TI の半導体製品ライフ・サイクルへの取り組み

TI(テキサス・インスツルメンツ)は、お客様と当社の両方にとって、半導体製品の耐用期間が重要であることを理解しています。お客様に TI の製品を継続的に供給できるように、在庫管理や複数の供給拠点などの戦略を採用しています。TI の製品ライフサイクルは通常 10 年から 15 年で、多くのお客様のご要望に合わせて延長することもあります。

TI は、利便性以外の理由で廃品を実施しないように努力しています。上級管理職が慎重に検討した後でのみ、製品を廃止することがあります。廃品に関する TI の方針全体は、TI の『一般的な品質に関するガイドライン』に掲載されています。

各製品がライフ・サイクルのどの段階にあるのかお客様が確認できるように、各 TI 製品のステータスとして、「開発中製品」、「アクティブ」、「新規設計での使用を推奨しません(NRND)」、「最終購入段階」、または「生産中止品」のいずれかを指定します。 

TI.com または TIJ.co.jp の各製品ページには、TI の製品型番とともに製品ステータスが記載されています。標準型番(GPN)は、その GPN の下で注文可能な一連の製品を表す目的で使用します。

製品ステータスの定義

開発中製品 この製品は開発中です。テストと製造工程が確定していません。この製品は、今後変更または中止される可能性があります。
アクティブ
この製品はすでに市場にリリースされており、ご購入できます。  一部の製品は、より新しい代替品を使用できる可能性があります。
新規設計での使用を推奨しません
これまでにご購入されたお客様をサポートする目的のためにこの製品を提供しています。
最終購入段階 この製品は、生産中止プロセスの進行中です。お客様が担当の TI 営業担当者または販売特約店にお問い合わせになると、現段階で限定的な数量を購入できる可能性があります。最後の注文の実施と最終出荷の受領の詳細については、TI の廃止ポリシーをご確認ください。
生産中止品
この製品は生産中止品です。 

パラメトリック製品検索ツールやクロスリファレンス検索ツールなど、TI.com または TIJ.co.jp の幅広い設計サポートで検索を実行できます。また、TI E2ETM サポート・フォーラムにもアクセスできます。