TMDSHVMPPTKIT

高電圧絶縁型ソーラー MPPT 開発用キット

TMDSHVMPPTKIT

購入

概要

注意:本機器は高電圧、高電流で動作するため、感電の危険があります。購入、操作前に必要な安全対策のご確認と順守をお願い致します。

TMDSHVMPPTKIT はPiccolo F28035 を使用した DIMM100 controlCARD ベース・マザーボードの評価モジュールで、ソーラー・ベースのインバータやコンバータのアプリケーションの迅速な開発開始を可能にします。最高電力点追従(MPPT)向け 2 相インターリーブ昇圧段とハーフ・ブリッジ絶縁型共振 LLC 段を特長とし、いずれも単一マイコンからデジタル制御されます。増分コンダクタンス・アルゴリズムと摂動観測アルゴリズムが使用されており、MPPT のさまざまなオプションを柔軟にテストできます。内蔵 USB JTAG エミュレーションにより、外付けハードウェアが不要になります。クイック・スタート・グラフィカル・ユーザー・インターフェイスも付属しています。すべてのハードウェアとソフトウェアに資料が用意されており、オープン・ソース形式で設計に使用できます。

ハードウェアの特長

  • 200 ~ 300VDC 入力、最大 500W
  • 400VDC 出力
  • 絶縁向けの 1:1 共振 LLC
  • 最高電力点追従向けの 2 相 DC/DC 昇圧
  • オンボード USB JTAG エミュレーション
  • ハードウェア・ファイル

ソフトウェアの特長

設計を開始

  • 開発キット付属のクイック・スタート・ガイド(英語)に従う。
  • controlSUITE の C:\ti\controlSUITE\development_kits\HV_SOLAR_DC_DC に収録

C2000 リアルタイム制御マイコン
TMS320F28030 60MHz、32KB フラッシュ搭載、C2000™ 32 ビット・マイコン (MCU) TMS320F28031 60MHz、64KB フラッシュ、2MSPS ADC 搭載、C2000™ 32 ビット・マイコン (MCU) TMS320F28032 60MHz、64KB フラッシュ、4.6MSPS ADC 搭載、C2000™ 32 ビット・マイコン (MCU) TMS320F28033 60MHz、64KB フラッシュ、4.6MSPS ADC、CLA (制御補償器アクセラレータ) 搭載、C2000™ 32 ビット・マイコン (MCU) TMS320F28034 60MHz、128KB フラッシュ搭載、C2000™ 32 ビット・マイコン (MCU) TMS320F28035 60MHz、128KB フラッシュ、CLA (制御補償器アクセラレータ) 搭載、C2000™ 32 ビット・マイコン (MCU)
ダウンロード

購入と開発の開始

開発キット

TMDSHVMPPTKIT – 高電圧絶縁ソーラー MPPT 開発キット

TI の評価品に関する標準契約約款が適用されます。

技術資料

star
= TI が選択した主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
すべて表示 3
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
その他の技術資料 TMDSHVMPPTKIT EU Declaration of Conformity (DoC) 2019年 1月 2日
ホワイト・ペーパー Breakthrough technologies lead the solar power industry into the future 2018年 7月 27日
アプリケーション・ノート Digitally Controlled HV Solar MPPT DC-DC Converter Using C2000 Picolo MCU 2012年 5月 29日

関連する設計リソース

ハードウェア開発

評価ボード
TMDSSOLARUINVKITソーラー・マイクロ・インバータ開発キット

ソフトウェア開発

ドライバまたはライブラリ
CONTROLSUITEcontrolSUITE™ ソフトウェア・スイート:必須ソフトウェアおよび開発ツール、C2000™ マイコン用

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

すべてのフォーラムトピックを英語で表示

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ