ISO224 電圧センシング向け ±12V 強化絶縁型アンプ | TIJ.co.jp

ISO224 (供給中)

電圧センシング向け ±12V 強化絶縁型アンプ

 

概要

ISO224は高精度の絶縁アンプで、磁気干渉に対して高い耐性のある絶縁膜により、入力側と出力側の回路が分離されています。この絶縁膜は最高5kVRMSの強化ガルバニック絶縁の認定済みで、寿命が非常に長く、低消費電力です。絶縁電源と組み合わせて使用すると、システムの中で異なる同相電圧レベルで動作する部分が分離され、低電圧デバイスの損傷を防止します。

ISO224の入力は、工業用アプリケーションで広く使用されている±10V信号を正確に検出できるよう最適化されています。このデバイスは、ハイサイドの単一電源で動作します。この独自の機能により絶縁電源の設計が簡素化され、システムのコストを削減できます。内蔵のハイサイド電源電圧検出機能により、システム・レベルの診断が簡単になります。ISO224の出力は±4Vで、低コストのアナログ/デジタル・コンバータ(ADC)を使用できます。出力は差動構造なので、ノイズに高い耐性があります。

ISO224は拡張工業用温度範囲の-40℃~+125℃で完全に動作が規定されており、幅広の8ピンSOIC (DWV)パッケージで供給されます。



特長

  • 高グレード(ISO224B)と低グレード(ISO224A)のバージョンで供給
  • 工業用アプリケーションでの絶縁電圧測定用に最適化された、±12Vの入力電圧範囲
  • 9kV ESDの過電圧入力クランプ
  • ±4Vの差動出力電圧範囲(同相電圧VDD2/2)
  • 低いDC誤差の動作(ISO224B)
    • 入力オフセット: 25℃で±5mV、最大値±42 µV/℃
    • ゲイン誤差: 25℃で±0.3%、最大値±50ppm/℃
    • 非線形性: 最大値±0.01%、±1ppm/℃
  • ハイサイドで4.5V~18Vの単一電源
  • ローサイドで4.5V~5.5Vの動作
  • 安全関連の認定
    • DIN VDE V 0884-11: 2017-01に準拠した強化絶縁耐圧: 7071VPEAK
    • UL1577に準拠した絶縁耐圧: 5000VRMS (1分間)
  • 高いCMTI: 140kV/µs (標準値)、75kV/µs (最小値)

All trademarks are the property of their respective owners.

詳細を表示

機能一覧 他の製品と比較 絶縁アンプ

 
Input range (Vp-p)
Isolation working voltage VIOWM (rms) (V)
Isolation transient overvoltage VIOTM (peak) (V)
CMTI (Min) (kV/µs)
Input offset (+/-) (Max) (mV)
Input offset drift (+/-) (Typ) (uV/C)
Gain error (+/-) (Max) (%)
Gain error drift (+/-) (Typ) (ppm/°C)
Gain non-linearity (+/-) (Max) (%)
Small Signal Bandwidth (Typ) (kHz)
Rating
Operating temperature range (C)
Leakage current at 240 V/60 Hz (Max) (uArms)
ISO224A ISO224B ISO122 ISO124
±12     ±12     ±10     ±10    
1500     1500     1500     1500    
7000     7000        
15     55        
  50     50     50    
20     15     200     200    
1     0.3     0.5     0.5    
20     15     10     10    
0.02     0.01     0.02     0.01    
185     275     50     50    
Catalog     Catalog     Catalog     Catalog    
-55 to 125     -55 to 125     -25 to 85     -25 to 85    
    0.5     0.5