プロセッサ SDK、AM335X Sitara™ プロセッサ用
PROCESSOR-SDK-AM335X
この製品はすでに市場にリリースされており、ご購入できます。 一部の製品は、より新しい代替品を使用できる可能性があります。

概要/特長

技術資料

サポートとトレーニング

注文情報


注文
型番 TI またはサードパーティからご購入 アラートを受け取る 供給状況 現在のバージョン   更新日   OS   Linux カーネル  

PROCESSOR-SDK-RTOS-AM335X:
AM335x と AMIC110 デバイス向けの RTOS プロセッサ SDK

無償



ACTIVE v06.03   20-Apr-2020   TI-RTOS   n/a  

PROCESSOR-SDK-LINUX-RT-AM335X:
AM335x 向け Linux-RT プロセッサ SDK

無償



ACTIVE v06.03   20-Apr-2020   Linux-RT   v4.19  

PROCESSOR-SDK-LINUX-AM335X:
Linux プロセッサ SDK、AM335x 用

無償



ACTIVE v06.03   19-Apr-2020   Linux   v4.19  

概要

プロセッサ SDK(ソフトウェア開発キット)は TI の組込みプロセッサ向けの統合ソフトウェア・プラットフォームで、セットアップが容易でベンチマークとデモをすぐに利用できます。  プロセッサ SDK のすべてのリリースは TI の広範なプラットフォームにわたる一貫性を持っており、複数のデバイスでのソフトウェアのシームレスな再利用や移行を可能にします。  プロセッサ SDK と TI の組込みプロセッサ・ソリューションにより、スケーラブルなプラットフォーム・ソリューションの開発が極めて容易になります。

プロセッサ SDK v.02.xx は、Linux と TI-RTOS 両方のオペレーティング・システムをサポートしています。

Linux の構成要素:

  • LTS(Long-Term Stable)メインライン Linux カーネルのサポート
  • U-Boot ブートローダのサポート
  • Linaro GNU compiler collection(GCC)ツール・チェーン
  • Yocto Project™ OE Core 互換ファイル・システム

RTOS の構成要素:

  • TI-RTOS カーネル:TI のデバイス向け軽量リアルタイム組込みオペレーティング・システム
  • チップ・サポート・ライブラリ、ドライバ、基本的なボード・サポート・ユーティリティ
  • 基本的なネットワーク・スタックとプロトコル
  • ブートローダとブート・ユーティリティ
  • Linaro GNU compiler collection(GCC)ツール・チェーン

Linaro ツールチェーン - サポート
Linaro ツールチェーンは、Cortex-A プロセッサ向けに最適化された、信頼性の高い商用グレードのツールで構成されています。ツールチェーンは TI、Linaro のスタッフ・エンジニア、メンバー企業のデベロッパー、オープン・ソース・コミュニティなどのメンバーで構成される Linaro コミュニティによって包括的にサポートされています。Linaro ツール、ソフトウェア、テスト手順は、TI のプロセッサ SDK の最新リリースで入手できます。

Yocto Project™ をサポート
Yocto Project は、Linux Foundation が推進するオープンソース・コラボレーションであり、組込み Linux ソフトウェア・ディストリビューションを構築するためのフレームワークを簡素化します。TI は Arago ディストリビューションを通して Yocto Project を提供します。 Arago Project は無償のオープンなツール・チェーンで構築され、検証とテスト済みで、サポート対象のパッケージ・サブセットを提供します。 Yocto Project と TI の Arago ディストリビューションに関する追加のリソースは、arago-project.org で入手できます。

詳細はこちら

ステップ 1:スタータ・キットを購入する
ステップ 2:プロセッサ SDK のダウンロード
ステップ 3:Starter Kit Quick Start Guide (英語) を読む
ステップ 4:Linux Getting Started Guide (英語) または RTOS Getting Started Guide (英語) を読む

特長

Linux の特長

  • Open Linux のサポート
  • Linux のカーネルとブートローダ
  • ファイル・システム
  • Qt/Webkit アプリケーション・フレームワーク
  • 3D グラフィックスのサポート
  • 統合型の WLAN と Bluetooth® のサポート
  • GUI ベースのアプリケーション・ランチャー
  • 以下を含むサンプル・アプリケーション:
    • ARM ベンチマーク:Dhrystone、Linpack、Whetstone
    • Webkit Web ブラウザ
    • Soft Wifi アクセス・ポイント
    • 暗号化:AES、3DES、MD5、SHA
    • マルチメディア:GStreamer/FFMPEG
    • プログラマブル・リアルタイム・ユニット(PRU)
  • フラッシュ・ツールと Pin Mux Utility を含むホスト・ツール
  • Linux 開発向け Code Composer Studio™ IDE
  • 技術資料

RTOS の特長

  • フル・ドライバが利用可能
  • ファイル・システム
  • ベアメタル・セカンダリ・ブートローダ
  • ボード・サポート・パッケージ
  • デモとサンプル
  • Pin Mux と Clock Tree ユーティリティを含むホスト・ツール
  • RTOS 開発向け Code Composer Studio™ IDE
  • 技術資料

プロセッサ SDK は無料で TI に対するランタイム・ロイヤリティも不要です。


関連製品

TI デバイス (14)

型番 名前 製品ファミリ
AM3351  Sitara プロセッサ: Arm Cortex-A8、1Gb イーサネット・ディスプレイ  プロセッサ 
AM3352  Sitara プロセッサ: Arm Cortex-A8、1Gb イーサネット・ディスプレイ、CAN  プロセッサ 
AM3354  Sitara プロセッサ: Arm Cortex-A8、3D グラフィックス、CAN  プロセッサ 
AM3356  Sitara プロセッサ: Arm Cortex-A8、PRU-ICSS、CAN  プロセッサ 
AM3357  Sitara プロセッサ: Arm Cortex-A8、EtherCAT、PRU-ICSS、CAN  プロセッサ 
AM3358  Sitara プロセッサ: Arm Cortex-A8、3D グラフィックス、PRU-ICSS、CAN  プロセッサ 
AM3358-EP  Sitara プロセッサ: Arm Cortex-A8、3D、PRU-ICSS、HiRel、CAN  プロセッサ 
AM3359  Sitara プロセッサ: Arm Cortex-A8、EtherCAT、3D、PRU-ICSS、CAN  プロセッサ 
WL1801MOD  WiLink™ 8 シングル・バンド Wi-Fi® モジュール  ワイヤレス・コネクティビティ 
WL1805MOD  WiLink™ 8 シングル・バンド、2x2 MIMO Wi-Fi® モジュール  ワイヤレス・コネクティビティ 
WL1807MOD  WiLink™ 8 産業用デュアル・バンド・コンボ、2x2 MIMO Wi-Fi モジュール  ワイヤレス・コネクティビティ 
WL1831MOD  WiLink™ 8 産業用 Wi-Fi、Bluetooth、Bluetooth Smart (Bluetooth Low Energy) モジュール  ワイヤレス・コネクティビティ 
WL1835MOD  WiLink™ 8 産業用シングル・バンド・コンボ、2x2 MIMO Wi-Fi®、Bluetooth®、Bluetooth Smart モジュール  ワイヤレス・コネクティビティ 
WL1837MOD  WiLink™ 8 産業用デュアル・バンド、2x2 MIMO Wi-Fi®、Bluetooth®、Bluetooth Smart モジュール  ワイヤレス・コネクティビティ 

サポートとトレーニング

技術的な質問と回答を豊富に掲載している TI の包括的なオンライン・ナレッジ・ベースは 24 時間 365 日ご利用になれます。

TI のエキスパートによる回答の検索

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI のサポート・ページをご覧ください

技術記事