ホーム ワイヤレス・コネクティビティ Zigbee 製品

ワイヤレス・コネクティビティ

ZigBee - 設計と開発

主な SimpleLinkTM 開発キット

CC26x2R LaunchPad 開発キット

  • Thread、Zigbee、Bluetooth 5 ワイヤレス・マイコン
  • Arm Cortex-M4F
  • 352KB フラッシュ

CC1352P LaunchPad 開発キット

  • Sub-1GHz + 2.4GHz ワイヤレス・マイコン、+20dBm の PA (パワー・アンプ) 内蔵
  • Arm Cortex-M4F
  • 352KB フラッシュ

CC1352R マルチバンド LaunchPad SensorTag キット

  • Sub-1GHz + 2.4GHz ワイヤレス・マイコン
  • オンボードの環境センサとモーション・センサ&
  • 2 × AAA (単四電池) バッテリ動作

SimpleLink ソフトウェア

SimpleLink CC13x2 および CC26x2 SDK

SimpleLink CC13x2 および CC26x2 ソフトウェア開発キット(SDK)は、SimpleLink CC13x2 および CC26x2 ワイヤレス・マイコンで Bluetooth® Low Energy、ZigBee®、Thread、802.15.4 ベース、独自仕様、およびマルチプロトコルのソリューションをサポートする、Sub-1GHz および 2.4GHz アプリケーション開発用の包括的なソフトウェア・パッケージを提供します。

開発ツール

SmartRF Studio

RF システムの設計にこの Windows アプリケーションを使用した場合、設計プロセスの初期段階で RF IC を簡単に評価できます。

Sensor Controller Studio

Sensor Controller Studio は、CC26xx/CC13xx センサ・コントローラ用のコードの作成、テスト、デバッグに使用され、超低消費電力アプリケーション設計を実現します。

Resource Explorer

この環境を使用して、選択したプラットフォームに対応する最新のサンプル、ライブラリ、デモ・アプリケーション、データシートなどを探すことができます。

TI のマイコンと組込みプロセッサ・ポートフォリオをサポートする統合開発環境(IDE)です。

高度に最適化された C/C++ コンパイラを組み込んだプロジェクト・マネージメント・ツールおよびエディタを搭載し、ユーザーに配慮した IDE です。

TI マイコン上のオンチップ・フラッシュ・メモリや、Sitara プロセッサのオンボード・フラッシュ・メモリをプログラムする (書き込む) 目的で使用する、スタンドアロンのツールです。

多数の SimpleLink™ ワイヤレス・デバイス用のフラッシュ・メモリのプログラミングや、関連する評価ボードやデバッガでファームウェアやブートローダのアップグレードに使用できます。

ワイヤレス・ネットワーキング・ソリューション用の小型のプログラマ/デバッガです。

SmartRF Packet Sniffer 2 は、ワイヤレス・パケットのキャプチャと表示を実施するソフトウェアとファームウェアで構成されています。

フラッシュ・プログラミング:サービスとツール

TI は、インシステムとオフボードの両方で MSP デバイスのプログラミング (書き込み) を実行できるように、ハードウェアとソフトウェアそれぞれのソリューションを複数提供しています。

  • イン・システム・プログラミングは、MSP デバイスを PCB に取り付けた後でプログラムする方法です。この機能が役立つのは、最終段階でファームウェアを更新する必要が生じる場合です。製造段階、特に終盤で、製品のキャリブレーションの値や製品固有の ID 情報を保存する場合などです。
  • 一方、オフボード・プログラミングは、MSP デバイスを PCB に取り付ける前にプログラムする方法です。通常、複数のデバイスに対して同時に書き込みを行うので、量産時に高いスループットを実現できます。

ただし、TI が直接提供しているプログラミング・ソリューションで、お客様のあらゆるニーズを常に満たせるとは限りません。TI はそのことを理解しています。MSP430 プログラミングのさまざまな段階で MSP430 をサポートする、サード・パーティによる既知のリストを以下に示しますが、このリストですべての選択肢を網羅できているとは限りません。

フラッシュ・プログラミング・ツールを今すぐ検索

その他のキットとソフトウェア

CC2538 開発キットは、ARM Cortex-M3 ベースの IEEE 802.15.4 に準拠した CC2538 用の包括的なハードウェア・パフォーマンス・テスト・プラットフォームおよび汎用ソフトウェア開発環境を提供します。

CC2531EMK キットは、802.15.4 / ZigBee アプリケーションとの PC インターフェイスをサポートする CC2531 USB ドングル 1 個と資料で構成されています。

CC2530 EMK は、プロトタイピング用のリファレンス・モジュールとして使用できるほか、CC2530 RF IC の性能を検証する目的でも使用できます。

Z-Stack ソフトウェア・スタックは、拡充が進む IEEE 802.15.4 製品ラインアップやアプリケーション向けのテキサス・インスツルメンツ ZigBee に準拠したプロトコル・スタックです。Z-Stack ソフトウェアは、ホーム・オートメーションを想定して設計されています。