TIでは、最新のテクノロジー、製品提供に関するお客さまに役立つ各種セミナー・イベントを開催しております。ぜひお気軽にご参加ください。

 

オンデマンド配信

TI Live! Tech Exchange - TI Japan Industrial Day

よりスマートで、信頼性の高い産業システムの設計にむけて

TI Live! Tech Exchange - TI Japan Automotive Tech Day

安心・安全な車社会をつくる、自動車のイノベーション

PSDS:パワー・サプライ・デザイン・セミナー2022

電源設計セミナー(PSDS:パワー・サプライ・デザイン・セミナー)は、6回にわたって開催する ウェビナー・シリーズです。

TI Live! Tech Exchange - TI Japan Industrial Day

よりスマートで、信頼性の高い産業システムの設計にむけて

※2022年3月9日(水)に開催したオンラインセミナーの再配信となります。

本オンライン・セミナーでは、リアルタイム制御などの技術やイノベーションに焦点を当てた、基調講演、今後の産業イーサネットの展望について各産業用イーサネットの協会・団体様にお話しいただくIndustry Insight、テクニカル・セッションを実施します。TIは、半導体技術を活用して、さまざまな産業システムの自動化と効率化をどのように実現しているかについてについてご紹介いたします。

プログラム

時間
セッションタイトルと講演概要
講演者
オンデマンド視聴
10:00 - 11:30 オープニング基調講演

日本テキサス・インスツルメンツ合同会社 社長

サミュエル・ヴィーカリ

こちら

Industry Insight: 産業用イーサネットの現状と今後の展望およびTIに対する期待

本セッションでは前半に5つの協会・団体様より、各産業用イーサネットの技術・特長、そして半導体デバイス・ソリューションへの要望・期待などについてご説明頂きます。後半は、頂いたご要望・期待へのTIの技術ロードマップをご紹介し、全協会・団体様とTIとで、TSNやSPE/APLなどを含めた、今後の産業イーサネットの展望について、聴講者からのご質問も含め、ディスカッションいたします。

一般社団法人CC-Link協会
事務局長 川副 真生氏


 EtherCAT Technology Group
代表・シニアテクノロジスト 小幡 正規氏


 ODVA TAG Japan 
事務局 今井 敬祐氏


 NPO法人日本プロフィバス協会
副会長 若命 敬一氏


 MECHATROLINK協会 
事務局代表 下畑 宏伸氏


 モデレーター:
日本テキサス・インスツルメンツ
松本 英昭

こちら

 

11:30-11:35 休憩
11:35-12:15

Sitara™ プロセッサとMCU上で動作する認証済み各種産業用通信プロトコル

TIはSitara プロセッサおよびMCU上で動作するイーサネットベースの通信プロトコルについて、TIから認定済みプロトコルを提供し、TI から技術サポートを行う新しいビジネス・モデルを導入しています。本セッションでは、ファクトリーおよびプロセスオートメーションで使用される産業用通信と、この新しいビジネス・モデルでサポートされるプロトコル(EtherCAT、PROFINET、Ethernet/IP、IO-Link等)について説明します。 また実際にプロトコルが動作するAM64xx/AM243x SitaraプロセッサおよびMCUデバイスの概略と開発環境、認定スタックの実装・機能についてご紹介いたします。

日本テキサス・インスツルメンツ合同会社 営業・技術本部 フィールドアプリケーションエンジニア

田代 浩一郎

こちら
12:15-13:00 休憩
13:00 - 13:40

RS-485のシステム設計においてのシステムサイズとコストの最適化

RS-485は産業用機器で最も広く使用されている通信インターフェースです。しかし、現在の多種多様な要求に対応する為、RS-485の基本となるシステムを設計から見直す必要性が高まっています。本セッションでは新しいRS-485システムの可能性、特にRS-485信号を使用した電力線通信システムの設計動向やシステムの配線コスト削減についてご紹介します。また、自動方向制御、統合サージ保護、極性のない配線などの機能を利用して、新しい課題に対応するRS-485システムを設計する方法についても説明いたします。

日本テキサス・インスツルメンツ合同会社   営業・技術本部 フィールドアプリケーションエンジニア

永田 俊輔

こちら
13:40-13:45 休憩
13:45-14:30

PSR(一次側レギュレーション) フライバック降圧コンバータを採用したシンプルな高性能絶縁型電源の設計

本セッションでは産業用アプリケーションでの絶縁の必要性について説明し、フォトカプラが不要な一次側レギュレーション(PSR : Primary Side Regulation)フライバックコンバータソリューションをご紹介いたします。従来のソリューションとの比較及び該当のTI製品について紹介し、デザイン・カルキュレータを用いたPSRフライバックのコンバータの設計を通じて、デザインのトレードオフ、トランス仕様の協議内容、及び設計の留意事項について説明します。

日本テキサス・インスツルメンツ合同会社 営業・技術本部 フィールドアプリケーションエンジニア

明石 涼

こちら