PHYTC-3P-PHYCORE-AM57X

PHYTEC phyCORE-AM57x システム・オン・モジュール

PHYTC-3P-PHYCORE-AM57X

From: PHYTEC

概要

PHYCORE®-AM57x SOM はピン互換性のある TI の Sitara™ AM57x シングルコア / デュアルコア Arm® Cortex™-A15 ベース・ソリューションをサポートしています。高性能 2D/3D グラフィックス、1080p デコードをサポートする先進ビデオ・アクセラレータ、豊富なペリフェラル・セットが、クラス最高の CPU 性能を補完しています。TI の C66x DSP の統合、低レイテンシの PRU-ICSS(産業用通信サブシステム)への対応、PHYTEC SOM(システム・オン・モジュール)の堅牢な PCB インターコネクトにより、PHYCORE-AM57x SOM は過酷な産業用環境への耐性が必要なミッション・クリティカル・アプリケーションで SOM の使用を検討している先進システムの開発者に最適です。

PHYTEC はシステム・オン・モジュール(SOM)、組込みミドルウェア、設計サービスで業界をリードするプロバイダ兼インテグレータであり、複雑な製品の迅速かつ容易な市場投入を可能にします。設計から製造までの段階で、お客様が PHYTEC の深い専門知識、製品の高品質、サプライ・チェーンにおけるノウハウ、迅速で協力的な活動の実践のメリットを活用できるようにしています。自社アセンブリと外部製造パートナーにより、PHYTEC は少量から量産までのカスタム・ソリューションを提供しています。

30 年以上にわたり、PHYTEC は SOM、関連ハードウェア、ソフトウェア、キット、設計サービスを広範な業界のお客様に提供してきました。PHYTEC のお客様はこれらのソリューションにより開発期間の短縮、開発コストや設計リスクの低減を実現しています。PHYTEC は TI との戦略的提携を通じて、Sitara プロセッサや他の TI デバイス向けに市場初のソリューションを発表しています。

PHYTEC は TI サードパーティ・ネットワークのメンバーであり、本社をドイツのマインツに置くとともに、拠点を米国、フランス、中国、インドに展開しています。

PHYTEC の詳細についてはwww.phytec.com をご覧ください。

特長
  • 2 組の 1/100/1000Mbps イーサネット + PRU-ICSS
  • 最大 4GB の DDR3 + オプションの ECC
  • 最大 2GB の NAND または 32GB eMMC
  • PCIe、USB 2.0、USB 3.0、SATA、CAN、UART、SPI、I2C
  • Android、TI-RTOS、Linux 向け BSP
Arm ベースのプロセッサ
AM5706 Sitara プロセッサ:セキュア・ブート機能搭載、コスト最適化 Arm Cortex-A15 と DSP AM5708 Sitara プロセッサ:マルチメディア機能とセキュア・ブート機能搭載、コスト最適化 Arm Cortex-A15 と DSP AM5716 Sitara プロセッサ: Arm Cortex-A15 と DSP AM5718 Sitara プロセッサ: Arm Cortex-A15 と DSP、マルチメディア AM5726 Sitara プロセッサ:デュアル Arm Cortex-A15 とデュアル DSP AM5728 Sitara プロセッサ:デュアル Arm Cortex-A15 とデュアル DSP、マルチメディア AM5729 Sitara プロセッサ AM5746 Sitara プロセッサ:ECC @ DDR、セキュア・ブート機能搭載のデュアル Arm Cortex-A15 / デュアル DSP AM5748 Sitara プロセッサ:マルチメディア機能、ECC @ DDR、セキュア・ブート機能搭載のデュアル Arm Cortex-A15 / デュアル DSP AM5749 Sitara プロセッサ:デュアル Arm Cortex-A15 とデュアル DSP、マルチメディア、ECC 搭載 DDR、セキュア・ブート、ディープ・ラーニング

サポートとトレーニング

サードパーティーのサポート
TI は、このハードウェアに対する直接的な設計サポートを提供していません。設計に関するサポートを希望する場合、次の場所にお問い合わせください。 PHYTEC.

ビデオ

免責事項

(TI 以外のサイトへのリンクを含め) 上記の特定の情報とリソースは、サード・パーティーのパートナーから提供されていることがあり、利用者の便宜を図る目的で掲載しています。TI は、かかる情報や資料の提供者ではなく、それらの内容に責任を負うこともありません。利用者は、意図している用途との適合性について、かかる情報や資料を自分自身で注意深く評価するものとします。かかる資料やリソースのここへの掲載は、TI による任意のサード・パーティー企業の承認を暗黙的に意味するものではなく、単独、もしくは TI のいかなる製品やサービスとの組み合わせにおいて、サード・パーティーの製品またはサービスの適合性に関する保証または表明として解釈してはならないものとします。