SimpleLink™ CC2640R2 SDK - Bluetooth® Low Energy
SIMPLELINK-CC2640R2-SDK
この製品はすでに市場にリリースされており、ご購入できます。 一部の製品は、より新しい代替品を使用できる可能性があります。

概要/特長

技術資料

サポートとトレーニング

注文情報


注文
型番 TI またはサードパーティからご購入 アラートを受け取る オーダー・オプション 供給状況 現在のバージョン   更新日  

SIMPLELINK-CC2640R2-SDK:
SimpleLink CC2640R2 ソフトウェア開発キット

無償



該当なし ACTIVE v4.30.xx   08-OCT-2020  

SIMPLELINK-CC2640R2-SDK-BLE-EXAMPLE-PACK-CLOUD:
SimpleLink™ CC2640R2 SDK アドオン、TI Resource Explorer 上の追加の Bluetooth サンプル・アプリケーション・クラウド開発



該当なし ACTIVE    

SIMPLELINK-CC2640R2-SDK-CLOUD:
TI Resource Explorer上のSimpleLink CC2640R2 ソフトウェア開発キット・クラウド開発



該当なし ACTIVE    

LAUNCHXL-CC2640R2 :
CC2640R2 LaunchPad

$29.00(USD)


価格は各社サイトをご覧ください



ACTIVE    

SIMPLELINK-SDK-SENSOR-ACTUATOR-PLUGIN :
SimpleLink™ マイコン SDK 向けセンサ/アクチュエータ・プラグイン

無償



該当なし ACTIVE v1.50.00.00   29-Jan-2020  

概要

ステップ 1:LaunchPad を購入
ステップ 2:SDK のダウンロード
ステップ 3:SimpleLink Academy を活用した開発を開始

重要な注意事項:

SimpleLink SDK は定期的に更新されています。最新のリリース更新を入手するには、上記の「Alert Me」 (アラートを受け取る) をクリックしてください。

 

SimpleLink™ CC2640R2 ソフトウェア開発キット (SDK) は、TI (テキサス・インスツルメンツ) のロイヤリティ・フリー Bluetooth® Low Energy (BLE) ソフトウェア・プロトコル・スタックを収録しています。Arm® Cortex®-M3 ベースの SimpleLink Bluetooth Low Energy CC2640R2F wireless MCU, SimpleLink Bluetooth Low Energy CC2640R2L ワイヤレス・マイコン (MCU) と車載認証済み SimpleLink Bluetooth Low Energy CC2640R2F-Q1 ワイヤレス・マイコンで、シングル・モード Bluetooth LE アプリケーションを開発する際に、この SDK を活用することができます。これらの Bluetooth LE プロトコル・スタックには、シングル・モード Bluetooth Low Energy アプリケーションの開発を迅速に開始するために必要なすべてのソフトウェア、サンプル・アプリケーション、資料が付属しています。この SDK には、2 つの Bluetooth 認定済みプロトコル・スタック・コンポーネントも付属しています。1 つは、先進的な Bluetooth 5 (BLE5-Stack) 機能を使用する開発向け、もう 1 つは、Bluetooth 4.2 仕様で定義済みの機能を使用するメモリ最適化済み Bluetooth 5.1 アプリケーション (BLE-Stack) 向けです。どちらのスタックも、組込み構成とネットワーク・プロセッサ構成をサポートしており、従来の Bluetooth 4.2 およびそれ以前の Bluetooth 仕様に対する後方互換性があります。この SDK で利用できる機能の詳細については、SDK のリリース・ノートをご覧ください。

TI の Bluetooth Low Energy ソリューションの概要については、https://www.ti.com/ble をご覧ください。

CC2640R2 SDK を使用して開発を開始する場合、TI は最初に SimpleLink Academy をご覧になることを推奨しています。これは、対話型の一連のトレーニング・ラボであり、理論に関する説明と実践的な演習を通じて、アプリケーション開発を短期間で開始するのに役立ちます。SimpleLink Academy のうち、推奨の出発点は、BLE Fundamentals (英語) ラボです。このラボは、CC2640R2 LaunchPad™ 開発キットの Project Zero サンプル・アプリケーションを使用し、CC2640R2F とスマートフォンの間でリンクを確立して、LED の状態の制御や、Bluetooth LE 接続を経由したボタン押下通知の監視のような各種タスクを実行します。

SimpleLink CC2640R2 SDK の図

 

特長
  • Bluetooth 5 プロトコル・スタック (BLE5-Stack) は、2Mbps PHY、LE Coded PHY (Low Energy 形式で符号化した物理層)、アドバタイズ拡張機能 (AE)、複数のアドバタイズ・セット、チャネル・ホッピング・アルゴリズム v2 (CSA#2) をサポートしており、共有スペクトルの共存改善に貢献します。
  • Bluetooth コア仕様 4.2 の機能すべてをサポート:LE セキュア接続、LE データ長拡張機能、LE Privacy 1.2。さらに Bluetooth 4.0 と 4.1 LE の各機能。
  • リアルタイム位置識別システム (RTLS) ツールボックスは、SimpleLink™ 到来角 (angle of arrival、AoA) ブースタパックを使用して、タイム・オブ・フライト (ToF) と到来角をサポートします。
  • 以下のような BLE デバイスのすべてのロールに対応するサンプル・アプリケーション:集中型、ペリフェラル、ブロードキャスト機能 / ビーコン、オブザーバ。
  • オプションの SimpleLink CC2640R2 BLE Example Pack がサポートしている付加的な各種アプリケーション:Glucose Sensor, HID Emulated Keyboard, Heart Rate and Voice Remote Control (血糖値センサ、HID エミュレーション・キーボード、心拍モニタ、音声対応リモート・コントロール)。
  • ペリフェラルとブロードキャスト機能の各構成で、32kHz 水晶振動子を使用せずに動作する能力。
  • TI のワイヤレス・ダウンロード (OAD) サービスとツールを使用する、セキュア・デバイス・ファームウェアのアップグレード。
  • マスター / スレーブのマルチロール同時動作のような先進的なトポロジーと、複数の同時接続のサポート。
  • デジタル・マイク・ドライバを使用して音声をクラウド・アプリケーションに伝送する Voice-over-BLE (BLE 経由の音声伝送) をサポート。
  • スタンドアロン・システム・オン・チップ (SoC) とネットワーク・プロセッサ・ソフトウェアの構成
  • 一般的に使用されている Apple iBeacon® と Google Eddystone™ の各形式を含め、ペリフェラルとビーコンのような各種アプリケーションで、超低消費電力のアドバタイズメントと接続状態の維持に対応。
  • TI-RTOS フレームワークを土台として構築済みであり、ペリフェラル・ドライバと先進的なパワー・マネージメント・ライブラリが付属。
  • 統合型の XDS110 USB デバッガを使用して、CC2640R2 LaunchPad™ 開発キットをサポート。
  • 開発期間の短縮を目的とした、認証済みプロファイルを使用する多様なサンプル・アプリケーション。
  • 認定のテスト時間短縮を目的とした、Bluetooth 認定済みデザインの一覧。詳細については、www.ti.com/ble-qualification をご覧ください。
  • IAR Embedded Workbench for Arm、Code Composer Studio™ (CCS)、CCS Cloud™ の各統合開発環境 (IDE) ツール・チェーンでサポート済み。
  • CCS v9 を使用した無料のコード開発オプション。

関連製品

TI デバイス (3)

型番 名前 製品ファミリ
CC2640R2F  128kB フラッシュと 275kB ROM 搭載、SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M3 Bluetooth® Low Energy ワイヤレス・マイコン  ワイヤレス・コネクティビティ 
CC2640R2F-Q1  車載認証済み、SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M3 Bluetooth® Low Energy ワイヤレス・マイコン  ワイヤレス・コネクティビティ 
CC2640R2L  SimpleLink™ Bluetooth® 5.1 Low Energy wireless MCU  ワイヤレス・コネクティビティ 

サポートとトレーニング

技術的な質問と回答を豊富に掲載している TI の包括的なオンライン・ナレッジ・ベースは 24 時間 365 日ご利用になれます。

TI のエキスパートによる回答の検索

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI のサポート・ページをご覧ください

技術記事