マザーボード評価モジュール、TLK10232 用
TLK10232EVM
この製品はすでに市場にリリースされており、ご購入できます。 一部の製品は、より新しい代替品を使用できる可能性があります。

概要/特長

技術資料

サポートとトレーニング

注文情報



概要

Motherboard evaluation board for TLK10232 comes with custom-developed GUI and a detailed EVM user guide. This EVM along with the GUI, enable customers to configure the registers of all the channels independently and to debug the device. The user’s guide provides guidance on proper use of the device by showing some device configurations and test modes. In addition, design, layout and schematic information is provided. Use the information in this guide to help the customer choose the optimal design methods and materials in designing a complete system.

特長
  • Dual Channel XAUI/10GBASE-KR Transceiver With Crosspoint SerDes
  • Supports evaluation of high-speed signals, which are accessible via SMA connectors or an optionally-installed optical module
  • MDIO interface easily controlled via USB port using a graphical user interface
  • Runs from a single 5V power supply
  • Voltage monitoring circuits with LED indicators ease circuit debugging
  • Rogers material used in PCB construction to ensure signal integrity
  • Control signals are easily accessible via GUI or shunts on header blocks to facilitate rapid prototyping

注文
型番 TI またはサードパーティからご購入 オーダー・オプション 供給状況

TLK10232EVM:
TLK10232EVM - TLK10232 向けマザーボード評価モジュール

$2999.00(USD)


価格は各社サイトをご覧ください



ACTIVE

TI の評価品に関する標準契約約款が適用されます

技術資料
データシート (1)
タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 1615 2013年 5月 31日
ユーザー・ガイド (2)
タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 23302 2013年 3月 7日
PDF 8670 2013年 3月 7日
その他の技術資料 (1)
タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 38 2019年 1月 2日
関連製品

ソフトウェア開発 (1)


TI デバイス (2)

型番 名前 製品ファミリ
TLK10031  単チャネル XAUI/10GBASE-KR トランシーバ  インターフェイス 
TLK10232  クロスポイント・スイッチ搭載、デュアルチャネル、XAUI から 10GBASE-KR への接続、バックプレーン・トランシーバ  インターフェイス 

サポートとトレーニング

技術的な質問と回答を豊富に掲載している TI の包括的なオンライン・ナレッジ・ベースは 24 時間 365 日ご利用になれます。

TI のエキスパートによる回答の検索

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI のサポート・ページをご覧ください

技術記事