LMK01801 LMK01801 2回路 クロック分配 | TIJ.co.jp

LMK01801
この製品はすでに市場にリリースされており、ご購入できます。 一部の製品は、より新しい代替品を使用できる可能性があります。
LMK01801 2回路 クロック分配

 

概要

LMK01801 は、高精度クロックの分配と分周が必要なクロック供給システム用の超低ノイズ・ソリューションです。

LMK01801 は超低残留ノイズ、分周機能、デジタルおよびアナログ遅延の調整機能、14 のプログラム可能な差動出力 (LVPECL、LVDS、LVCMOS:差動出力ごとに 2 つ) を特長としています。

LMK01801 には 2 つの独立した入力があり、差動 (LVDS、LVPECL) またはシングルエンド・モード (LVCMOS、RF 正弦波) で駆動できます。第 1 の入力は、8 つの出力で構成される出力バンク A を駆動します。第 2 の入力は、6 つの出力で構成される出力バンク B を駆動します。

特長

  • ピン制御モードまたは MICROWIRE (SPI)
  • 入力および出力周波数範囲:1kHz~3.1GHz
  • クロック出力バンク A と B にそれぞれ独立した入力
  • 2 つのバンク (A と B) に計 14 の差動クロック出力
    • 出力バンク A
      • 8 つのプログラム可能な差動出力 (LVCMOS として最大 8 つ)
      • 1~8 の分周値、偶数および奇数
    • 出力バンク B
      • 6 つの差動出力 (またはLVCMOSとして最大12)
      • 1~1045 または 1~8 の分周値、偶数および奇数
      • アナログおよびデジタル遅延
  • すべての分周器について、すべての出力で 50% のデューティ・サイクル
  • バンク A とバンク B がそれぞれ独立して同期
  • RMS 付加ジッタ:50fs (800MHz)
    • RMS 付加ジッタ:50fs (12kHz~20MHz)
  • 産業用温度範囲:-40~85℃
  • 3.15V~3.45V で動作

All trademarks are the property of their respective owners.

Design with LMK01801

Input Frequency Output Frequency
 MHz  MHz
  Number of Outputs
 
  Output Format
 

機能一覧

他の製品と比較 クロック・バッファ メール Excelへダウンロード
Part number オーダー・オプション Function Additive RMS jitter (Typ) (fs) Output frequency (Max) (MHz) Number of outputs VCC out (V) VCC core (V) Features Operating temperature range (C) Rating Output type Package Group Package size: mm2:W x L (PKG) Input type
LMK01801 ご注文 Clock divider     50     3100     12     3.3     3.3     Pin programmable
uWire    
-40 to 85     Catalog     LVCMOS
LVDS
LVPECL    
WQFN | 48     48WQFN: 49 mm2: 7 x 7 (WQFN | 48)     LVDS