SIMPLELINK-OPENOCD

SimpleLink™ コネクティビティ・マイコン向け Open On-Chip Debugger(OpenOCD)

SIMPLELINK-OPENOCD

ダウンロード

概要

Open On-Chip Debugger(OpenOCD)はオープンソースのソフトウェア開発ツールで、SimpleLink™ マイコン・デバイスをベースとする組込みアプリケーションのデバッグとプログラミングをサポートします。OpenOCD は JTAG とシリアル・ワイヤ・デバッグ(SWD)経由での GNU Debugger(GDB)から SimpleLink デバイスへのアクセス(または Tool Command Language(TCL:ツール・コマンド言語)スクリプトによる直接アクセス)のほか、アプリケーションのリモート・デバッグ向けの telnet、GDB リモート・サーバー、TCL などのネットワーク・インターフェイスを提供します。  JTAG デバッグ・インターフェイスにより、GDB デバッグ、フラッシュ・プログラミング、バウンダリ・スキャン・テスト / スクリプト作成が可能になります。また、さまざまなデバッグ・プローブや統合開発環境(IDE)をサポートしていることから、OpenOCD によりデバッグやフラッシュ・プログラミングを最適化できます。  OpenOCD に SimpleLink デバイスとXDS110 プローブ・サポートを追加するために、TI は OpenOCD メインラインをベースとして必要な全ファイルを収録した SimpleLink™ OpenOCD パッケージを開発しました。さらに、このソリューションを使用するために必要なユーザー構成ファイル(*.cfg)と全資料がパッケージに収録されています。  パッケージは SimpleLink 製品ラインアップの全デバイス、すなわち MSP432、CC32xx、CC26xx、CC13xx デバイスをサポートしています。XDS110 デバッグ・プローブもネイティブ・サポートしていることから、SimpleLink LaunchPad キットもすべてサポートされます。

TI がリリース、テスト、サポートを行っている最新バージョンであり、包括的な資料も付属しています。 TI はOpen OCD メインライン の新リリースが公開されるたびに対応作業を行う予定です。  このパッケージはソース・コードとして公開されており、Microsoft Windows®、Linux®、Mac OS X® 環境ですでにテスト済みです。  最新の SimpleLink OpenOCD パッケージの詳細についてはRelease notes(英語)をご覧ください。OpenOCD に関する資料は.PDF ファイル(英語)で提供されています。

特長
  • 全 SimpleLink マイコン・デバイスをサポート
  • XDS110 デバッグ・プローブをサポート
  • SimpleLink LaunchPad ボード構成ファイルが付属
  • 統合型 GDB または telnet server 経由で使用可能
  • 統合型 ARM ディスアセンブラ
  • フラッシュ・プログラミング
  • セミホスティング・ライブラリ・サポート
  • コスト不要のオープンソース・ライセンス

ダウンロード

関連する設計リソース

ソフトウェア開発

IDE (統合開発環境)、構成機能、またはデバッガ
CCSTUDIO Code Composer Studio™ 統合開発環境(IDE) CCSTUDIO-MSP Code Composer Studio(CCStudio)統合開発環境(IDE)、MSP マイコン用

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

すべてのフォーラムトピックを英語で表示

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ