DRV5057 高精度 3.3V または 5V デジタル PWM 出力ホール効果センサ・ファミリ | TIJ.co.jp

DRV5057 (供給中)

高精度 3.3V または 5V デジタル PWM 出力ホール効果センサ・ファミリ

 

概要

DRV5057デバイスは、リニア・ホール効果センサで、磁束密度に正比例して応答します。このデバイスは、広範なアプリケーションにおいて、正確な位置センシングに使用できます。

このデバイスは、3.3Vまたは5Vの電源で動作します。磁界が存在しないとき、デューティ・サイクル50%のクロックが出力されます。出力のデューティ・サイクルは、印加される磁束密度に対して直線的に変化し、4つの感度オプションによって、必要なセンシング範囲に基づいて出力ダイナミック・レンジを最大化できます。磁界のN極とS極がそれぞれ固有の出力を生成します。標準的なパルス幅変調(PWM)搬送波周波数は2kHzです。

パッケージの上面に垂直な磁束が検出され、2つのパッケージ・オプションでセンシング方向が異なります。

PWM信号はエッジ間タイミングに基づくため、電圧ノイズやGND電位の不一致があっても信号完全性を確保できます。この信号は雑音環境での長距離伝送に適しています。また、常に存在するクロックを使って、システム・コントローラは相互接続が正常であることを確認できます。さらに、デバイスには磁石温度補償が搭載されており、磁石のドリフトを補償することで、-40℃~+125℃の広い温度範囲にわたって線形のパフォーマンスを実現します。

特長

  • PWM出力リニア・ホール効果磁気センサ
  • 3.3Vおよび5Vの電源で動作
  • 静止デューティ・サイクル50%で2kHzのクロック出力
  • 磁気感度オプション(VCC = 5V時)
    • A1:2%D/mT、±21mT範囲
    • A2:1%D/mT、±42mT範囲
    • A3:0.5%D/mT、±84mT範囲
    • A4:0.25%D/mT、±168mT範囲
  • シンク能力20mAのオープンドレイン出力
  • 磁石の温度ドリフトの補償
  • 標準の産業用パッケージ:
    • 表面実装のSOT-23
    • スルーホールのTO-92

All trademarks are the property of their respective owners.

Hall Effect Magnetic Field Calculator

Gauss
Rectangle Cylinder
rec

Calculated magnetic field B = 26.05 mT

機能一覧

他の製品と比較 リニア・ホール効果センサ メール Excelへダウンロード
Part number オーダー・オプション Type Supply voltage (Vcc) (Min) (V) Supply voltage (Vcc) (Max) (V) Output Accuracy (%) Rating Sensitivity (Typ) (mV/mT) Operating temperature range (C)
DRV5057 ご注文 Ratiometric PWM Output     3     5.5     8 %D to 92 %D     6     Catalog       -40 to 125    
DRV5053 ご注文 Bipolar     2.5     38     0.2 V to 1.8 V     70     Catalog     -11
-23
-45
-90
+23
+45    
-40 to 125    
DRV5055 ご注文 Ratiometric Bipolar     3     5.5     0.2 V to Vcc     5     Catalog     12.5
25
50
100    
-40 to 125    
DRV5056 ご注文 Ratiometric Unipolar     3     5.5     0.6 V to Vcc     5     Catalog     25
50
100
200    
-40 to 125