ホーム アンプ 完全差動アンプ

アンプ

完全差動アンプは、開発中設計の差別化を可能にします

ノイズ、歪み、電力を最小限に抑えた最高の性能で、設計をドライブします

TI の業界をリードする完全差動アンプ (FDA) は、高精度および高速 A/D コンバータ (ADC) の両方を駆動するための低歪みを実現します。さらに、高精度および高速 D/A コンバータ (DAC) の出力を駆動するためにも最適です。TI の FDA は、シングルエンドから差動、および差動からシングルエンドへの両方の機能をサポートしています。

主な完全差動アンプ

OPA862

低ノイズ、シングルエンドから差動への変換を行う高入力インピーダンス・アンプであり、ADC のドライバとして活用可能

THP210

高精度、高電圧、低ノイズの完全差動アンプであり、ADC ドライバとして活用可能

主なリファレンス・デザイン

計測機器認証対応、高 Q 値のアクティブ差動型バンドパス・フィルタ

コンパクトな差動型アクティブ・バンドパス・フィルタを説明します

高速 ADC 向けにシングルエンドから差動形式へ変換するアクティブ・インターフェイス

シングルエンド入力から差動信号への変換を行うためのリファレンスを提供

16 ビット、1GSPS のデジタイザ

AC 結合モードと DC 結合モードで LMH3401 FDA と LMH6401 DVGA を使用し、ADS54J60 ADC を駆動

技術資料

さまざまなサプライヤのオペアンプを指定し、パラメータに基づいて類似 TI 製品を検索できます。

設計のあらゆる段階で、TI のエンジニアから迅速で信頼性の高い技術サポートを受けることができます。