OPT3001SW-LINUX

Linux ドライバ、OPT3001 用

OPT3001SW-LINUX

概要

この Linux ドライバは、人間の目に類似した高精度の応答性を実現するデジタル周囲光センサ (ALS) である OPT30001 をサポートしています。また、この Linux ドライバは I2C バス経由の通信をサポートするほか、IIO (産業用入出力) クラスを Linux カーネルに登録します。

Linux のメインライン・ステータス

Linux メインラインで利用可能か:はい
git.ti.com から入手可能か:N/A

サポート対象デバイス:
  • OPT3001
Linux ソース・ファイル

このデバイスに関連付けられているファイル:

  1. drivers/iio/light/opt3001.c
ソース・ファイル

drivers/iio/light/opt3001.c

 

ドライバ・サポートの有効化

"make menuconfig" を使用してカーネルを構成します (代わりに、"make xconfig" または "make nconfig" を使用できます)

Menuconfig Location

Symbol: OPT3001 [=y]Type  : tristatePrompt: Texas Instruments OPT3001 Light Sensor  Location:    -> Device Drivers      -> Industrial I/O support (IIO [=y])        -> Light sensors  Defined at drivers/iio/light/Kconfig:226  Depends on: IIO [=y] && I2C [=y]

修正とコード拡張

 

このドライバに対する修正やコード拡張を加える必要がある場合、次の場所にある maintainers ファイル内のリストに従って、該当する Linux Kernel コミュニティ宛にパッチを送信してください。こちら

 

周辺光センサ
OPT3001 人間の目に類似した高精度の応答性、デジタル周辺光センサ (ALS) OPT3006 超薄型周辺光センサ(ALS)

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

すべてのフォーラムトピックを英語で表示

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ