電源 IC

PoE(Power Over Ethernet)ソリューション

PSE と PD、PoE 設計の相互運用性と柔軟性

TI の Power over Ethernet(PoE)IC 電源は、イーサネットケーブルで簡単に電力を提供することを希望するデベロッパーに対して、高い相互運用性、信頼性、利便性、および包括的なシステム・ソリューションを提供します。IEEE 委員会は、新しい PoE 規格(IEEE)を批准しました。 TI は当初から規格の開発に関与しており、IEEE802.3bt 対応の包括的なエンド・ツー・エンドのポートフォリオの相互運用可能な受電側(PD)と電力供給側(PSE)コントローラを提供しています(IEEE 802.3bt)。この規格では、最大 90W の電力供給側(PSE)と最大 71.3W の負荷への入力側(PD)を可能とできるため、従来の規格がサポートできた電力よりも大きな電力を必要とする最終製品に理想的です。新しいアプリケーションの例としては、業務用オーディオ、デジタル・サイネージ、5G スモール・セル無線ユニット、 産業用アクセス制御、接続型のライティングなどがあります。  

IEEE 802.3bt 詳細

TI の PoE エキスパートが作成した以下のリソースを利用して準拠を容易に開始できます。章ごとに分かれている .bt トレーニング・ページから自分のペースで学習するか、IEEE 802.3 から新しい規格に移行する方法について TI のブログまたはビデオをご確認ください。

PoE 受電側デバイス(PD)

PD(受電)のみのデバイスは、負荷(Vin=Vout)時に PoE 電源システムを管理/保護します。PD+DC / DC デバイスでは、それらに加え、DC / DC 変換を行い、必要な負荷電圧を供給します。

PoE 給電側機器(PSE)

PSE デバイスは、CAT-5 ケーブルに接続されると、電力を保護/管理します。標準的な機能には、分類、識別、過負荷保護などがあります。

End - to - End の IEEE 802.3 BT - Ready 製品ラインアップ

TPS23880

フル・プログラマブル SRAM を利用可能なハイパワー 8 チャネ PSE はクラス最高の相互運用性があります。

TPS2372-3/4

自動電力維持仕様とオートクラスを利用可能な Type 3 または Type 4 PoE 向けハイパワー PoE PD インターフェイス。

TPS2373-3/4

}DC/DC 向けのアドバンスト起動付き Type 3 または Type 4 PoE 向けハイパワー PD インターフェイス。

主なリファレンス・デザイン

IEEE802.3bt PoE(Power Over Ethernet)対応コネクテッド LED ライティングのリファレンス・デザイン

LED ライティング・バラストに電源を供給する場合、このデザインと TPS2372 PD を使用すれば、イーサネット・ケーブル経由で電力とデータを効率的に送信できます。

その他のリソース

Ethernet Alliance(EA)認定デザイン

EA は 2018 年から、新規格に準拠していることを証明するテスト・スイートに合格した PoE 設計へのライセンス許諾を始めました。TI は複数の EA デザインでライセンスを取得し、ロゴを使用できるようになった初の IC サプライヤとなりました。

設計およびソフトウェア

テスト済み PoE(パワー・オーバー・イーサネット)リファレンス・デザインの包括的なライブラリ、また PSE システム向けソフトウェアおよびリファレンス・コードを確認してください。

Power Over Ethernet(PoE)とは?

PoE は、電源コードを追加せず、イーサネット・ケーブルを介して電気機器に電力を供給できる包括的な技術です。便利なことから、成長が続いています。TI では、ケーブル両端向けのソリューションを提供しています。

Ethernet deviceController PoE PSEController PoE PSEDC/DC converterEthernet device