TIPD114

データ取得、1KHz AC、1mW、18 ビット、1Msps

概要

この TI 検証済み設計は、ADS8881 の低消費電力と低スループットのユースケースの結果を提供します。低スループット・アプリケーションの消費電力を低減する 1 つの方法として、高スループット(1MSPS)の部品を選択し、その部品が低速で動作することが挙げられます。ADS8881 の消費電力は 10kSPS の場合で 55uW です。リファレンス・ドライブと入力ドライブも低消費電力用に最適化する必要があります。この設計では、システム全体の電力を 1mW まで下げるためのさまざまなトレードオフと選択肢について記載しています。

その他の TI Precision Designs を表示

特長
  • 18 ビット、10ksps のサンプリング・レート
  • 1kHz AC
  • 最適化:超低消費電力
  • 電源:1mW@AVDD = 3.3V
  • ADS8881(18 ビット、1Msps の逐次比較型 ADC)、OPA2333(入力)、および OPA313 + REF3325(リファレンス)の利用
この検証済み設計の内容:
  • 動作原理
  • コンポーネントのセレクション
  • TINA-TI シミュレーション
  • 回路図と PCB レイアウト
  • 検証と実測性能
  • 変更オプション

設計ファイルと製品

設計ファイル

すぐに使用できるシステム・ファイルをダウンロードすると、設計プロセスを迅速化できます。

TIDR209.PDF (109 K)

設計レイアウトとコンポーネントを示した詳細な回路図

SLAC584.ZIP (2181 K)

設計レイアウトとコンポーネントを示した詳細な回路図

TIDR210.PDF (59 K)

設計に使用したコンポーネント、参照指定子、メーカー名や型番などを記入した詳細なリスト

TIDC157.ZIP (1962 K)

PCB 設計の基板層に関する情報を記載した設計ファイル

製品

設計や代替製品候補に TI 製品を含めます。

高精度 ADC (10MSPS 以下)

ADS8881真の差動入力、SPI インターフェイス搭載、デイジーチェーン対応、18 ビット、1MSPS、1 チャネル SAR ADC

データシート document-pdfAcrobat PDF open-in-new HTML
シリーズ電圧リファレンス

REF33252.5V、30ppm/℃ のドリフト、3.9μA、3 ピン SOT-23 または 3 ピン SC70 または 8 ピン UQFN、電圧リファレンス

データシート document-pdfAcrobat PDF open-in-new HTML
汎用オペアンプ

OPA313Single, 5.5-V, 1-MHz, low quiescent current (50-μA), RRIO operational amplifier

データシート document-pdfAcrobat PDF
高精度オペアンプ (Vos が 1mV 未満)

OPA23331.8V、17µA、2 チャネル、マイクロパワー、高精度、ゼロドリフト CMOS オペアンプ

データシート document-pdfAcrobat PDF open-in-new HTML

開発を始める

ソフトウェア

サポート・ソフトウェア

TIPD114 Simulation – TIDC158.ZIP (121 K)

技術資料

star
= TI が選択した主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
すべて表示 2
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* ユーザー・ガイド 18 bit, Ultra Low Power Data Acquisition Block 2013年 6月 18日
Technical article Accurate data acquisition? It’s all relative. 2013年 8月 2日

関連する設計リソース

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・ツール
TINA-TI SPICE ベースのアナログ・シミュレーション・プログラム

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

すべてのフォーラムトピックを英語で表示

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ