TPS92662A-Q1 LED Matrix Manager Evaluation Board
TPS92662AEVM6-104
この製品はすでに市場にリリースされており、ご購入できます。 一部の製品は、より新しい代替品を使用できる可能性があります。

概要/特長

技術資料

サポートとトレーニング

注文情報


Important Note

User's Guide and other information are available. Request now

View all related products


概要

The TPS92662AEVM6-104 consists of 66 invidividually controllable LEDs configured into a six channel application. This evaluation module shows the versatility and configurability of the TPS92662A-Q1 LED Matrix Manager Device. Using the companion control PCB, 6CHAUTOECU-899, and the TPS92662AEVM Software Package, a fully controllable dynamic front lighting system can be evaluated.

特長
  • Individually controlled 66 pixel LED frontlight solution
  • 3x12 AFLS/ADB LED Array
  • 1x12 Sequential Turn Light
  • 1X12 Daytime Running Light
  • 1X6 High Power Race Light

製品内容

  • 6CHAUTOECU-899
  • USB to miniUSB cable
  • 15 wire board to board cable
  • LED safety shield

注文
型番 TI またはサードパーティからご購入 供給状況

TPS92662AEVM6-104:
TPS92662A-Q1 6 チャネル・マトリクス評価基板

$499.00(USD)



ACTIVE

TI の評価品に関する標準契約約款が適用されます

技術資料
その他の技術資料 (1)
タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 34 2019年 12月 4日
関連製品

TI デバイス (8)

型番 名前 製品ファミリ
LM26420-Q1  車載認証済み、デュアル、2A、高効率、同期整流 DC/DC コンバータ  降圧 (バック) レギュレータ 
LM5122-Q1  車載グレード、マルチフェーズ機能搭載、3 ~ 65V の広い入力電圧範囲 (Vin)、電流モード、同期整流昇圧コントローラ  昇圧 (ブースト) レギュレータ 
TCAN1042V-Q1  フレキシブル・データレート付き、車載向け故障保護機能搭載 CAN トランシーバ  インターフェイス 
TMS320F28377S  400MIPS で、1 x CPU、1 x CLA、FPU、TMU (三角関数算術演算ユニット)、1024KB フラッシュ、EMIF、16 ビット ADC 搭載、C2000™ 32 ビット・マイコン   マイコン(MCU) 
TPD2E001  高速データ・インターフェイス向け、低静電容量、2 チャネル、±15kV ESD 保護アレイ  回路保護 IC 
TPS57160-Q1  車載向け、Eco-mode™ 搭載、3.5V ~ 60V、1.5A 降圧コンバータ  降圧 (バック) レギュレータ 
TPS92518HV-Q1  車載、SPI インターフェイス搭載、アナログと PWM の調光対応、65V、デュアル降圧 LED コントローラ  LED ドライバ 
TPS92662A-Q1  車載ヘッドライト・システム向け、12 チャネル、高輝度 LED マトリクス・マネージャ  LED ドライバ 

サポートとトレーニング

技術的な質問と回答を豊富に掲載している TI の包括的なオンライン・ナレッジ・ベースは 24 時間 365 日ご利用になれます。

TI のエキスパートによる回答の検索

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI のサポート・ページをご覧ください

技術記事