TINA-TI

SPICE ベースのアナログ・シミュレーション・プログラム

概要

始めに(TINA-TI 操作入門):クイック・スタート・ガイド
このクイック・スタート・ガイドでは、強力な回路設計およびシミュレーション・ツールである TINA-TI の概要について説明しています。TINA-TI は、複雑なアーキテクチャを含め広い範囲にわたる基本回路と高度な回路の設計、テスト、トラブルシューティングに最適であり、ノードの制限やデバイス数の制限はありません。このドキュメントは、TINA-TI を初めて使われる方が TINA-TI ソフトウェアの基本機能を使用して、簡単に回路シミュレーションを開始する方法を説明しています。


TINA-TI は、SPICE エンジンに基づいた、使いやすい回路シミュレーション・プログラムです。TINA のフル機能バージョンであり、TI のマクロモデル・ライブラリ、およびパッシブ・モデルとアクティブ・モデルが多数付属しています。

最新バージョンの 9.0 は旧バージョンの 7.0 から次のような点が変更されました。

  • 回路図シンボル・エディタにあるマクロ・ウィザードを使えば、インポートした SPICE マクロモデル用のシンボルを作成できます。
  • マクロモデルのインポートは TI 製だけでなく、他社の SPICE モデルもできるようになりました。
  • マクロモデルを含む回路だけでなく、抵抗やコンデンサーなどの素子だけの回路でもシミュレーションできるようになりました。
  • TINA-TI では、各素子の動作点や各ノード電圧の初期状態の設定をする事ができます。
  • TINA-TI には、独立電源および従属電源(VCVS、CCVS、VCCS、CCCS)と、従属電源ウィザードにより、パラメータを容易に入力できます。
  • TINA-TI では、WAV ファイルを入力波(音源)として使用できるようになりました。PC のマルチメディア・システムで、シミュレーション結果の波形を再生したり、*.wav ファイルとしてエクスポートすることができます。
  • TINA-TI は、マルチコア・プロセッサに対応しています。この機能や他の最適化機能により、シミュレーションを 2 ~20 倍速く実行できます。
  • 回路図ファイルを XML 形式でインポートおよびエクスポートできます。
  • ブロック図の作成用にブロック・ウィザードが含まれています。
  • 多くの SPICE モデルやサンプル回路が追加されました。
  • TINA-TI 9.0 で開発した回路は、TINA Industrial バージョン 9 でも利用できます。
  • TINA-TI バージョン 7.0 には、バージョン 9.0 との上位互換性があります。バージョン 9.0 では、バージョン 7.0 形式で回路図を保存できます。
  • 英語、繁体字中国語と簡体字中国語、日本語、およびロシア語などの言語をサポートしています。

バージョン 7.0

TINA-TI バージョン 7.0 は、今後も当分の間はサポートを継続します。旧バージョン 7.0 をお使いの場合は、最新バージョン 9.0 の新しい機能をご利用頂くために、最新バージョンをダウンロードされることをお勧めします。

TINA-TI 9 に関する FAQ

特長

TINA-TI は、SPICE の標準的な DC 解析、過渡解析、AC 解析などの機能すべてを提供しています。TINA には多彩な後処理機能があり、結果を必要なフォーマットにすることができます。仮想計測機能は、入力波形を選択し、回路ノードの電圧や波形を調べることができます。回路図の描画や取り込みは極めて簡単で、すぐに使い始めることができます。

無償バージョンの TINA-TI はフル機能ですが、フル・バージョンの TINA のすべての機能をサポートしているわけではありません。

インストールには、約 200MB の空き容量が必要です。インストールは簡単です。必要に応じてアンインストールも可能です。(そのようなことはないと思いますが)

TINA は DesignSoft 社の製品です。無償バージョンの TINA-TI は、DesignSoft 社よりテキサス・インスツルメンツ向けに提供されたものです。

マクロモデル

TINA-TI バージョン 9.0 には、TI のアナログ・マクロモデルがあらかじめ組み込まれています。付属のマイクロモデルはすべてテスト済みで、テスト回路図はツールからアクセスできます。

アプリケーション

TINA-TI でのシミュレーションに対応する、さまざまなアプリケーション回路図をダウンロードできるので 回路シミュレーションをすぐに、簡単にスタートすることができます。修正をして、「save-as」で保存することが可能です。これらのアプリケーション回路図はフル・バージョンの TINA でも実行でき、[Examples]にある各種の解析が実行できるよう構成されています。

これらのファイルは、TINA-TI プログラム・ソフトウェアの[Examples]フォルダ内の複数のフォルダに保存されています。最新バージョンをダウンロードした後で、ツール(TINA-TI)の中でこの情報を表示するには、メニュー・バーから[ファイル]、[例を開く]の順に選択すると、[Examples]に対応するメニュー・オプションが表示されます。

アプリケーション回路図には、次のカテゴリがあります。

  • アンプ

    • オーディオ(オーディオ・オペアンプ・フィルタ、マイク・プリアンプ)
    • 容量性負荷の補償(容量性負荷の補償、ライン・ドライバ)
    • コンパレータ(コンパレータ回路)
    • 制御ループ(PI 温度制御)
    • 電流ループ(4 ~ 20mA、0 ~ 10mA)
    • 電流測定(電流トランス、シャント測定)
    • 差動アンプ(差動アンプ)、差動からシングルエンド(差動入力からシングルエンド出力、シングルエンド入力から差動出力など)
    • FilterPro フィルタ(複数のフィードバック、サレンキー: FilterPro による合成)
    • その他のフィルタ(オールパス、ローパス、ハイパス、調整可能、ツイン T)
    • オシレータ(ウイーンブリッジ)
    • パワー・アンプ(レーザー・ドライバ、TEC ドライバ、パラレル・パワー、LED ドライバ、フォトダイオード・ドライバ)
    • 高精度(低ドリフト、低雑音、低オフセット、分圧器)
    • センサ・コンディショニング(サーミスタ、抵抗ブリッジ、容量ブリッジ、計測アンプ・フィルタ)
    • 信号処理(ピーク検出回路、クリッピング・アンプ)
    • 単電源(単電源オペアンプ回路)
    • テスト(容量マルチプライヤ、ファレンス電圧の調整、汎用積分器、負荷キャンセレーション、x1000 Zoom アンプ、擬似結合 AC アンプ)
    • トランスインピーダンス(フォトダイオード、光検出器)
    • 電圧から電流(電圧から電流、電流から電流)
    • 広帯域(広帯域オペアンプ回路)
  • SMPS(スイッチ・モード電源)

  • ノイズ解析

    • ノイズ・ソース
  • センサ・シミュレータ

    • RTD シミュレータ

ダウンロード

シミュレーション・ツール

TINA-TI_JAPANESE SPICE ベースのアナログ・シミュレーション・プログラム

バージョン: v9.3.150.328 SF-TI
リリース日: 07 Feb 2017
シミュレーション・ツール

TINA-TI_RUSSIAN SPICE ベースのアナログ・シミュレーション・プログラム

バージョン: v9.3.150.328 SF-TI
リリース日: 07 Feb 2017
シミュレーション・ツール

TINA-TI_SIMP_CHINESE SPICE ベースのアナログ・シミュレーション・プログラム

バージョン: v9.3.150.328 SF-TI
リリース日: 07 Feb 2017
シミュレーション・ツール

TINA-TI_TRA_CHINESE SPICE ベースのアナログ・シミュレーション・プログラム

バージョン: v9.3.150.328 SF-TI
リリース日: 07 Feb 2017
シミュレーション・ツール

TINA-TI_ENGLISH アナログ SPICE ベースのシミュレーション・プログラム

バージョン: v9.3.200.277 SF-TI
リリース日: 04 Oct 2018
汎用オペアンプ
LM324-N 低消費電力、汎用、クワッド・オペアンプ
USB hubs & controllers
TUSB2046I オプションで EEPROM シリアル・インターフェイスが利用可能な 4 ポート 12Mbps USB フルスピード・ハブ
ディスプレイ用 SerDes
DS90UH941AS-Q1 ビデオ分割 / HDCP 機能搭載、2K DSI から FPD-Link III へのブリッジ・シリアライザ
フライバック・コントローラ
UCC28730-Q1 車載用途、ゼロ・パワー・スタンバイ PSR (1 次側レギュレーション) フライバック・コントローラ
プログラマブルと可変ゲイン・アンプ( PGA / VGA )
PGA206 5MHz、100pA のバイアス電流、FET 入力、プログラマブル・ゲイン (G=1、2、4、8) 計測アンプ PGA207 5MHz、100pA のバイアス電流、FET 入力、プログラマブル・ゲイン (G=1、2、5、10) 計測アンプ
ホール効果電流センサ
TMCS1100 外部リファレンス対応、高精度、絶縁型電流センサ TMCS1101 内部リファレンス搭載、高精度、絶縁型電流センサ
昇圧コンバータ(スイッチ内蔵)
LM2623-Q1 0.8-V to 14-V input voltage, 2-A load current, step-up DC/DC, AEC-Q100 qualified
超音波センサ AFE
PGA460 超音波信号プロセッサおよびトランスデューサ・ドライバ
電流センス・アンプ・アナログ出力
INA180 26V、350kHz、電流センス・アンプ INA180-Q1 AEC-Q100、26V、350kHz、電流センス・アンプ INA181 26V、双方向、350kHz、電流センス・アンプ INA181-Q1 AEC-Q100、26V、双方向、350kHz、電流センス・アンプ INA185 超小型 (SOT-563) パッケージ封止、26V、350kHz、双方向、高精度、電流センス・アンプ INA186 ピコアンペア (pA) IB (バイアス電流)、イネーブル搭載、40V、双方向、高精度、電流センス・アンプ INA186-Q1 ピコアンペア (pA) IB (バイアス電流)、イネーブル搭載、AEC-Q100、40V、双方向、高精度、電流センス・アンプ INA190 ピコアンペア (pA) IB (バイアス電流)、イネーブル搭載、40V、双方向、超高精度、電流センス・アンプ INA190-Q1 ピコアンペア (pA) IB (バイアス電流)、イネーブル搭載、AEC-Q100、40V、双方向、超高精度、電流センス・アンプ INA191 ピコアンペア (pA) IB (バイアス電流)、イネーブル搭載、WCSP 封止、40V、双方向、超高精度、電流センス・アンプ INA240-SEP 強化型 PWM 除去機能搭載、宇宙用強化プラスチックに封止、-4 ~ 80V、超高精度電流センス・アンプ INA290-Q1 AEC-Q100、小型 (SC-70) パッケージ封止、2.7V ~ 120V、1.1MHz、超高精度電流センス・アンプ INA293 -4-V to 110-V, 1.3-MHz, ultra-precise current sense amplifier INA293-Q1 AEC-Q100, -4-V to 110-V, 1.3-MHz, ultra-precise current sense amplifier INA300 36V 電流センス・コンパレータ INA300-Q1 AEC-Q100、36V 電流センス・コンパレータ INA303-Q1 AEC-Q100、ウィンドウ・コンパレータ搭載、36V、双方向、550kHz、4V/μs、高精度電流センス・アンプ INA381 過電流コンパレータ内蔵、26V、350kHz、電流センス・アンプ INA381-Q1 過電流保護コンパレータ内蔵、AEC-Q100、26V、350kHz、電流センス・アンプ
高速オペアンプ (GBW>=50MHz)
OPA2607 コスト重視のシステム向け、デュアル・チャネル、低消 費電力、高精度、50MHz、非補償型 CMOS オペアンプ OPA2863 Low-power, 100-MHz, RRIO, voltage feedback amplifier

技術資料

結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
すべて表示 7
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
技術記事 How to simulate complex analog power and signal-chain circuits with PSpice for TI 2020年 9月 14日
技術記事 No lab access? Check out these tips and tools to keep your design on track 2020年 4月 13日
技術記事 What is an op amp? 2020年 1月 21日
技術記事 Taking the family-first approach to op amp selection 2019年 10月 18日
アプリケーション・ノート Importing a SPICE NetList into TINA9-TI 2012年 6月 29日
ユーザー・ガイド TINA-TI™ 操作入門 (Rev. A 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.A) 2011年 5月 25日
アプリケーション・ノート トランス・インピーダンス・アンプ設計の基礎 2007年 10月 18日

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

すべてのフォーラムトピックを英語で表示

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ