LMV321A シングル、低電圧、コスト最適化レール・ツー・レール出力オペアンプ | TIJ.co.jp

LMV321A (供給中) シングル、低電圧、コスト最適化レール・ツー・レール出力オペアンプ

 

概要

LMV3xxAファミリは、シングル - (LMV321A)、デュアル - (LMV358A)、およびクワッド・チャネル(LMV324A)の低電圧(2.5V~5.5V)オペアンプで、レール・ツー・レールの出力スイング能力があります。これらのオペアンプは、大型家電、煙感知器、個人用電子機器など、低電圧での動作と高い容量性負荷の駆動が必要な、スペースの制限されるアプリケーション用の、コスト効率の優れたソリューションです。LMV3xxAファミリの容量性負荷の駆動能力は500pFですが、抵抗性のオープン・ループ出力インピーダンスにより、はるかに高い容量性負荷で簡単に安定できます。これらのオペアンプは低電圧(2.5V~5.5V)で動作し、LMV3xxデバイスと同様の性能仕様を満たすよう、特別に設計されています。

LMV3xxAファミリの堅牢な設計により、回路の設計を簡素化できます。これらのオペアンプは、ユニティ・ゲイン安定性、内蔵のRFIおよびEMI除去フィルタ、およびオーバードライブ状況で位相反転がない、といった特長があります。

LMV3xxAファミリはSOIC、MSOP、SOT-23、TSSOPなどの業界標準パッケージで供給されます。

特長

  • 低い入力オフセット電圧: ±1mV
  • レール・ツー・レール出力
  • ユニティ・ゲイン帯域幅: 1MHz
  • 低い広帯域ノイズ: 30nV/√Hz
  • 低い入力バイアス電流: 10pA
  • 低い静止電流: 70µA/Ch
  • ユニティ・ゲイン安定
  • 内部RFIおよびEMIフィルタ
  • 最低2.5Vの電源電圧で動作
  • 抵抗性オープン・ループ出力インピーダンスにより、より高い容量性負荷で簡単に安定
  • 拡張温度範囲: -40℃~+125℃

All trademarks are the property of their respective owners.

機能一覧

他の製品と比較 汎用オペアンプ メール Excelへダウンロード
Part number オーダー・オプション Number of channels (#) Total supply voltage (Min) (+5V=5, +/-5V=10) Total supply voltage (Max) (+5V=5, +/-5V=10) GBW (Typ) (MHz) Slew rate (Typ) (V/us) Rail-to-rail Vos (offset voltage @ 25 C) (Max) (mV) Iq per channel (Typ) (mA) Vn at 1 kHz (Typ) (nV/rtHz) Rating Operating temperature range (C) Package Group Package size: mm2:W x L (PKG) Offset drift (Typ) (uV/C) Features Input bias current (Max) (pA) CMRR (Typ) (dB) Output current (Typ) (mA) Architecture
LMV321A ご注文 1     2.5     5.5     1     1.7     In to V-
Out    
4     0.08     33     Catalog     -40 to 125     SC70 | 5
SOT-23 | 5    
5SC70: 4 mm2: 2.1 x 2 (SC70 | 5)
5SOT-23: 5 mm2: 1.6 x 2.9 (SOT-23 | 5)    
1     Cost Optimized
EMI Hardened    
  77     40     CMOS    
LMV321 ご注文 1     2.7     5.5     1     1     In to V-
Out    
7     0.13     39     Catalog     -40 to 125     SC70 | 5
SOT-23 | 5    
5SC70: 4 mm2: 2.1 x 2 (SC70 | 5)
5SOT-23: 5 mm2: 1.6 x 2.9 (SOT-23 | 5)    
5     Standard Amps     250000     65     60     Bipolar