SimpleLink™ Sub-1GHz CC1312R ワイヤレス・マイコン(MCU)LaunchPad™ 開発キット
LAUNCHXL-CC1312R1
この製品はすでに市場にリリースされており、ご購入できます。 一部の製品は、より新しい代替品を使用できる可能性があります。

概要/特長

技術資料

サポートとトレーニング

注文情報


主なドキュメント
Download - PDF Icon

概要

この LaunchPad を活用した開発方法:
ステップ 1:CC1312R1 LaunchPad を購入
ステップ 2:CC13x2 SDK をダウンロード
ステップ 3:CC13x2 SimpleLink Academy のトレーニングを受講

Sub-1GHz 無線を搭載した SimpleLink™ Sub-1 GHz CC1312R ワイヤレス・マイコン(MCU)LaunchPad™ 開発キットは、長距離コネクティビティと 32 ビット Arm® Cortex®-M4F プロセッサをシングル・チップで提供します。ボード・アセンブリの変更を必要とせず、1 つのボードで欧州の 868MHz ISM バンドと米国の 915MHz ISM バンドをサポートします。868MHz と 915MHz 周波数バンドをカバーする統合型ブロードバンド PCB トレース・アンテナを搭載しています。また、テストや容易な外部アンテナ接続のための SMA コネクタも実装しています。

CC1312R は高コスト効率で超低消費電力の 2.4GHz / Sub-1GHz RF デバイスで構成された CC26x2 / CC13x2 ファミリの製品です。フレキシブルな低消費電力モードの提供に加え、RF とマイコン(MCU)のアクティブ消費電流が非常に低いことから、バッテリ駆動時間の延長とともに、小型コイン・セル・バッテリやエネルギー・ハーベスト・アプリケーションでの長距離動作を可能にします。

CC1312R はフレキシブルな超低消費電力 RF トランシーバと強力な 48MHz Arm® Cortex®-M4F マイコンを 1 つのプラットフォームに統合し、複数の物理層と RF 規格をサポートします。専用の無線コントローラ(Arm® Cortex®-M0)は ROM または RAM に格納されたローレベル RF プロトコル・コマンドを処理し、超低消費電力と優れたフレキシビリティを実現します。CC1312R は低消費電力でも RF 性能を犠牲にせず、優れた感度と堅牢な性能(選択性とブロッキング)を備えています。ユニークな超低消費電力センサ・コントローラを含む豊富なペリフェラル機能を提供します。このセンサ・コントローラは外部センサとのインターフェイスや、システムの他の機能がスリープ・モードの際のアナログ・データとデジタル・データの自動収集に最適です。

アプリケーションの開発レベルを向上:CC1312R LaunchPad は TI の SimpleLink マイコン・プラットフォームの製品であり、有線 / ワイヤレス・アプリケーション開発のためのフレキシブルなハードウェア、ソフトウェア、ツール・オプションを備えた単一の開発環境を提供します。さまざまな評価モジュール(EVM)や BoosterPack™ プラグイン・モジュールへの迅速なインターフェイスを可能にする LaunchPad キットの I/O コネクタを使用してシステムのプロトタイプ製作を迅速化することにより、開発期間の短縮と製造コストの低減が可能になります。SimpleLink CC13x2 ソフトウェア開発キット(SDK)を使用し、CC1312R LaunchPad キットで IoT ソフトウェア・アプリケーションを開発することができます。この SDK には TI 15.4 スタック、RF ドライバ、パワー・マネージメント・ドライバ、複数のペリフェラル・ドライバが付属しています。また、迅速な設計開始のためのソフトウェア・サンプルが付属しており、開発をすぐに開始できます。すべての付属ソフトウェア・サンプルは CC1312R LaunchPad キットをサポートしており、アプリケーションの容易な作成を可能にします。SimpleLink マイコン・プラットフォームの詳細については www.tij.co.jp/simplelink をご覧ください。

SimpleLink CC1312R LaunchPad キットのオンボード EnergyTrace 回路を使用すると、ユーザー・プログラム・コードの実行中に内部デバイスの状態をリアルタイムで監視することができます。EnergyTrace 技術は TI の Code Composer Studio IDE の一部として提供されています。

LaunchPad キット・エコシステムやサポートされている BoosterPack プラグイン・モジュールの詳細については TI LaunchPad Web サイトをご覧ください。

特長
  • 統合型 PCB トレース・アンテナを搭載し、Sub-1GHz 無線に対応したワイヤレス・アプリケーション向け LaunchPad
  • ブロードバンド・アンテナにより、1 つのボードで欧州の 868MHz ISM バンドと米国の 915MHz ISM バンドをサポート
  • オンボード・エミュレータにより CCS Cloud でのコード開発の迅速な開始が可能
  • オンボード EnergyTrace 回路により、ユーザー・プログラム・コード実行中の内部デバイスの状態をリアルタイムで監視可能
  • LaunchPad キットと SmartRF™ Studio アプリケーションで使用可能
  • BoosterPack プラグイン・モジュールのコネクタですべての I/O 信号にアクセス
  • LCD BoosterPack と互換

製品内容

  • USB Cable
  • Quick Start Guide
  • LaunchPad Board

注文
型番 TI またはサードパーティからご購入 アラートを受け取る オーダー・オプション 供給状況

LAUNCHXL-CC1312R1:
SimpleLink™ Sub-1GHz CC1312R ワイヤレス・マイコン(MCU) LaunchPad™ 開発キット

$39.00(USD)


価格は各社サイトをご覧ください



ACTIVE

SIMPLELINK-CC13X2-26X2-SDK :
SimpleLink™ CC13x2 / CC26x2 ソフトウェア開発キット

無償



該当なし ACTIVE

TI の評価品に関する標準契約約款が適用されます

技術資料
データシート (2)
タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 5114 2019年 8月 30日 最新の英語版をダウンロード (Rev.F)
PDF 2235 2019年 9月 18日
アプリケーション・ノート (2)
タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 5355 2019年 1月 9日
PDF 10349 2018年 12月 4日
設計ファイル (1)
タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
ZIP 15953 2018年 11月 1日
その他の技術資料 (5)
タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 635 2019年 1月 31日
PDF 209 2019年 1月 14日
PDF 89 2019年 1月 9日
PDF 261 2019年 1月 4日
PDF 141 2018年 11月 5日
関連製品

ソフトウェア (1)

名前 型番 ソフトウェア・タイプ
SimpleLink™ CC13x2 / CC26x2 ソフトウェア開発キット(SDK)  SIMPLELINK-CC13X2-26X2-SDK  ソフトウェア開発キット(SDK) 

開発ツール (2)

名前 型番 ツール・タイプ
MSP マイコン向け EnergyTrace™ テクノロジー  ENERGYTRACE  SW 開発ツール、IDE、コンパイラ 
SmartRF スタジオ  SMARTRFTM-STUDIO  計算ツール 

設計キット&評価モジュール  ( 1 )

名前 型番 ツール・タイプ
SimpleLink™ ULP センス BoosterPack™  BOOSTXL-ULPSENSE  評価モジュールと評価ボード 

TI デバイス (1)

型番 名前 製品ファミリ
CC1312R  SimpleLink™ Sub-1GHz ワイヤレス・マイコン  SimpleLink ソリューション 

サポートとトレーニング

技術的な質問と回答を豊富に掲載している TI の包括的なオンライン・ナレッジ・ベースは 24 時間 365 日ご利用になれます。

TI のエキスパートによる回答の検索

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI のサポート・ページをご覧ください

技術記事