オートモーティブ

車載用システムの未来実現を加速します

TI の数十年にわたる経験を活用して、複雑な車載設計の課題に対応し、電気自動車、コネクテッド・カー、自動化車両の市場投入期間を短縮してください。

先進運転支援システム (ADAS)

運転支援からドライバレスまで、設計を簡素化します。

ボディ・エレクトロニクス / ライティング

スケーラブルなソリューションで乗員の快適性と利便性を最適化します。

ハイブリッド、電動、パワートレイン・システム

自動車を電動化して、排出量の低減と効率の向上を実現します。

インフォテインメント / クラスタ

ドライバーの操作性を向上するため、内部、外部などを接続します。

パッシブ型安全運転支援システム

TI のICを使用して、信頼性の高い拘束システムおよびブレーキ・システムを設計します。

 

 

スマート・ドライブ

未来の電気自動車、コネクテッド・カー、自動化車両の設計を開始するために必要なリソースを検索できます。 

自動車産業が直面しているさまざまな課題には、従来以上に革新的な電子技術分野が必要とされています。システム設計を迅速化するために、TI は次のような取り組みを行っています。

この 4 部構成のビデオ・シリーズでは、自動車産業に影響を及ぼす最大のトレンドと、それらのトレンドがシステム設計にどのように影響するのかについて、TI のエキスパートが質問に回答します。

よりスマートな運転を可能にする現在のすべての半導体について、エンジニアは現在および将来の課題に対応できるように潜在能力を再考しています。エンジニアの意見をご確認ください。

背景が不鮮明な曇った臨海道路を走行する白い車両

電気自動車

燃焼型エンジンの効率を向上させ、機械部品に電力供給し、ハイブリッド / 電気自動車システムを革新することで、排出ガス規制を満たします。

このリファレンス・デザインは、C2000™ マイコンと SiC 絶縁型ゲート・ドライバで駆動する SiC MOSFET をベースとして動作します。このデザインは三相のインターリーブ動作を実装し、CCM で動作して 98% の効率を実現します。

自動車の従来の 12V 電気系は限界に達しています。入力電流を低減するために、自動車メーカーは大電力を必要とするシステムを、リチウムイオン・バッテリから電力供給する新しい 48V レールに移行しています。

この技術資料では、バッテリ・パックや充電状態の管理など、HEV/EV バッテリ管理システムの設計戦略に関連するすべての要因について説明します。

充電された状態で接続されています白の電気自動車

自律機能の実現

先進運転支援システム(ADAS)の開発期間を短縮し、路上での人間のミスを減らすことができる、よりスマートで安全な自動車を構築します。

レーダー・センサ、2 個の CAN-FD PHY、および電源を 1 枚のボードに搭載したこの設計により設計が簡素化できるので、スペースに制約のあるフロント / コーナー車載レーダー・システムに理想的です。

自動運転自動車は自動車分野で最も注目されているテクノロジーの 1 つです。ADAS で実際に起こっていることや未来の自動運転車についてご確認ください。

車内にカメラを配置して頭と眼の位置を検出すると、居眠りや気が散る状況を判断するのに役立ちます。ドライバー監視システムとその設計方法についてご確認ください。

自動車、白の車、セダン、ADAS、カメラ、レーダー、超音波センサ

コネクテッド・カー

コネクテッド・カー(ネットワーク接続型自動車)は、自動車内および自動車周辺で高速で安全なデータ転送を実施する方法で、自動車業界を変革し、シームレスでインタラクティブな環境を実現しています。コネクテッド・カーは、車車間(V2V)、車両とインフラの間(V2I)、車両と人の間(V2P)、および車両とクラウドの間(V2C)の通信を使用してデータを送受信します。

サイズと精度は、PEPS システム用のサテライト・ノードを設計する際に重要です。この課題を解決するには、複数のアンテナを搭載したこの小型設計を実装して AoA を正確に決定します。

「コネクテッド・カー」という考え方の中心に位置するのは、テレマティクス・システムです。市場が直面しているテレマティクスの動向、代表的なサブシステム、一般的な設計上の課題への対処方法について説明します。

車両内と世界中の両方でコネクテッド・カーがデータを受信、解釈、送信する方法について、よくある質問に対する答えを参照できます。

自動車と他のあらゆる要素を結び付ける V2X 車載コネクテッド・カー・テクノロジー

車内環境

エントリ・レベルからプレミアム・レベルまで運転感覚を向上すると同時に、処理電力を最小化し、車両の効率を最大化します。

従来、消費者は自動車の走行性能を重視してきました。現在、多くの消費者がプレミアム料金を支払っているのは電子機器の性能であり、この傾向が減衰する兆候は見受けられません。

安全性と堅牢性を重視して設計された TI の Jacinto 6 プロセッサは、従来のインフォテイメント・プロセッサ・アーキテクチャの再定義を可能にします。デジタル・コックピットの革新を実現する方法をご確認ください。

車載オーディオは単なるスピーカだけではありません。コックピット体験を変えつつある、現在および将来の車両で利用できる広範なオーディオ最終製品をご確認ください。

自動車コックピット・テクノロジーのグレー・ダッシュボード

パッシブ型安全運転支援システム

1980 年代以降、TI の製品はアンチロック・ブレーキ、車両スタビリティ、エアバッグ・システムを実現してきました。高度に統合されたデバイスを使用して、これらの複雑なシステムの厳しい安全性、品質、信頼性要件を満たしています。  

TPIC71004-Q1

チャネルから独立した安全機能と制御機能を搭載した 2、4、8 チャネルのスクイブ・ドライバを使用して、車載用エアバッグ / 拘束システムを誤って展開することを防止します。

TPIC7218-Q1

ソレノイド・バルブ制御、障害監視、構成可能な I/O チャネルなど、ブレーキ・システムのほとんどの機能を統合したブレーキ・デバイスにより、システム設計を簡素化します。

ステアリング・ホイール・エアバッグ車載パッシブ・セーフティ・テクノロジー