SimpleLink SensorTag
CC2650STK
この製品はすでに市場にリリースされており、ご購入できます。 一部の製品は、より新しい代替品を使用できる可能性があります。

概要/特長

技術資料

サポートとトレーニング

注文情報


Important Note

This product is in the process of being discontinued, but you may still purchase limited quantities for a limited time. Check out LPSTK-CC1352R - this evaluation kit and reference design is the latest battery-powered IoT wireless prototyping platform for Bluetooth Low Energy 5.1, Zigbee 3.0, Thread and Sub-1 GHz applications. This development kit supports prototyping of these applications on the SimpleLink CC13x2 and CC26x2 family of single-band and multi-band wireless MCUs offering 352kB of Flash and 80 kB of SRAM. Learn more >

View all related products


概要

新しい SensorTag IoT キットは、クラウド対応製品の設計に便利です。この新しい SensorTag は、小さな赤いパッケージに封止されている 10 個の低消費電力 MEMS センサが内蔵されています。また、DevPack を使用して拡張できることから、独自のセンサやアクチュエータを簡単に追加できます。

 

Bluetooth Low Energy を使用すると、わずか 3 分でクラウドとの接続を確立してセンサ・データをオンラインで利用可能にすることができます。SensorTag は購入時の状態で iOS / Android アプリから利用可能で、プログラミング経験が不要です。

新しい SensorTag のベースとなっている CC2650 ワイヤレス・マイコン (MCU) は、Bluetooth Low Energy の従来製品と比べて 75% の消費電力削減を実現しています。このため SensorTag はバッテリ動作が可能であり、コイン・セル・バッテリ 1 個で数年間の動作を実現できます。

Bluetooth Low Energy SensorTag は iBeacon テクノロジーを採用しています。この結果、携帯電話やスマートフォンからアプリケーションを起動し、SensorTag データと物理的な位置に基づいてコンテンツをカスタマイズすることができます。

さらに、ZigBee®/6LoWPAN 技術と組み合わせて SensorTag を活用することもできます。

特長
  • より多くのセンサへの対応
    • より多くの低消費電力センサをサポート
    • 光、デジタル・マイク、磁気センサ、湿度、圧力、加速度計、ジャイロスコープ、磁力計、物体の温度、周囲温度の検出が可能な 10 個のセンサ
  • 消費電力を低減
    • コイン・セル・バッテリを使用して長期のバッテリ動作が可能。バッテリ不要アプリケーションの実現も可能
  • 高性能 ARM Cortex M3(CC2650)
  • クラウド接続
    • あらゆる場所から SensorTag へのアクセスと制御が可能
    • モバイル・アプリケーションとのシームレスな統合
  • DevPack を使用すると、実際の設計に合わせて SensorTag を拡張可能
    • あらゆる種類の SensorTag の相互間で交換が可能
  • 包括的な開発システム
    • 15 ドルのデバッグ用 DevPack を使用して拡張可能
    • Code Composer Studio コンパイラのライセンスが付属
  • IoT アプリケーション向けの優れたフレキシビリティ
    • ファームウェアのアップグレードにより ZigBee や 6LoWPAN に対応可能
  • SimpleLink Arm® Cortex®-M4F CC2642R や、352kB のフラッシュと 80kB の SRAM を搭載した CC2652R Bluetooth Low Energy / マルチプロトコル 2.4GHz ワイヤレス・マイコン (MCU) とピン互換

製品内容

  • Simplelink Bluetooth low energy SensorTag featuring the CC2650 wireless MCU
  • CR2032 battery
  • Quick Start Guide
  • iOS and Android app, downloadable from App Store and Google Play

注文
型番 TI またはサードパーティからご購入 オーダー・オプション 供給状況

CC2650STK:
SimpleLink™ Bluetooth Low Energy / マルチスタンダード SensorTag

$59.00(USD)


価格は各社サイトをご覧ください



ACTIVE

TI の評価品に関する標準契約約款が適用されます

技術資料
ホワイト・ペーパー (3)
タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 2477 2015年 7月 17日 最新の英語版をダウンロード (Rev.B)
PDF 775 2016年 8月 25日
PDF 1010 2016年 3月 8日
設計ファイル (4)
タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 112 2018年 2月 16日
PDF 78 2018年 2月 16日
ZIP 2018 2018年 2月 16日
ZIP 7739 2015年 9月 3日
その他の技術資料 (7)
タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 38 2019年 1月 2日
PDF 1439 2016年 10月 28日
PDF 437 2016年 4月 12日
PDF 242 2016年 3月 8日
PDF 266 2016年 2月 16日
PDF 1852 2015年 2月 10日
PDF 2312 2015年 2月 10日
関連製品

ソフトウェア開発 (7)

名前 型番 ソフトウェア・タイプ
センサ・コントローラ・スタジオ(未定)  SENSOR-CONTROLLER-STUDIO  IDE (統合開発環境)、構成機能、コンパイラ、デバッガ 
ワイヤレス・コネクティビティ Code Composer Studio(CCStudio)統合開発環境(IDE)  CCSTUDIO-WCS  IDE (統合開発環境)、構成機能、コンパイラ、デバッガ 
SimpleLink SensorTag デバッガ DevPack  CC-DEVPACK-DEBUG  デバッグ・プローブ 
Bluetooth 低エネルギ・ソフトウェア・スタック  BLE-STACK  ドライバとライブラリ 
SmartRF フラッシュ・プログラマ  FLASH-PROGRAMMER  プログラミング・ツール 

設計ツールとシミュレーション (1)

名前 型番 ツール・タイプ
SmartRF スタジオ  SMARTRFTM-STUDIO  計算ツール 

ハードウェア開発 (2)

名前 型番 ツール・タイプ
SimpleLink™ Bluetooth Smart® SensorTag、リファレンス・デザイン  CC2650STK-RD  開発キット 
SimpleLink™ Bluetooth® Low Energy CC2640R2 wireless MCU LaunchPad™ development kit  LAUNCHXL-CC2640R2  開発キット 

TI デバイス (5)

型番 名前 製品ファミリ
CC2620  128kB フラッシュ搭載、SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M3 Zigbee® RF4CE ワイヤレス・マイコン (MCU)  ワイヤレス・コネクティビティ 
CC2640  128kB フラッシュ搭載、SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M3 Bluetooth® Low Energy ワイヤレス・マイコン  ワイヤレス・コネクティビティ 
CC2650  128kB フラッシュ搭載、SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M3 マルチプロトコル 2.4GHz ワイヤレス・マイコン  ワイヤレス・コネクティビティ 
HDC1000  HDC1000 低電力・湿度および温度のデジタル・センサ  センサ 
OPT3001  人間の目に類似した高精度の応答性、デジタル周辺光センサ (ALS)  特殊センサ 

サポートとトレーニング

技術的な質問と回答を豊富に掲載している TI の包括的なオンライン・ナレッジ・ベースは 24 時間 365 日ご利用になれます。

TI のエキスパートによる回答の検索

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI のサポート・ページをご覧ください

技術記事