ホーム プロセッサ オートモーティブ・プロセッサ

プロセッサ

Jacinto™ 車載プロセッサ

ADAS、デジタル・コックピット、ゲートウェイ、自動車のコンピューティング向けの多様なアプリケーションに適した、革新的でスケーラブルなソリューション。

Jacinto™ 車載プロセッサは、 ADAS 、ゲートウェイ、車載コンピューティング、デジタル・コックピットの各システムで革新を推進します。高度に統合された TI のスケーラブルな SoC は、車載と機能安全に関する数十年にわたる専門知識を活用して設計した製品です。TI の統合型オープン・ソフトウェア開発環境と Jacinto SoC を組み合わせると、エントリ・レベルから高級グレードまでのさまざまな自動車をフレキシブルな方法でサポートし、システムの複雑さとコストを低減しやすくなります。

スケーラブル

スケーラブル

各種 ADAS とインフォテインメントをカバーするスケーラブルなハードウェア / ソフトウェア・ソリューションにより、投資を最大限に再利用できます。

目的に対応した開発

目的に対応した開発

TI では創業以来、車載用途向けプロセッサおよびソフトウェアの開発に携わってきました。

包括的なシステム

包括的なシステム

Jacinto 車載プロセッサ用のすぐに使用可能なソフトウェアと広範な関連サポート・ツールを使用することで、包括的なシステム・ソリューションのより迅速で、より簡単な設計が可能になります。

イノベーション

イノベーション

35 年以上の経験を活かして開発した、革新的な車載用ハードウェア/ソフトウェア・ソリューション。

最新情報

次世代の Jacinto™ 7 車載プロセッサ 

完全新規の TDA4VM と DRA829V SoC を発表。これらの製品は、先進的な ADAS とゲートウェイ・システム向けであり、TI の新しい Jacinto 7 プロセッサ・プラットフォームに属する、最初に登場した 2 種類の SoC です。TI の新しい SoC は、組込みの低消費電力設計でサーバー・クラスの性能を実現します。

  • ディープ・ラーニング (深層学習) 用途で 効率を実現
  • ハイエンドの ADAS 機能を 5 ~ 20W のパワー・エンベロープ (消費電力枠) で実現
  • 機能安全を作り込んだ、組込みマイコン (MCU) サブシステム (ASIL-D 対応) 
  • PCIe スイッチと Gb イーサネット・スイッチを統合した高速 I/O
画像
画像

開発中の設計に最適な車載プロセッサを検索できます

ADAS SoC

TDAx ADAS SoC は、分析と表示に関するさまざまなアプリケーションに適した、スケーラブルでオープンなソリューションを提供するほか、すぐに使用できるソフトウェアも入手できます。このようなアプリケーションとして、カメラ、レーダー、センサ・フュージョンなどのソリューションを挙げることができます。

ゲートウェイと車載コンピューティング向け SoC

ゲートウェイと車載コンピューティング向けの DRA82x SoC は、ソフトウェア定義自動車のコンピューティング機能に対し、PCIe スイッチやギガビット・イーサネット・スイッチに対応する組込み向けテクノロジーや、ASIL-D までの範囲で重要度が異なる組み合わせをサポートするシステム・マイコンをシームレスに統合した製品です。

デジタル・コックピット SoC

デジタル・コックピット向けの DRAx SoC は、エントリ・レベルやミッド・レンジのインフォテインメント、インフォテインメント向けのヘッド・ユニット・コプロセッサ、情報系 ADAS、統合型デジタル・コックピットなど多様なアプリケーションをサポートします。