Sitara AM57x Gb イーサネットと PRU-ICSS 上で TTS(タイム・トリガ送信)を実行する EtherCAT® のリファレンス・デザイン
TIDEP0079
この製品はすでに市場にリリースされており、ご購入できます。 一部の製品は、より新しい代替品を使用できる可能性があります。

概要/特長

技術資料

サポートとトレーニング

注文情報


リファレンス・デザインと TI のリソースに関する重要なお知らせと免責事項を表示


概要

TIDEP0079 は、acontis 社の EC-Master スタックを使用して、Sitara™ AM572x プロセッサで動作する EtherCAT® マスター・インターフェイスのためのリファレンス・デザインです。この EtherCAT マスター・ソリューションは、EtherCAT ベースの PLC やモーション制御アプリケーションに使用できます。EtherCAT マスターは、AM572x プロセッサのイーサネット・スイッチと PRU-ICSS イーサネット・ポートの両方でプロファイル作成が可能で、デバイスの 2 個のスイッチ・ポートまたは 4 個の PRU-ICSS イーサネット・ポートのいずれも使用できます。EtherCAT マスターは、スイッチと PRU-ICSS イーサネット・ポートの両方で、100μs 未満のサイクル時間で実装可能です。PRU-ICSS で TTS(Time-triggered send、時間でトリガする送信)を 有効にすると、ジッタの低減、サイクル時間の短縮、また分散クロック供給を使用していない場合は待ち時間の低減を実現できます。

特長
  • 設計のフレキシビリティ向上のため、イーサネット・スイッチ(CPSW)と PRU-ICSS イーサネット・ポートの両方で EtherCAT マスターを実装する複数のサンプル
  • PRU-ICSS で TTS を有効にした EtherCAT マスター
  • 移植性の高い acontis 社の EC-Master スタック
  • イーサネット・スイッチと PRU-ICSS イーサネット・ポートの両方で、サイクルの CPU 消費時間を 30μs 未満に低減可能
  • ETG.1500 仕様の EtherCAT class A または class B のマスター・スタック
  • このリファレンス・デザインは TMDXIDK5728 ボードを使用してテスト済みで、技術資料、ソフトウェア、デモ・アプリケーション、ハードウェア設計ファイルが付属

リファレンス・デザインと TI のリソースに関する重要なお知らせと免責事項を表示


  



回路図/ブロック図

システム全体の機能把握をサポート。

回路図のダウンロード

デザイン・ガイド

認証済みテスト、シミュレーション・データをもとに結果を表示。

デザイン・ガイドのダウンロード


シンボル/フットプリント

型番 パッケージ | ピン数 CAD ファイル(.bxl) STEP モデル(.stp)
AM5716 ダウンロード
AM5718 ダウンロード ダウンロード
AM5726 ダウンロード
AM5728 ダウンロード ダウンロード
CDCE913 ダウンロード ダウンロード
SN65HVD78 ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード
SN74LVC1G07 ダウンロード -
ダウンロード ダウンロード
ダウンロード ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード ダウンロード
ダウンロード -
ダウンロード ダウンロード
ダウンロード ダウンロード
TLK105L ダウンロード ダウンロード
TPS659037 ダウンロード ダウンロード

テキサス・インスツルメンツは Accelerated Designs, Inc. と連携して、TI 製品用の回路図記号と PCB レイアウト・フットプリントを提供しています。

ステップ 1: ソフトウェアをダウンロードしてインストールします 無償ダウンロード

ステップ 2:CAD ファイル(.bxl)のテーブルから記号およびフットプリントをダウンロードします。



サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

技術的な質問と回答を豊富に掲載している TI の包括的なオンライン・ナレッジ・ベースは 24 時間 365 日ご利用になれます。

TI のエキスパートによる回答の検索

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI のサポート・ページをご覧ください

技術記事