組込み開発ソフトウェア

単一のパッケージに収録された信頼性の高いソフトウェア開発キット

TI のソフトウェア開発キット (SDK) は、組込みシステムの開発を開始するために必要なコンポーネントがすべて付属しており、包括的なテストと統合が実施済みであり、四半期ごとにリリースされます。利用者の便宜を図る目的ですべてパッケージングしているオペレーティング・システム、ミドルウェア / フレームワークおよびスタック、アプリケーション例、デモ、資料、トレーニングを利用して開発期間を短縮しましょう。

SDK とは何でしょうか?

TI のソフトウェア開発キットのコンテンツの概要

必要な SDK

マイコンまたはプロセッサ・プラットフォーム別に利用可能な開発キットを参照

SDK とは何でしょうか?

アプリケーション・ソフトウェアは、ハードウェアで実行するシンプルなソフトウェア・コマンド(通常は C または ASM コード)で構成されています。IDE、コンパイラ、デバッグ ・プローブのような開発ツールを使用すると、指定された評価ボードまたは開発ボード向けにアプリケーション・コードを作成することができます。ただし、SDK は、より大きな問題を解決するためのものです。オペレーティング・システム、ペリフェラル・ドライバ、ハードウェア・アブストラクション、プロトコル、およびライブラリのすべてがシームレスに連携する必要があります。そのため、TI のキットにこれらの必要なものすべてが含まれており、包括的なテストと統合が実施済みとなっています。

 

TI の SDK がどのように構造化されているのかを理解するには、下記の表の斜体文字のコンテンツを確認してください。

アプリケーション
no
アプリケーション
ミドルウェアおよびフレームワーク&
プロトコルおよび I/F スタック&
<プロセッサ間通信>
ミドルウェアおよびフレームワーク&
プロトコルおよび I/F スタック&
オペレーティング・システム、ペリフェラル・ドライバ、およびハードウェア・アブストラクション
オペレーティング・システム、ペリフェラル・ドライバ、およびハードウェア・アブストラクション
プロセッサ 1
no
プロセッサ 2

評価ボードおよび開発ボード

必要な SDK

四半期ごとにリリースされる TI の SDK は、TI のプロセッサとマイコン(MCU)プラットフォームそれぞれで利用可能です。1つを選択して開始します。

ワイヤレス・マイコン SDK

SimpleLink™ マイコン・プラットフォームは、単一のソフトウェア環境で ARM® ベースの有線 / ワイヤレス・マイコン(システム・オン・チップ)の幅広い製品ラインアップに対応するという新しい基準を確立し、フレキシブルなハードウェア、ソフトウェア、ツール・オプションを提供します。

有線マイコン SDK

TI の超低消費電力でリアルタイム制御のマイコンは、一般的な RTOS プラットフォームでサポートされています。

プロセッサ SDK

TI プロセッサ・ファミリ間共通のコードを使用するスケーラブルなハードウェアとソフトウェアのプラットフォームによって、設計者は複数のデバイス間でシームレスに再利用や移行を行い、将来の投資を保護できます。