MSP430F167
この製品はすでに市場にリリースされており、ご購入できます。 一部の製品は、より新しい代替品を使用できる可能性があります。
16 ビット、超低消費電力 MCU、32kB フラッシュ、1024B RAM、12 ビット ADC、デュアル DAC、2 USART、I2C、HW 乗算器、DMA

 

設計キット&評価モジュール (1)

内容 型番 ソフトウェア/ツール・タイプ
MSP-TS430PM64 - MSP430F1x MCU と MSP430F2x MCU と MSP430F4x MCU の 64 ピン・ターゲット開発ボード MSP-TS430PM64 評価モジュールと評価ボード

ソフトウェア (7)

内容 型番 ソフトウェア/ツール・タイプ
Digital Signal Processing (DSP) Library for MSP430 Microcontrollers MSP-DSPLIB ソフトウェア・ライブラリ
MSP グラフィック・ライブラリ MSP-GRLIB ソフトウェア・ライブラリ
ブートストラップ・ローダ(BSL)、MSP 低消費電力マイコン用 MSPBSL ソフトウェア・ライブラリ
固定小数点 Math ライブラリ、MSP 用 MSP-IQMATHLIB ソフトウェア・ライブラリ
MSPWare MSPWARE ソフトウェア開発キット(SDK)
MSP430x13x, MSP430F14x, MSP430F15x, MSP430F16x Code Examples  (ZIP 976 KB )    2018年 1月 8日    (英語)
MSP430 schematic symbols and footprints library for use with the Eagle CAD tool  (ZIP 97 KB )    2011年 3月 11日    (英語)

開発ツール (8)

内容 型番 ソフトウェア/ツール・タイプ
MSP-GANG Production Programmer MSP-GANG Flash プログラミング・ツール
MSP430 Flasher - コマンド・ライン・プログラマ MSP430-FLASHER Flash プログラミング・ツール
MSP430 フラッシュ・エミュレーション・ツール MSP-FET Flash プログラミング・ツール
Code Composer Studio(CCStudio)統合開発環境(IDE)、MSP マイコン用 CCSTUDIO-MSP SW 開発ツール、IDE、コンパイラ
GCC - オープン・ソース・コンパイラ、MSP430 マイコン用 MSP430-GCC-OPENSOURCE SW 開発ツール、IDE、コンパイラ
MSP マイコン向け EnergyTrace™ テクノロジー ENERGYTRACE SW 開発ツール、IDE、コンパイラ
ULP(超低消費電力)アドバイザ ULPADVISOR SW 開発ツール、IDE、コンパイラ
IAR Embedded Workbench Kickstart - 無償 4 KB IDE IAR-KICKSTART SW 開発ツール、IDE、コンパイラ

CAD/CAE シンボル

型番 パッケージ|ピン数 CAD ファイル(.bxl) STEP モデル(.stp)
MSP430F167 ダウンロード ダウンロード
ダウンロード -

テキサス・インスツルメンツは Accelerated Designs, Inc. と連携して、TI 製品用の回路図記号と PCB レイアウト・フットプリントを提供しています。

CAD シンボルを表示するには、以下の手順に従ってください。

ステップ 1: ソフトウェアをダウンロードしてインストールします Ultra Librarian software

ステップ 2:CAD ファイル(.bxl)のテーブルから記号およびフットプリントをダウンロードします。

ステップ 3:Ultra Librarian Reader ソフトウェアで .bxl ファイルを開きます。

完了 CAD/CAE 記号データベースは //webench.ti.com/cad/ でご確認いただけます。

PCB フットプリントと回路図記号は、特定ベンダに依存しないフォーマットでダウンロードできます。ダウンロード後に Ultra Librarian Reader を使用して、業界トップクラスの EDA CAD/CAE 設計ツールにエクスポートすることができます。 Ultra Librarian Reader . このリーダーはで入手可能 無償ダウンロード

Ultra Librarian Reader は、Ultra Librarian ツールセットの一部で、実質的にどんな EDA CAD/CAE フォーマットでも、コンポーネントとその属性の生成、インポート、エクスポートが可能です。