DRA7x Jacinto プロセッサ向けプロセッサ・ソフトウェア開発キット(SDK):Linux、Android、RTOS
PROCESSOR-SDK-DRA7X
この製品はすでに市場にリリースされており、ご購入できます。 一部の製品は、より新しい代替品を使用できる可能性があります。

概要/特長

技術資料

サポートとトレーニング

注文情報


注文
型番 TI またはサードパーティからご購入 アラートを受け取る 供給状況 現在のバージョン   更新日   OS  

PROCESSOR-SDK-ANDROID-AUTOMOTIVE-DRA7X:
DRA7x 向け車載 Android プロセッサ SDK

無償



ACTIVE v6AO.1.1   13-Apr-2018   Android  

PROCESSOR-SDK-LINUX-AUTOMOTIVE-DRA7X:
DRA7x 向け車載 Linux プロセッサ SDK

無償



ACTIVE v6.00   13-Dec-2019   Linux  

PROCESSOR-SDK-RTOS-AUTOMOTIVE-DRA7X:
DRA7x 向け車載向け RTOS プロセッサ SDK

無償



ACTIVE v4.03.00   05-Apr-2018   RTOS  

概要

プロセッサ SDK Linux Automotive

プロセッサ SDK Linux Automotive は、インフォテインメント SoC で構成された TI の Jacinto™ DRAx ファミリを対象とする、基礎的なソフトウェア開発プラットフォームです。このソフトウェア・フレームワークを活用すると、機能の豊富なインフォテインメント・ソリューションを開発できます。次世代の自動車に適した、再構成可能なデジタル・インストルメント・クラスタ、統合型のコックピット、車内インフォテインメント、テレマティックス、リアシート・インフォテインメントなどがこれに該当します。この SDK は共通のプロセッサ SDK プラットフォームをベースとしています。

ハイライト
  • LTS(Long-Term Stable)メインライン Linux カーネルのサポート
  • U-Boot ブートローダのサポート
  • Linaro GNU compiler collection(GCC)ツール・チェーン
  • Yocto Project™ OE Core 互換ファイル・システム
Linaro ツールチェーン - サポート

Linaro ツールチェーンは Cortex-A プロセッサ向けに最適化された、信頼性の高い商用グレードのツールで構成されています。このツールチェーンは TI のほか、Linaro のスタッフ・エンジニア、メンバー・デベロッパー企業やオープン・ソース・コミュニティのメンバーで構成される Linaro コミュニティによって包括的にサポートされています。Linaro ツール、ソフトウェア、テスト手順はプロセッサ SDK の最新リリースに付属しています。

Yocto Project のサポート

Yocto Project は Linux Foundation が推進するオープンソース・コラボレーションであり、組込み Linux ソフトウェア・ディストリビューションを構築するためのフレームワークを簡素化します。TI は Arago ディストリビューションを通して Yocto Project を提供します。 Arago Project は無償のオープンなツール・チェーンで構築され、検証とテスト済みで、サポート対象のパッケージ・サブセットを提供します。 Yocto Project と TI の Arago ディストリビューションについての追加リソースは、arago-project.org で入手できます。

プロセッサ SDK Android™ Automotive

Android プロセッサ SDK Android Automotive (ソフトウェア開発キット) は、Android オープン・ソース・プロジェクトをベースとする、DRA7x インフォテインメント・プロセッサ向けのソフトウェア・プラットフォームです。DRA7x プロセッサ上のアクセラレーション・エンジンを活用する、広帯域幅でメモリに制約のある使用事例を想定して、プロセッサ SDK Android Automotive の最適化を実施済みです

ハイライト
  • LTS (Long-Term Support) メインライン Linux カーネルのサポート
  • U-Boot ブートローダ
  • Android の最新ペイストリー (AOSP リリース)
  • Google の O ペイストリー (オープン・ソースの各種リリース) のサポート
プロセッサ SDK RTOS Automotive

プロセッサ SDK RTOS Automotive は、TI のインフォテインメント SoC である Jacinto DRA7x ファミリ上で RTOS ベースのアプリケーションの開発、導入、実行をするための基礎的なプラットフォーム・ソフトウェアを実現します。この SDK を TI の Code Composer Studio の IDE (統合開発環境) と組み合わせると、オーディオ・アンプやネットワーク・ゲートウェイなどの各種アプリケーションに合わせて最適化済みのソリューションを開発するためのビルディング・ブロックを実現できます。

ハイライト
  • TI-RTOS カーネル:TI のデバイス向け軽量リアルタイム組込みオペレーティング・システム
  • チップ・サポート・ライブラリ、ドライバ、基本的なボード・サポート・ユーティリティ
  • コア間およびデバイス間の通信に対応するプロセッサ間通信機能
  • C66x の最適化済みアルゴリズム・ライブラリ
  • 最適化済みの EVE オーディオ・アルゴリズム・カーネル
  • 基本的なネットワーク・スタックとプロトコル
  • ブートローダとブート・ユーティリティ
  • TI のコード生成ツール (CGT)
  • Linaro GNU compiler collection (GCC) ツール・チェーン

特長
プロセッサ SDK Linux Automotive の特長
  • Open Linux のサポート
  • Linux のカーネルとブートローダ
  • ファイル・システム
  • Qt/Webkit アプリケーション・フレームワーク
  • 3D グラフィックスのサポート
  • 2D グラフィックスのサポート
  • 統合型の WLAN と Bluetooth® のサポート
  • GUI ベースのアプリケーション・ランチャー
  • 以下を含むサンプル・アプリケーション:
    • ARM ベンチマーク:Dhrystone、Linpack、Whetstone
    • Webkit Web ブラウザ
    • Soft Wifi アクセス・ポイント
    • 暗号化:AES、3DES、MD5、SHA
    • マルチメディア:GStreamer/FFMPEG
    • プログラマブル・リアルタイム・ユニット(PRU)
  • フラッシュ・ツールと Pin Mux Utility を含むホスト・ツール
  • Linux 開発向け Code Composer Studio™ IDE
  • 技術資料
プロセッサ SDK Android Automotive の特長
  • Android のサポート
  • Linux のカーネルとブートローダ
  • ファイル・システム
  • 3D グラフィックスのサポート
  • 2D グラフィックスのサポート
  • 統合型の WLAN と Bluetooth のサポート
  • Fastboot フラッシュ書き込みのサポート
  • HS デバイス上で Android 検証型ブートをサポート
  • ビデオ・コーデック向けの OpenMAX プラグインを使用したマルチメディア・サポート
  • UI とビデオのコンポジション (組み合わせ) アクセラレーション向けの HWComposer
  • リア・ビュー・カメラ向けの V4L2 カメラ・インターフェイスを使用するカメラ HAL
  • DSP によるアクセラレーションを使用するオーディオ後処理エンジン (APPE)
  • HD1.5 と DAB のソフトウェア・ラジオ (SDR)

プロセッサ SDK RTOS Automotive の特長

  • フル・ドライバが利用可能
  • ファイル・システム
  • ベアメタル・セカンダリ・ブートローダ
  • デバッグと計測用のユーティリティ
  • ボード・サポート・パッケージ
  • デモとサンプル
  • Clock Tree ユーティリティが付属するホスト・ツール
  • RTOS 開発向け Code Composer Studio™ IDE
  • 技術資料

技術資料
アプリケーション・ノート (6)
タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 76 2018年 2月 13日
PDF 57 2017年 2月 17日
PDF 229 2016年 4月 26日
PDF 409 2016年 4月 13日
PDF 353 2016年 3月 30日
PDF 78 2016年 1月 15日
ユーザー・ガイド (2)
タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 667 2016年 4月 21日
PDF 369 2016年 4月 21日
関連製品

ソフトウェア開発 (1)

名前 型番 ソフトウェア・タイプ
Code Composer Studio IDE  CCSTUDIO  IDE (統合開発環境)、構成機能、コンパイラ、デバッガ 

設計ツールとシミュレーション (2)

TI デバイス (31)

型番 名前 製品ファミリ
DRA710  グラフィック機能搭載、インフォテインメントとクラス タ向け、600MHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ  オートモーティブ・プロセッサ 
DRA712  インフォテインメントとクラスタ向けグラフィック機能 とデュアル Arm Cortex-M4 搭載、600MHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ  オートモーティブ・プロセッサ 
DRA714  グラフィック機能と DSP 搭載、インフォテインメントとクラスタ向け、600MHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ  オートモーティブ・プロセッサ 
DRA716  グラフィック機能と DSP 搭載、インフォテインメントとクラスタ向け、800MHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ  オートモーティブ・プロセッサ 
DRA718  グラフィック機能と DSP 搭載、インフォテインメントとクラスタ向け、1GHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ  オートモーティブ・プロセッサ 
DRA722  グラフィック機能と DSP 搭載、車載インフォテインメントとクラスタ向け、800MHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ  オートモーティブ・プロセッサ 
DRA724  グラフィック機能と DSP 搭載、車載インフォテインメントとクラスタ向け、1GHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ  オートモーティブ・プロセッサ 
DRA725  グラフィック機能と DSP 搭載、車載インフォテインメントとクラスタ向け、1.2GHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ  オートモーティブ・プロセッサ 
DRA726  1.5GHz Arm Cortex-A15、インフォテインメントとクラスタ向けのグラフィックスと DSP 搭載  オートモーティブ・プロセッサ 
DRA744  グラフィック機能と DSP 搭載、車載インフォテインメントとクラスタ向け、デュアル 1GHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ  オートモーティブ・プロセッサ 
DRA745  グラフィック機能と DSP 搭載、車載インフォテインメントとクラスタ向け、デュアル 1.2GHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ  オートモーティブ・プロセッサ 
DRA746  グラフィック機能と DSP 搭載、車載インフォテインメントとクラスタ向け、デュアル 1.5GHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ  オートモーティブ・プロセッサ 
DRA74P  ISP を統合し DRA74x SoC プロセッサとピン互換のマルチコア SoC プロセッサ  オートモーティブ・プロセッサ 
DRA750  インフォテインメント向け、デュアル 1.0GHz A15、デュアル DSP、拡張型ペリフェラル SoC プロセッサ  オートモーティブ・プロセッサ 
DRA756  インフォテインメント向け、デュアル 1.5GHz A15、デュアル EVE、デュアル DSP、拡張型ペリフェラル SoC プロセッサ  オートモーティブ・プロセッサ 
DRA75P  ISP を統合し DRA75x SoC とピン互換のインフォテインメント・アプリケーション向けマルチコア SoC プロセッサ  オートモーティブ・プロセッサ 
DRA76P  ISP を使用したデジタル・コックピット・アプリケーション向け高性能マルチコア SoC  オートモーティブ・プロセッサ 
DRA77P  ペリフェラル拡張と ISP を使用したデジタル・コックピット・アプリケーション向け高性能マルチコア SoC  オートモーティブ・プロセッサ 
DRA780  オーディオ・アンプ向け、500MHz C66x DSP と 2 つのデュアル Arm Cortex-M4 搭載、SoC プロセッサ  オートモーティブ・プロセッサ 
DRA781  オーディオ・アンプ向け、750MHz C66x DSP と 2 つのデュアル Arm Cortex-M4 搭載、SoC プロセッサ  オートモーティブ・プロセッサ 
DRA782  オーディオ・アンプ向け、2x 500MHz C66x DSP と 2 つのデュアル Arm Cortex-M4 搭載、SoC プロセッサ  オートモーティブ・プロセッサ 
DRA783  オーディオ・アンプ向け、2x 750MHz C66x DSP と 2 つのデュアル Arm Cortex-M4 搭載、SoC プロセッサ  オートモーティブ・プロセッサ 
DRA784  オーディオ・アンプ向け、1 個の 1000MHz C66x DSP と 2 個のデュアル Arm Cortex-M4 搭載、SoC プロセッサ  オートモーティブ・プロセッサ 
DRA785  オーディオ・アンプ向け、2 個の 1000MHz C66x DSP と 2 個のデュアル Arm Cortex-M4 搭載、SoC プロセッサ  オートモーティブ・プロセッサ 
DRA786  オーディオ・アンプ向け、2x 500MHz C66x DSP と 2 つのデュアル Arm Cortex-M4 と EVE 搭載、SoC プロセッサ  オートモーティブ・プロセッサ 
DRA787  オーディオ・アンプ向け、2x 750MHz C66x DSP と 2 つのデュアル Arm Cortex-M4 と EVE 搭載、SoC プロセッサ  オートモーティブ・プロセッサ 
DRA788  オーディオ・アンプ向け、2 個の 1000MHz C66x DSP と 1 個の EVE と 2 個のデュアル Arm Cortex-M4 搭載、SoC プロセッサ  オートモーティブ・プロセッサ 
DRA790  オーディオ・アンプ向け 500MHz C66x DSP 搭載 300MHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ  オートモーティブ・プロセッサ 
DRA791  オーディオ・アンプ向け 750MHz C66x DSP 搭載 300MHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ  オートモーティブ・プロセッサ 
DRA793  オーディオ・アンプ向け 750MHz C66x DSP 搭載 500MHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ  オートモーティブ・プロセッサ 
DRA797  オーディオ・アンプ向け 750MHz C66x DSP 搭載 800MHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ  オートモーティブ・プロセッサ 

サポートとトレーニング

技術的な質問と回答を豊富に掲載している TI の包括的なオンライン・ナレッジ・ベースは 24 時間 365 日ご利用になれます。

TI のエキスパートによる回答の検索

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI のサポート・ページをご覧ください

技術記事