電源 IC

設計の縮小と簡素化に貢献する TI の DC/DC 昇圧コンバータ

さまざまな電源ニーズに対応する、効率的で電力密度の高い昇圧レギュレータ

同期 / 非同期の昇圧コンバータで構成された TI の製品ラインアップは、非常に小さい出力電力から 60W 以上までのさまざまな電源設計に適した、サイズ最適化済み、電力密度が高い、低静止電流 (IQ) などの特長がある各種デバイスを取り揃えています。TI の各種昇圧スイッチング・レギュレータは、1 個または複数の FET を内蔵しており、チップ外部の素子数が少数で済み、開発中の電源設計に適したフレキシビリティと使いやすさのバランスを実現します。

主な内容

このアプリケーション・レポートは、内部補償型 DC/DC 電源で使用するフィードフォワード・コンデンサの値 (CFF) を選択して、最適な過渡応答を実現する方法について説明します。

このガイドは、良好な PCB レイアウトが昇圧コンバータにとって非常に重要である具体的な理由について説明します。昇圧コンバータは、スイッチ・モード動作が原因で、寄生容量やインダクタンスに敏感であることが 1 つの理由です。

この記事は、IQ (静止電流) とその測定方法を定義し、IQ と混同しやすい他の値や、望ましくない使用方法を説明した後、IQ の使用方法に関する設計上の検討事項を提示するほか、一般的に見受けられる測定誤差の回避方法も紹介します。

技術記事

昇圧コンバータの技術資料


昇圧コンバータのリソース

電源システムの迅速な評価とカスタマイズを可能にする基板レベル / システム・レベルの包括的なリファレンス・デザインをご覧ください。

さまざまなサプライヤの昇圧コンバータ・デバイスを指定し、パラメータに基づいて類似の TI デバイスを検索することができます。

昇圧コンバータ設計のあらゆる段階で、TI のエンジニアから迅速で信頼性の高い技術サポートを受けることができます。