Linux ドライバ、TMP102 用
TMP102SW-LINUX
この製品はすでに市場にリリースされており、ご購入できます。 一部の製品は、より新しい代替品を使用できる可能性があります。

概要/特長

技術資料

サポートとトレーニング

注文情報



概要

この Linux ドライバは、TMP102 温度センサをサポートしています。また、この Linux ドライバは I2C バス経由の通信をサポートしており、ハードウェア監視サブシステムとのインターフェイスとして機能します。

Linux のメインライン・ステータス

Linux メインラインで利用可能か:はい
git.ti.com から入手可能か:N/A

サポート対象デバイス:
  • TMP102
Linux ソース・ファイル

このデバイスに関連付けられているファイル:

  1. drivers/hwmon/tmp102.c
  2. Documentation/devicetree/bindings/i2c/trivial-devices.txt
  3. Documentation/hwmon/tmp102
ソース・ファイル

drivers/hwmon/tmp102.c

Linux デバイス・ツリー・ドキュメント

Documentation/devicetree/bindings/i2c/trivial-devices.txt

その他のファイル

Documentation/hwmon/tmp102

 

ドライバ・サポートの有効化

"make menuconfig" を使用してカーネルを構成します (代わりに、"make xconfig" または "make nconfig" を使用できます)

Menuconfig Location

Symbol: SENSORS_TMP102 [=y]
Type  : tristate
Prompt: Texas Instruments TMP102
  Location:
    -> Device Drivers
      -> Hardware Monitoring support (HWMON [=y])
  Defined at drivers/hwmon/Kconfig:1486
  Depends on: HWMON [=y] && I2C [=y] && (THERMAL [=y] || !THERMAL_OF [=y])

修正とコード拡張

 

このドライバに対する修正やコード拡張を加える必要がある場合、次の場所にある maintainers ファイル内のリストに従って、該当する Linux Kernel コミュニティ宛にパッチを送信してください。こちら

 

関連製品

TI デバイス (2)

型番 名前 製品ファミリ
TMP102  低消費電力デジタル温度センサ、I2C シリアル・インターフェイス、 Nano-SC70 パッケージ  温度センサ/制御 IC 
TMP112  1.4V 対応 ±0.5°C 温度センサ、I2C/SMBus 付き、アラート機能付き  温度センサ/制御 IC 

サポートとトレーニング

技術的な質問と回答を豊富に掲載している TI の包括的なオンライン・ナレッジ・ベースは 24 時間 365 日ご利用になれます。

TI のエキスパートによる回答の検索

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI のサポート・ページをご覧ください

技術記事