昇圧コントローラ (スイッチ外付け)

昇圧、フライバック、SEPIC の各 DC/DC レギュレータの実装に適した、広い入力電圧範囲に対応する各種大電力昇圧コントローラで構成された、業界をリードする幅広い製品ラインアップ

parametric-filter製品をすべて表示
同期整流と非同期整流の各昇圧コントローラで構成された TI の製品ラインアップは、広い入力電圧範囲への対応を通じて必要な保護部品を減らしているほか、低静止電流や軽負荷時の効率向上によってバッテリから引き出す電力を最小化し、車載や産業用システムなどの過酷な環境下でノイズと EMI を軽減するように設計されています。

カテゴリ別の参照

種類別に選択

同期

高効率と高い出力電力レベル

非同期

昇圧、フライバック、SEPIC の各 DC/DC レギュレータの実装時に必要なのは、1 個の FET と 1 個の整流ダイオードのみ

車載グレード

車載認証済み昇圧コントローラ

LM5152-Q1 新製品

車載対応、2.2MHz、広い入力電圧範囲 (VIN)、低静止電流 (IQ)、同期整流昇圧コントローラ

概算価格 (USD) 1ku | 1.28
LM51521-Q1 新製品

車載対応、ディスエーブル可能なバイパス・モード搭載、2.2MHz、広い入力電圧範囲 (VIN)、低静止電流 (IQ)、同期整流昇圧コントローラ

概算価格 (USD) 1ku | 1.18
LM5123-Q1 新製品

2.2MHz、広い入力電圧範囲 (VIN)、低静止電流 (IQ)、同期整流昇圧コントローラ

概算価格 (USD) 1ku | 1.593

電源のトレンド

低静止電流(IQ)

一般的な電源設計は、バッテリ動作時間を延長するために、負荷範囲全体にわたって効率を高める必要があります。TI の低静止電流 (IQ) 昇圧デバイスは、超軽負荷時や、デバイスがスイッチングを実施していないときでも、バッテリから引き出す電流の量を最小限に抑えます。

ホワイト・ペーパー
低電力アプリケーションにおける低 IQ の課題を克服 (Rev. A 翻訳版)
このホワイト・ペーパーは、静止電流 (IQ) の低減というニーズ、および関連する課題と解決策について説明します。
document-pdfAcrobat PDF
Analog Design Journal
IQ: What it is, what it isn’t, and how to use it
デバイスの静止電流 (IQ) は、エネルギー効率の高い低消費電力の設計を行う上で重要な役割を果たしますが、誤用されることの多いパラメータでもあります。この記事は、IQ の詳細、その概要、混同しやすい他の値について解説します。 
document-pdfAcrobat PDF
低静止電流 (IQ) に関する主な製品
新製品 LM5123-Q1 アクティブ 2.2MHz、広い入力電圧範囲 (VIN)、低静止電流 (IQ)、同期整流昇圧コントローラ
LM5150-Q1 アクティブ 4 個のプログラマブル出力電圧オプションが利用可能、1.5V ~ 42V の広い入力電圧範囲 (VIN)、低静止電流 (IQ)、昇圧コントローラ
LM51501-Q1 アクティブ 4 個のプログラマブル出力電圧オプションが利用可能、1.5V ~ 42V の広い入力電圧範囲 (VIN)、低静止電流 (IQ)、昇圧コントローラ
低 EMI

昇圧レギュレータの EMI 軽減は、多くの電源設計の主要な課題です。TI のデバイスと EMI 軽減設計は、IEC と CISPR の必須の各規格に基づく検証を実施済みであり、DC/DC スイッチャ使用時に、EMI、出力リップル、可聴ノイズの最小化に貢献します。業界をリードするデュアル・ランダム・スペクトラム拡散技術は、2 個のランダム周波数ジェネレータを使用し、関心のある複数の帯域内でエネルギーを分散する方法で EMI を軽減します。

技術記事
EMI の概要:規格、原因、低減の手法
スペクトラム拡散手法はスイッチ・モード・コントローラとコンバータで一般的に使用されており、スイッチャが生成する電磁干渉 (EMI) の影響を低減することを目的にしています。
アプリケーション・ノート
Dual Random Spread Spectrum
スペクトラム拡散手法はスイッチ・モード・コントローラとコンバータで一般的に使用されており、スイッチャが生成する電磁干渉 (EMI) の影響を低減することを目的にしています。
document-pdfAcrobat PDF
ホワイト・ペーパー
時間節約と費用効果に優れた EMI 削減のイノベーション
このような状況下で機能を改善するうえで、電磁干渉 (EMI) の影響低減はシステム設計の重要な検討事項になっています。詳細はこちらをご覧ください。
document-pdfAcrobat PDF
低 EMI に関する主な製品
新製品 LM5123-Q1 アクティブ 2.2MHz、広い入力電圧範囲 (VIN)、低静止電流 (IQ)、同期整流昇圧コントローラ
LM5156-Q1 アクティブ デュアル・ランダム・スペクトラム拡散機能搭載、2.2MHz、広い入力電圧範囲 (VIN)、非同期整流昇圧 / フライバック / SEPIC の各コントローラ

技術リソース

アプリケーション・ノート
アプリケーション・ノート
How to Design a Boost Converter Using LM5156
この資料は、LM5156 昇圧コントローラを使用して昇圧 DC/DC レギュレータを設計するためのステップバイステップの手順を掲載しています。
document-pdfAcrobat PDF
アプリケーション・ノート
アプリケーション・ノート
How to design an isolated flyback using LM5155
LM5155 昇圧コントローラを使用してフライバック DC/DC レギュレータを設計する方法をご確認ください。
document-pdfAcrobat PDF
アプリケーション・ノート
アプリケーション・ノート
AN-1484 Designing A SEPIC Converter (Rev. E)
この資料は、昇圧コントローラと SEPIC DC/DC レギュレータを組み合わせて実装する際の設計上の重要な検討事項を解説します。
document-pdfAcrobat PDF

設計と開発に役立つリソース

設計ツール
を使用するカスタム設計を作成
WEBENCH® Power Designer を使用すると、要件に基づいて、カスタマイズの電源を作成できます。この環境では、エンド・ツー・エンドの電源設計機能が利用でき、設計プロセスの全フェーズを通じて時間を節約することができます。
Simulation tool
TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice®
PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
Design tool
最も一般的に使用されるスイッチ・モード電源に使用可能な Power Stage Designer™ ツール
Power Stage DesignerTM は JAVA ベースのツールであり (JAVA 8 または OpenJDK 8 が必要)、ユーザーの入力に応じて 20 種類のトポロジーの電圧と電流を計算できるので、迅速な電源設計に役立ちます。さらに、Power Stage Designer は、ボード線図プロット・ツールや、電源設計を容易にすることを意図したさまざまな機能を備えたツールボックスも搭載しています。すべての計算はリアルタイムで実行されるので、新しい電源設計を開始するための最も迅速なツールとして活用できます。
  • Topology Window (トポロジー・ウィンドウ) – (...)

昇圧コントローラ (スイッチ外付け) 関連の各種リファレンス・デザイン

セレクションツールを使用すると、お客様のアプリケーションやパラメータに最適なリファレンス・デザインをご覧いただけます。