SITARA-MACHINE-LEARNING

Sitara 機械学習

SITARA-MACHINE-LEARNING

概要

TI のプロセッサはエッジ側での機械学習による推論を実現できるように特化済みなので、待ち時間の短縮、ネットワーク帯域幅要件の減少、セキュリティや信頼性に関する懸念の解決に貢献します。TI のプロセッサは高効率のハードウェア・アクセラレータを搭載しており、低消費電力という電力枠内でインテリジェントなアプリケーションを設計する場合に役立ちます。

機械学習を使用すると、企業が以下の成果を実現するのに役立つ各種ソリューションを設計できます。ビル内でのエネルギー効率の改善 (たとえば、スマート・サーモスタットやライティング)、工場全体でのオートメーションの推進 (たとえば産業ロボットや、無人搬送車 (AGV))、自動車の運転支援能力の強化 (たとえば、前方衝突警報システムや、アダプティブ・クルーズ・コントロール) が該当します。


開発の開始方法


ステップ 1
ハードウェアの選定:

  • BeagleBone AI - コミュニティがサポートしている、低コストの機械学習評価モジュールです。
  • J721EXSOMXEVM - 機械学習とコンピュータ・ビジョンの各アプリケーションを想定した、TI の最新かつ最も能力の高い評価基板であり、混合行列乗算を使用する最新の C7x DSP コアと、2 個の C66x DSP コアを搭載しています。
  • TMDSID572- 機械学習機能を搭載した Sitara™ AM5729 プロセッサをベースとする産業用開発キットです。

ステップ 2

以下のうち、選定したハードウェアに対応するプロセッサ SDK のダウンロード:


ステップ 3

TIDL (テキサス・インスツルメンツのディープ・ラーニング) ソフトウェア・フレームワークを提示する次の機械学習リファレンス・デザインを参照すると、迅速な開発開始に役立ちます。

組込みアプリケーション向け機械学習推論のリファレンス・デザイン


役に立つ他のリソース:

TI ディープ・ラーニング (TIDL) ソフトウェア・フレームワーク

TIDL ソフトウェア・フレームワークは、TI のプロセッサ上で高度に最適化済みのニューラル・ネットワークを実装し、デバイスが搭載している各種ハードウェア・アクセラレータを活用します。TIDL ソフトウェア・フレームワークは、一連のオープンソース Linux ソフトウェア・パッケージとツールで構成されており、機械学習の推論機能を EVE (組込みビジョン・エンジン) サブシステムと C66x DSP サブシステムの一方または両方にオフローディングします。TIDL ソフトウェア・フレームワークは、TI の無償のプロセッサ SDK の一部として入手できます。

Bringing machine learning to embedded systems (英語) (ホワイト・ペーパー)

Arm ベースのプロセッサ
AM3351 Sitara プロセッサ: Arm Cortex-A8、1Gb イーサネット・ディスプレイ AM3352 Sitara プロセッサ: Arm Cortex-A8、1Gb イーサネット・ディスプレイ、CAN AM3354 Sitara プロセッサ: Arm Cortex-A8、3D グラフィックス、CAN AM3356 Sitara プロセッサ: Arm Cortex-A8、PRU-ICSS、CAN AM3358 Sitara プロセッサ: Arm Cortex-A8、3D グラフィックス、PRU-ICSS、CAN AM3358-EP Sitara プロセッサ: Arm Cortex-A8、3D、PRU-ICSS、HiRel、CAN AM3359 Sitara プロセッサ: Arm Cortex-A8、EtherCAT、3D、PRU-ICSS、CAN AM4372 Sitara プロセッサ: ARM Cortex-A9 AM4376 Sitara プロセッサ: Arm Cortex-A9、PRU-ICSS AM4377 Sitara プロセッサ: Arm Cortex-A9、PRU-ICSS、EtherCAT AM4378 Sitara プロセッサ: Arm Cortex-A9、PRU-ICSS、3D グラフィックス AM4379 Sitara プロセッサ: Arm Cortex-A9、PRU-ICSS、EtherCAT、3D グラフィックス AM5706 Sitara プロセッサ:セキュア・ブート機能搭載、コスト最適化 Arm Cortex-A15 と DSP AM5708 Sitara プロセッサ:マルチメディア機能とセキュア・ブート機能搭載、コスト最適化 Arm Cortex-A15 と DSP AM5716 Sitara プロセッサ: Arm Cortex-A15 と DSP AM5718 Sitara プロセッサ: Arm Cortex-A15 と DSP、マルチメディア AM5726 Sitara プロセッサ:デュアル Arm Cortex-A15 とデュアル DSP AM5728 Sitara プロセッサ:デュアル Arm Cortex-A15 とデュアル DSP、マルチメディア AM5746 Sitara プロセッサ:ECC @ DDR、セキュア・ブート機能搭載のデュアル Arm Cortex-A15 / デュアル DSP AM5748 Sitara プロセッサ:マルチメディア機能、ECC @ DDR、セキュア・ブート機能搭載のデュアル Arm Cortex-A15 / デュアル DSP AM5749 Sitara プロセッサ:デュアル Arm Cortex-A15 とデュアル DSP、マルチメディア、ECC 搭載 DDR、セキュア・ブート、ディープ・ラーニング
評価ボード
TMDSIDK574 AM574x 産業用開発キット(IDK)

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

すべてのフォーラムトピックを英語で表示

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ