TMP390 デュアル・トリップ、レジスタ・プログラマブル温度スイッチの評価モジュール
TMP390EVM
この製品はすでに市場にリリースされており、ご購入できます。 一部の製品は、より新しい代替品を使用できる可能性があります。

概要/特長

技術資料

サポートとトレーニング

注文情報


主なドキュメント
Download - PDF Icon

概要

The TMP390 evaluation module (EVM) is a plug-and-play system to test and evaluate the TMP390 analog temperature switch. TMP390EVM features resistor-programmable inputs for the dual-channel switch with both hot and cold trip settings.

The EVM can be plugged into a USB port to supply power to the board, or may be powered externally.

Trip tests are available for both channels utilizing the onboard push buttons with LED indicators at the output of the TMP390 to show when the sensor trips. The sensor is located on a breakout board that can be separated from the main PCB board to allow for prototyping.

TMP390EVM does not require any calibration or software programming, as the trip points are set physically with resistors, which may be replaced to test at other temperature thresholds.

特長
  • Dual-channel trip-point settings
  • Manual trip test
  • Manual reset
  • USB or external power-supply options
  • Detachable sensor board for prototyping

製品内容

  • TMP390EVM
  • USB extension cable

注文
型番 TI またはサードパーティからご購入 オーダー・オプション 供給状況

TMP390EVM:
TMP390 温度スイッチの評価モジュール

$29.00(USD)


価格は各社サイトをご覧ください



ACTIVE

TI の評価品に関する標準契約約款が適用されます

技術資料
データシート (1)
タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 6280 2019年 5月 17日 英語版をダウンロード
ユーザー・ガイド (1)
タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 433 2018年 9月 13日
その他の技術資料 (1)
タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 98 2020年 4月 28日
関連製品

TI デバイス (3)

型番 名前 製品ファミリ
TMP390  超小型、デュアルチャネル、0.5μA、抵抗によりプログラマブルな温度スイッチ  温度センサ/制御 IC 
TMP390-Q1  Automotive grade, ultra-small, dual-channel, 0.5-μA, resistor-programmable temperature switch  温度センサ/制御 IC 
TMP392  TMP392 Dual-channel (hot & warm), resistor-programmable temperature switch  温度センサ/制御 IC 

サポートとトレーニング

技術的な質問と回答を豊富に掲載している TI の包括的なオンライン・ナレッジ・ベースは 24 時間 365 日ご利用になれます。

TI のエキスパートによる回答の検索

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI のサポート・ページをご覧ください

技術記事