TIDA-00439

100/110 Vac 電源から給電されるインバータ用のシャント・ベース地絡保護、リファレンス・デザイン

TIDA-00439

設計ファイル

概要

このリファレンス・デザインは、インバータ・ベースのドライブで地絡を検出することを意図しています。複数のシャント抵抗を使用し、DC 正電圧バスと DC 負電圧バスの両方でインバータ電流を測定します。INA149 電流センス・アンプは、+275V の同相電圧範囲に対処できます。このアンプを使用して、DC 正電圧バスに流れる電流を測定します。DC 負電圧バスに流れる電流をセンスするために、高精度オペアンプを使用しています。2 つの測定電流の間の差を、高速コンパレータを使用して固定的なしきい値と比較し、地絡状態になっているかどうかを判定します。

特長
  • インバータの制御と保護に適した、シャント・ベースの電流センシング
  • ±20APK の DC-Llink 電流を測定できる定格 (±5A でテスト済みのデザイン)
  • +275V の高い同相電圧に対処し、100/110Vac の商用電源ドライブをサポートするハイサイド電流センス回路
  • -10℃ ~ 55℃ の温度範囲にわたって、ローサイドとハイサイドの測定で 1.5% 未満の測定誤差を達成
  • 地絡 (最小の障害電流検出値は 300mA、検出時間は 50μs 未満)
  • マイコン内蔵の 3.3V ADC とのインターフェイス確立を想定した設計を採用

組み立てられたボードは、テストと性能検証のみの目的で開発されたものであり、販売していません。

設計ファイルと製品

設計ファイル

すぐに使用できるシステム・ファイルをダウンロードすると、設計プロセスを迅速化できます。

TIDUA39A.PDF (2595 K)

リファレンス・デザインの概要と検証済みの性能テスト・データ

TIDRFH5.PDF (395 K)

設計レイアウトとコンポーネントを示した詳細な回路図

TIDRFH6.PDF (86 K)

設計に使用したコンポーネント、参照指定子、メーカー名や型番などを記入した詳細なリスト

TIDRFH7.PDF (68 K)

コンポーネントの配置を明示する詳細な設計レイアウト

TIDRFH9.ZIP (982 K)

IC コンポーネントの 3D モデルまたは 2D 図面に使用するファイル

TIDCAI6.ZIP (208 K)

PCB 設計の基板層に関する情報を記載した設計ファイル

TIDRFH8.PDF (1204 K)

PCB 設計レイアウトを生成するための PCB 基板層のプロット・ファイル

製品

設計や代替製品候補に TI 製品を含めます。

コンパレータ

TLC372デュアル、汎用、LinCMOS™ 差動コンパレータ

データシート document-pdfAcrobat PDF
シリーズ電圧リファレンス

REF2033Vref は 3.3V、低ドリフト、低消費電力、Vref と Vref/2 のデュアル出力、電圧リファレンス

データシート document-pdfAcrobat PDF open-in-new HTML
差動アンプ

INA149同相電圧が高い差動アンプ

データシート document-pdfAcrobat PDF
高精度オペアンプ (Vos が 1mV 未満)

OPA2376デュアル、高精度、低ノイズ、低静止電流オペアンプ

データシート document-pdfAcrobat PDF

技術資料

star
= TI が選択した主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
すべて表示 1
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* 設計ガイド Shunt-Based Ground Fault Protection for Inverters (100-/110-V AC) Design Guide (Rev. A) 2015年 7月 14日

関連する設計リソース

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・ツール
TINA-TI SPICE ベースのアナログ・シミュレーション・プログラム

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

すべてのフォーラムトピックを英語で表示

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ