン向けターゲット開発ボード:20 ピン  MSP-TS430PW20  開発キット 
MSP430FR2311 LaunchPad™ 開発キット  MSP-EXP430FR2311  開発キット 
MSP430FR4133 LaunchPad 開発キット  MSP-EXP430FR4133  開発キット 

TI デバイス (6)

型番 名前 製品ファミリ
MSP430FR2000  0.5KB FRAM、0.5KB SRAM、コンパレータ、UART/SPI、タイマ搭載、16MHz マイコン  マイコン(MCU) 
MSP430FR2100  1KB FRAM、0.5KB SRAM、コンパレータ、10 ビット ADC、UART/SPI、タイマ搭載、16MHz マイコン (MCU)  マイコン(MCU) 
MSP430FR2110  2KB FRAM、1KB SRAM、コンパレータ、10 ビット ADC、UART/SPI、タイマ搭載、16MHz マイコン  マイコン(MCU) 
MSP430FR2111  4KB FRAM、1KB SRAM、コンパレータ、10 ビット ADC、UART/SPI、タイマ搭載、16MHz マイコン  マイコン(MCU) 
MSP430FR2310  2KB FRAM、オペアンプ、TIA (トランスインピーダンス・アンプ)、コンパレータと DAC、10 ビット ADC 搭載、16MHz アナログ内蔵マイコン (マイクロコントローラ)  マイコン(MCU) 
MSP430FR2311  3.75KB FRAM、オペアンプ、TIA (トランスインピーダンス・アンプ)、コンパレータと DAC、10 ビット ADC 搭載、16MHz アナログ内蔵マイコン (マイクロコントローラ)  マイコン(MCU) 

サポートとトレーニング

技術的な質問と回答を豊富に掲載している TI の包括的なオンライン・ナレッジ・ベースは 24 時間 365 日ご利用になれます。

TI のエキスパートによる回答の検索

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI のサポート・ページをご覧ください

技術記事