LMH2832 完全差動デュアル DVGA DOCSIS 3.x リターン・パス ADC ドライバ | TIJ.co.jp

LMH2832 (供給中) 完全差動デュアル DVGA DOCSIS 3.x リターン・パス ADC ドライバ

 

概要

LMH2832は直線性が高い2チャネルのデジタル可変ゲイン・アンプ(DVGA)で、高速信号チェーンおよびデータ収集システム用です。LMH2832は高い帯域幅、低い歪み、低いノイズを実現するよう最適化されているため、2チャネル、14ビットのA/Dコンバータ(ADC)ドライバに理想的です。このデバイスは、1つの固定ゲイン・ブロックと、1つの可変アッテネータで構成され、合計ゲインは30dB、最大減衰は39dBです。ゲインの範囲は30dB~-9dBで、1dBステップで設定でき、ゲイン精度は±0.2dBです。入力インピーダンスは1:3Ωまたは1:2Ω比率のバランを使用して、それぞれ50Ωまたは75Ωに簡単にマッチングできます。LMH2832は汎用ADCを駆動するよう設計されており、ケーブル上データ・サービス・インターフェイス仕様(DOCSIS) 3.0の32直交振幅変調(QAM)キャリア、およびDOCSIS 3.1の広帯域直交周波数分割多重化(OFDM)システムの両方の要件も満たしています。LMH2832は非常に優れたNF (6.5dB)と直線性を持ち、DOCSISの仕様内で動作するよう設計されています。パワーダウン状態での静止電流はチャネルごとに5mA未満で、動作時の標準消費電流はチャネルごとに105mAです。

特長

  • 2チャネルで独立に SPI制御されるDVGA
  • 5V単一電源
  • -3dB帯域幅: 1.1GHz (最大ゲイン)
  • フラット帯域幅応答: 300MHz
  • チャネル間ゲイン・マッチング: ±0.05dB
  • チャネル間位相マッチング: ±0.1°
  • ゲイン
    • 30dB~–9dB
    • 1dBステップ、±0.2dB
  • 出力の3次インターセプト・ポイント(OIP3)
    • 300MHzで43dBm
    • 200MHzで51dBm
  • ノイズ値(NF)
    • 300MHzで6.5dB (最大ゲイン)、ZIN = 150Ω
  • 可変消費電力
    • チャネルごとに90mA~108mA
  • パワーセービングおよびパワーダウン機能
    • チャネルごとにIQ < 4.5 mA
    • パワーダウン・ピンとSPIでプログラム可能
  • 300MHzでの入力リターン・ロス
    • 17dB (RS = 150Ω)

アプリケーション

  • DOCSIS 3.1 CMTSアップストリーム直接サンプリング受信機
  • CATVモデム信号スケーリング
  • プログラマブル・ゲインのIFアンプ
  • 汎用RF、IFゲイン・ステージ
  • ADCドライバ

All trademarks are the property of their respective owners.

機能一覧

他の製品と比較 RF ・アンプ メール Excelへダウンロード
Part number オーダー・オプション Number of channels (#) Operating temperature range (C)
LMH2832 ご注文 2     -40 to 85