オートモーティブ製品

多様な投影アプリケーションに適した、車載認証済みの各種ソリューション

parametric-filter製品をすべて表示
TI (テキサス・インスツルメンツ) の車載認証済み DLP® 技術は車内外のディスプレイ / 照明アプリケーションで優れた発色、輝度、効率、コントラストを実現します。車載 DLP 製品ラインアップは、-40℃ ~ 105℃ の範囲内で安定的に動作するスケーラブルなプラットフォームであり、自動車周辺全体の光制御に関する輝度と解像度の各種要件を満たすソリューションを実現できます。プロジェクタの設計と製造に関連する TI の包括的なエコシステムを活用すると、設計プロセスの簡素化と、開発期間の短縮を実現できます。

カテゴリ別の参照

主なアプリケーションの概要

ダイナミック地表投影
DLP 技術を採用すると、自動車の周囲のあらゆる場所に動的なコンテンツを表示できます。

DLP 技術を採用すると、自動車の周囲のあらゆる場所に動的なコンテンツを表示できます。

自動車は、これまでは不可能だった方法で、他の道路利用者に意思を伝達できるようになりました。DLP® 技術を採用して設計した小型車外照明を採用すると、自動車の周囲 360 度でフルカラーの動画と画像を使用して、自動車の情報や意図、歩行者への警告、スタイル設定機能を投影することができます。重要:日本の場合、道路運送車両の保安基準第 29 条第 3 項により、自動車の前面ガラス、および運転席側と助手席側の側面ガラスへのフィルム貼付は禁止されているほか、これらのガラスの可視光線透過率を 70% 以上に保つことが規定されています。この記事は米国を想定して、路面への投影に加え、自動車のさまざまなウィンドウに画像やメッセージを投影することを提案していますが、設計や実装を開始する前に、社内法務部門や顧問弁護士、規制当局への書面による問い合わせなどを通じて各種法令との整合性を事前に確認してください。

DLP 技術を活用した DGP (ダイナミック地表投影) の利点:

  • スタイル設定や意思伝達など複数の機能を、コンパクトで低コストの単一モジュールで実現
  • プログラマブル・コンテンツは長期間にわたって適応させることができるので、新しい使用事例を実現可能
  • 効率的な光学設計の採用で消費電力を節減しているので、没入型環境でより大きい投影領域を実現

主なリソース

製品
  • DLP2021-Q1 – 車載対応、DLP® 0.2 インチ・デジタル・マイクロミラー・デバイス (DMD)
  • DLP3021-Q1 – 車載対応、DLP®、0.3 インチ、デジタル・マイクロミラー・デバイス (DMD)
  • DLPC120-Q1 – 車載対応、DLP3030-Q1 チップセット向け、DLP® デジタル・マイクロミラー・デバイス (DMD) コントローラ
ハードウェア開発
  • DLP2021LEQ1EVM – DLP2021-Q1 ダイナミック地表プロジェクタの評価基板
  • DLP3021LEQ1EVM – DLP3021-Q1 ダイナミック地表プロジェクタの評価基板
ヘッドアップ・ディスプレイ
ドライバーの視野内で、現実世界の物体にラベルを直接重ね合わせる方法で、ドライバーの状況認識能力を強化できます。

ドライバーの視野内で、現実世界の物体にラベルを直接重ね合わせる方法で、ドライバーの状況認識能力を強化できます。

ヘッド・アップ・ディスプレイ (HUD) は、ドライバーの視野内に情報を直接表示し、ドライバーの反応時間と状況認識能力の改善を目指します。自動車の現在の速度、制限速度、ナビゲーションのヒント、車線逸脱や衝突警告などの先進的安全機能のような自動車関連の情報を表示できます。AR (仮想現実) HUD は長い投影距離をサポートし、現実世界の物体にラベルを重ね合わせる方法で、ドライバーの反応時間短縮と運転しやすさの向上に貢献します。

  • 優れた画質
  • 高輝度で電力効率の優れたディスプレイ
  • 直射日光環境での優れた性能
  • 偏光サングラスに対応
  • ホログラフ・フィルムと導波管に対応

主なリソース

製品
  • DLP3030-Q1 – 車載対応、DLP® 0.3 インチ・デジタル・マイクロミラー・デバイス (DMD)
  • DLP5530S-Q1 – 車載対応、DLP®、機能安全、0.55 インチ・デジタル・マイクロミラー・デバイス (DMD)
ハードウェア開発
設計ツールとシミュレーション
ヘッドライト
最大 130 万ピクセルの解像度を実現する DLP 技術を採用すると、路上に投影するヘッドライトの光量を最大化し、鮮明なシンボルを表示することができます。

最大 130 万ピクセルの解像度を実現する DLP 技術を採用すると、路上に投影するヘッドライトの光量を最大化し、鮮明なシンボルを表示することができます。

自動車の最新のヘッドライトは、自動車の前方に何らかのパターンを投影することができます。その結果、光出力を最大化すると同時に、他のドライバから見たときの眩惑 (まぶしさ) を最小化することができます。DLP® 技術を採用すると、100 万個以上のアドレス指定可能なピクセルを搭載したヘッドライトを実現し、路上に投影する光量を最大化するとともに、他のドライバーへの意思伝達に役立つ鮮明なシンボルを表示することができます。

DLP 技術を採用した高解像度ヘッドライトの利点:

  • 適応型運転ビーム (ヘッドライト光量調整) と、ドライバーの意思伝達に適したシンボル投影をサポート
  • 洗練されたウェルカム・シナリオ、自動車のブランド設定とカスタマイズを実現可能
  • 路上に投影する光を最大化すると同時に、他のドライバから見たときの眩惑 (まぶしさ) を低減

主なリソース

製品
  • DLP5533A-Q1 – 車載対応、DLP® 0.55 インチ・デジタル・マイクロミラー・デバイス (DMD)
  • DLPC230-Q1 – 車載対応、DLP553x-Q1 チップセット向け、DLP® デジタル・マイクロミラー・デバイス (DMD) コントローラ
  • TPS99001-Q1 – 自動車の車外照明向け、DLP® システム管理 / 照明コントローラ
ハードウェア開発
  • DLP5531LEQ1EVM – DLP5531LEQ1EVM
  • DLP5531Q1EVM – DLP 車載高分解能ヘッドライト・エレクトロニクスの評価モジュール
技術資料
ウィンドウ・スクリーンへのクラスタのホログラフ表示
クラスタ情報をフロント・ウィンドウに投影すると、ドライバーは道路から目を離す必要がなくなります。

クラスタ情報をフロント・ウィンドウに投影すると、ドライバーは道路から目を離す必要がなくなります。

ホログラフとフロント・ウィンドウ向けフィルムを統合する手法の最新の進歩を活用すると、自動車メーカー各社は自動車のダッシュボードに小型の DLP プロジェクタを搭載し、クラスタ情報をフロント・ウィンドウに直接投影することができます。重要:日本の場合、道路運送車両の保安基準第 29 条第 3 項により、自動車の前面ガラス、および運転席側と助手席側の側面ガラスへのフィルム貼付は禁止されているほか、これらのガラスの可視光線透過率を 70% 以上に保つことが規定されています。この記事は米国を想定して、路面への投影に加え、自動車のさまざまなウィンドウに画像やメッセージを投影することを提案していますが、設計や実装を開始する前に、社内法務部門や顧問弁護士、規制当局への書面による問い合わせなどを通じて各種法令との整合性を事前に確認してください。大型ディスプレイの場合、フロント・ウィンドウへのホログラフ・クラスタ表示の占有面積は、従来のヘッド・アップ・ディスプレイに比べて 10 分の 1 未満で済みます。

  • 体積が小さいパッケージ (1 リットル未満のプロジェクタ)
  • レーザーの色範囲性能に対応できる LED 照明
  • プロジェクタの配置場所で高いフレキシビリティを確保
  • 二重画像の解消を目的としたフロント・ウィンドウのウェッジ加工は不要
  • 高輝度 (15k CD/m2 超過)、フルカラー・ディスプレイ

主なリソース

製品
  • DLP5530S-Q1 – 車載対応、DLP®、機能安全、0.55 インチ・デジタル・マイクロミラー・デバイス (DMD)
ハードウェア開発

TI の DLP® 車載製品の特長

checkmark

多様なアプリケーションに対応する投影ソリューション

解像度、輝度、効率、コントラスト、太陽光負荷 (直射日光環境)、発色の面で優れた性能を達成しているので、自動車設計者が自動車ディスプレイの夢を現実のものにするのに役立ちます。

checkmark

投影技術の簡素化

DLP 技術の包括的なエコシステムや、直観的なソフトウェア・ツールと評価基板は、設計と製品開発期間の短縮に貢献します。 

checkmark

自動車業界で信頼できる技術

DLP 製品は 2017 年以来、自動車業界向けの出荷を実施しており、車載市場の厳格な動作条件と信頼性要件を満たせることが包括的に認証済みです。

車載アプリケーション向けに認証済みの DLP 技術

各種車載アプリケーション向けの DLP 技術

DLP 技術は車載アプリケーション用途で認証済みであり、-40 ℃ ~ 105℃ の温度範囲全体で、一貫性のある性能を発揮します。

車載認証済みなので、システム設計者は Academy Award® (アカデミー賞) 受賞済みの DLP 技術を採用し、AR HUD (拡張現実ヘッド・アップ・ディスプレイ)、ホログラフ投影による透過式ウィンドウ・ディスプレイ、高解像度のフロント・ライト、ダイナミック地表投影向けに最適化済みの DLP 車載チップセットを活用して、ドライバーの日常的な通勤を変革することができます。DLP 技術が採用している反射型マイクロミラーはオン / オフの切り替えを毎秒数千回の実行することができ、お気に入りの映画館が使用しているのと同じ技術をベースとした、鮮明で高解像度の車載ディスプレイを製作できます。

TI 製品は、開発の具体的なニーズを想定して最適化済みです。詳細については、以下のリンクをご覧ください。 

DLP 車載技術を活用する開発

輝度、解像度、機能安全の要件などに基づいて適切な DLP 車載チップセットを選定した後、設計プロセスの次のステップは、プロジェクタの設計を開始することです。エレクトロニクスの動作に加え、光学、熱的、機械的な各要件を、開発対象アプリケーションに基づいて考慮する必要があります。

光学設計レビュー、機械設計レビュー、回路図レビューの実施や、プロジェクタのリファレンス・デザイン公開、信頼性の高いエコシステムの確立など、TI はお客様の設計から量産まであらゆる工程で多数のサポートとサービスを提供しています。

TI のエコシステム・パートナーを参照

お客様が DLP を採用した車載アプリケーションの評価と開発を進める際の支援手段として、TI は複数の光学デザイン企業と密接に協力し、信頼性の高い開発エコシステムを構築してきました。以下で TI のエコシステムをご確認ください。

設計プロセスと開発プロセスの簡素化

DLP 技術のエコシステムは、DLP 製品の供給から、デベロッパー・ネットワークの光学メーカーやソフトウェア / ハードウェアのシステム・インテグレータによる各種サービスまで、多様な範囲にまたがっています。これらを活用すると、設計と開発の各プロセスの簡素化と迅速化を進めることができます。

詳細はこちら

オートモーティブ製品 関連の各種リファレンス・デザイン

セレクションツールを使用すると、お客様のアプリケーションやパラメータに最適なリファレンス・デザインをご覧いただけます。

DLP2021-Q1 新製品

車載対応、DLP® 0.2 インチ・デジタル・マイクロミラー・デバイス (DMD)

概算価格 (USD) 1ku | 30
DLP3020-Q1 新製品

車載対応、小型 (S247) パッケージ封止、DLP® 0.3 インチ DMD (デジタル・マイクロミラー・デバイス)

概算価格 (USD) 1ku | 39.6
DLP5531A-Q1 新製品

車載対応、DLP® 0.55 インチ・デジタル・マイクロミラー・デバイス (DMD)

概算価格 (USD) 1ku | 128.48
DLP5532-Q1 新製品

車内と透過式ウィンドウ・ディスプレイに適した、車載対応 DLP® 0.55 インチ・デジタル・マイクロミラー・デバイス (DMD)

概算価格 (USD) 1ku | 83.6