電源 IC

PoE(Power Over Ethernet)ソリューション

PSE と PD 、 PoE 設計の相互運用性と柔軟性

TI の Power over Ethernet ( PoE ) IC 電源を簡単に実現したいと考えているものに高い相互運用性、 信頼 性、利便性、および低コストを提供を通じてイーサネットケーブルです。IEEE 委員会は、新しい PoE 標準( IEEE 802.3 bt )が開発されています、どのがイネーブルにするには電源を最大90 w または71 w の受信した送信され、ネットワーク接続型のライティングをといったライセンス担当者からのインストールを必要とする一般的より 信頼 性の高いアプリケーションに最適です .TI が設立以来、標準の開発に関与していたら、とは、フル IEEE 802.3 BT - Ready の End - to - End のポートフォリオの相互運用可能な Power Sourcing Equipment ( PSE )と電源受電デバイス( PD )のコントローラです。 

PoE 受電側デバイス(PD)

PD(受電)のみのデバイスは、負荷(VIN=VOUT)時に PoE 電源システムを管理/保護します。PD+DC/DC デバイスでは、それらに加え、DC/DC 変換を行い、必要な負荷電圧を供給します。

給電側機器(PSE)

PSE デバイスは、CAT-5 ケーブルに接続されると、電力を保護/管理します。標準的な機能には、分類、識別、過負荷保護などがあります。

Ethernet Alliance(EA)認定デザイン

Ethernet Alliance は 2018 年から、IEEE 802.3 規格に準拠していることを証明するテスト・スイートに合格した PoE 設計へのライセンス許諾を始めました。TI は複数のデザインでライセンスを取得し、EA ロゴを使用できるようになった初の半導体サプライヤとなりました。

End - to - End の IEEE 802.3 BT - Ready 製品ラインアップ

TPS23880

高電力8チャネル・ PSE 、完全にプログラマブルな SRAM はクラス最高の相互運用性

TPS2372-3/4

高電力 PD インターフェイスのタイプ3または4の PoE 、自動電源仕様と autoclass を維持

TPS2373-3/4

高電力 PD インターフェイスは、 type 3または type 4 PoE 、高度なスタートアップ用 DC - DC

主なリファレンス・デザイン

ネットワーク接続型 LED ライティング

LED ライティング・バラストに電源を供給する場合、このデザインと TPS2372 PD を使用すれば、イーサネット・ケーブル経由で電力とデータを効率的に送信できます。

IEEE 802.3bt PoE リソース

新しい .bt 標準を使用した設計の開始

このトレーニング・ページでは、.at から .bt への移行から、PD と PSE に関する設計上の考慮事項まで、すべてをカバーする 8 本のビデオを見ることができます。コンテンツには、PoE の基本的なトピックと高度なトピックが含まれます。

The new PoE standard: it’s almost here(英語)

仕様の要件と機能は変更しています。読み取りより PoE の進化の詳細については、および方法の標準は2つの新しいタイプの PSE と PDS を実現しています。

Power Over Ethernet(PoE)とは

PoE は、電源コードを追加せず、イーサネット・ケーブルを介して電気機器に電力を供給できる包括的な技術です。便利なことから、成長が続いています。TI では、ケーブル両端向けのソリューションを提供しています。

Ethernet deviceController PoE PSEController PoE PSEDC/DC converterEthernet device