TIPD147

ノイズ測定ポスト・アンプ、オシロスコープ/スペクトル・アナライザ用

概要

スコープやスペクトラム・アナライザによっては、非常に小さな雑音レベルを測定するのに必要な範囲に対応していない場合があります。この雑音測定用ポスト・アンプを使用すると、測定対象デバイス(DUT)の出力雑音を高め、標準のテスト装置を使用して測定できるようになります。この回路の重要な要件は、低ノイズフロアと、ほとんどのデバイスの特性評価を行うのに十分な帯域幅を備えていることです。

特長
  • 装置のノイズフロアを超える雑音まで増幅するテスト回路
  • 0.016Hz ~ 443kHz の広帯域幅

設計ファイルと製品

設計ファイル

すぐに使用できるシステム・ファイルをダウンロードすると、設計プロセスを迅速化できます。

TIDR333.PDF (62 K)

設計レイアウトとコンポーネントを示した詳細な回路図

TIDC207.ZIP (34 K)

設計レイアウトとコンポーネントを示した詳細な回路図

TIDR356.PDF (188 K)

設計に使用したコンポーネント、参照指定子、メーカー名や型番などを記入した詳細なリスト

製品

設計や代替製品候補に TI 製品を含めます。

高精度オペアンプ (Vos が 1mV 未満)

OPA2111.1nV/√Hz のノイズ、低消費電力、高精度オペアンプ

データシート document-pdfAcrobat PDF open-in-new HTML
高速オペアンプ (GBW≧50MHz)

OPA847シャットダウン機能搭載、広帯域、超低ノイズ、電圧帰還型オペアンプ

データシート document-pdfAcrobat PDF

開発を始める

ソフトウェア

サポート・ソフトウェア

TIPD147 Simulation – TIDC233.ZIP (34 K)

技術資料

star
= TI が選択した主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
すべて表示 2
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* ユーザー・ガイド 18 bit, Ultra Low Power Data Acquisition System for ECG 2013年 12月 10日
技術記事 Stress-induced outbursts: Microphonics in ceramic capacitors (Part 2) 2014年 12月 23日

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

すべてのフォーラムトピックを英語で表示

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ