製品の詳細

Non-volatile memory (kB) 4 RAM (KB) 0.25 ADC 10-bit SAR GPIO pins (#) 16 Features Spy-bi-wire, Watchdog timer, Real-time clock UART 0 USB No Number of I2Cs 1 SPI 1 Comparator channels (#) 0
Non-volatile memory (kB) 4 RAM (KB) 0.25 ADC 10-bit SAR GPIO pins (#) 16 Features Spy-bi-wire, Watchdog timer, Real-time clock UART 0 USB No Number of I2Cs 1 SPI 1 Comparator channels (#) 0
TSSOP (PW) 20 29 mm² 6.5 x 4.4
  • Low Supply Voltage Range: 1.8 V to 3.6 V
  • Ultra-Low Power Consumption
    • Active Mode: 220 µA at 1 MHz, 2.2 V
    • Standby Mode: 0.5 µA
    • Off Mode (RAM Retention): 0.1 µA
  • Five Power-Saving Modes
  • Ultra-Fast Wake-Up From Standby Mode in Less Than 1 µs
  • 16-Bit RISC Architecture, 62.5-ns Instruction Cycle Time
  • Basic Clock Module Configurations
    • Internal Frequencies up to 16 MHz With Four Calibrated Frequencies
    • Internal Very-Low-Power Low-Frequency (LF) Oscillator
    • 32-kHz Crystal Crystal oscillator cannot be operated beyond 105°C
    • External Digital Clock Source
  • One 16-Bit Timer_A With Three Capture/Compare Registers
  • Up to 16 Touch-Sense Enabled I/O Pins
  • Universal Serial Interface (USI) Supporting SPI and I2C
  • 10-Bit 200-ksps Analog-to-Digital (A/D) Converter With Internal Reference,
    Sample-and-Hold, and Autoscan
  • Brownout Detector
  • Serial Onboard Programming,
    No External Programming Voltage Needed,
    Programmable Code Protection by Security Fuse
  • On-Chip Emulation Logic With Spy-Bi-Wire Interface
  • Package Options
    • TSSOP: 20 Pin
  • For Complete Module Descriptions, See the MSP430x2xx Family User’s Guide (SLAU144)
  • Low Supply Voltage Range: 1.8 V to 3.6 V
  • Ultra-Low Power Consumption
    • Active Mode: 220 µA at 1 MHz, 2.2 V
    • Standby Mode: 0.5 µA
    • Off Mode (RAM Retention): 0.1 µA
  • Five Power-Saving Modes
  • Ultra-Fast Wake-Up From Standby Mode in Less Than 1 µs
  • 16-Bit RISC Architecture, 62.5-ns Instruction Cycle Time
  • Basic Clock Module Configurations
    • Internal Frequencies up to 16 MHz With Four Calibrated Frequencies
    • Internal Very-Low-Power Low-Frequency (LF) Oscillator
    • 32-kHz Crystal Crystal oscillator cannot be operated beyond 105°C
    • External Digital Clock Source
  • One 16-Bit Timer_A With Three Capture/Compare Registers
  • Up to 16 Touch-Sense Enabled I/O Pins
  • Universal Serial Interface (USI) Supporting SPI and I2C
  • 10-Bit 200-ksps Analog-to-Digital (A/D) Converter With Internal Reference,
    Sample-and-Hold, and Autoscan
  • Brownout Detector
  • Serial Onboard Programming,
    No External Programming Voltage Needed,
    Programmable Code Protection by Security Fuse
  • On-Chip Emulation Logic With Spy-Bi-Wire Interface
  • Package Options
    • TSSOP: 20 Pin
  • For Complete Module Descriptions, See the MSP430x2xx Family User’s Guide (SLAU144)

The Texas Instruments MSP430 family of ultra-low-power microcontrollers consist of several devices featuring different sets of peripherals targeted for various applications. The architecture, combined with five low-power modes is optimized to achieve extended battery life in portable measurement applications. The device features a powerful 16-bit RISC CPU, 16-bit registers, and constant generators that contribute to maximum code efficiency. The digitally controlled oscillator (DCO) allows wake-up from low-power modes to active mode in less than 1 µs.

The MSP430G2332 series of microcontrollers are ultra-low-power mixed signal microcontrollers with built-in 16-bit timers, and up to 16 I/O touch sense enabled pins and built-in communication capability using the universal serial communication interface. The MSP430G2332 series have a 10-bit A/D converter. For configuration details, see . Typical applications include low-cost sensor systems that capture analog signals, convert them to digital values, and then process the data for display or for transmission to a host system.

The Texas Instruments MSP430 family of ultra-low-power microcontrollers consist of several devices featuring different sets of peripherals targeted for various applications. The architecture, combined with five low-power modes is optimized to achieve extended battery life in portable measurement applications. The device features a powerful 16-bit RISC CPU, 16-bit registers, and constant generators that contribute to maximum code efficiency. The digitally controlled oscillator (DCO) allows wake-up from low-power modes to active mode in less than 1 µs.

The MSP430G2332 series of microcontrollers are ultra-low-power mixed signal microcontrollers with built-in 16-bit timers, and up to 16 I/O touch sense enabled pins and built-in communication capability using the universal serial communication interface. The MSP430G2332 series have a 10-bit A/D converter. For configuration details, see . Typical applications include low-cost sensor systems that capture analog signals, convert them to digital values, and then process the data for display or for transmission to a host system.

ダウンロード

技術資料

star = TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
8 資料すべて表示
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート Mixed Signal Microcontroller . データシート (Rev. A) 2012年 10月 31日
* エラッタ MSP430G2332 Device Erratasheet (Rev. J) 2021年 6月 28日
アプリケーション・ノート Migrating from MSP430 F2xx and G2xx families to MSP430 FR4xx and FR2xx family (Rev. G) 2021年 8月 2日
ユーザー・ガイド MSP430 MCUs Development Guide Book (Rev. A) 2021年 5月 13日
技術記事 A world of possibilities: 5 ways to use MSP430™︎ MCUs in your design 2021年 4月 29日
アプリケーション・ノート MSP430 System ESD Troubleshooting Guide 2019年 12月 13日
アプリケーション・ノート General Oversampling of MSP ADCs for Higher Resolution (Rev. A) 2016年 4月 1日
アプリケーション・ノート Using the Real-Time-Clock Library (Rev. A) 2011年 1月 11日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア・プログラミング・ツール

MSP-FET — MSP430 フラッシュ・エミュレーション・ツール

**第 2 世代の MSP-FET はCode Composer Studio™ v7.0、IAR EW430 v7.1、IAR EWAR v8.10 以降の IDE でサポートされています。それ以前のリリースの IDE と組み合わせて使用する際はこちらの E2E 記事をご覧ください。第 2 世代の MSP-FET を第 1 世代の MSP-FET と見分けるため方法はMSP Debugger’s Guide (section 5.6.1 – general features)** に掲載されています。

MSP-FET (...)

在庫あり
制限: 999999999
ハードウェア・プログラミング・ツール

MSP-GANG — MSP-GANG 量産プログラマ

MSP ギャング・プログラマ (複数デバイスへの書き込み機能) (MSP-GANG) は、MSP430™/MSP432™ デバイス向けのプログラマであり、最大 8 個の同一 MSP430/MSP432 フラッシュ・デバイスまたは FRAM デバイスに同時にプログラムする (書き込む) ことができます。この製品は、標準的な RS-232 接続または USB 接続を使用してホスト PC に接続できるほか、開発ユーザーがプロセスのフル・カスタマイズを行うのに役立つフレキシブルなプログラミング・オプションも利用できます。

ソフトウェア開発キット (SDK)

MSPWARE — MSPWare

MSPWare は、すべての MSP デバイスを対象にしたユーザーズ・ガイド、サンプル・コード、トレーニング、その他の設計リソースを便利なパッケージとして提供します。MSP430 と MSP432 の開発に必要なすべての要素が揃っています。 MSPWare は MSP430 と MSP432 に関する既存の設計リソース全体の提供に加え、高度に抽象化されたソフトウェア・ライブラリの幅広い選択肢も提供します。その中には、MSP ドライバ・ライブラリや USB (...)
ドライバまたはライブラリ

MSP-DSPLIB — Digital Signal Processing (DSP) Library for MSP430 Microcontrollers

TI の Digital Signal Processing(デジタル信号処理)ライブラリは、MSP430™ と MSP432™ マイコン向けに固定小数点数で多くの一般的な信号処理を実行するために高度に最適化された関数を提供しています。この関数セットは、通常、高い処理能力を必要とする変換を最小の消費電力、超高精度、リアルタイムで実行するアプリケーション向けに使用されます。このライブラリは、固定小数点演算のために、MSP ファミリ固有のハードウェアの最適な利用を可能にし、大幅な性能向上を実現します。
ドライバまたはライブラリ

MSP-GRLIB — MSP グラフィック・ライブラリ

MSP グラフィック・ライブラリは、グラフィック表示機能を備えた MSP430 および MSP432 マイコン・ベースのボードで、グラフィカル・ユーザー・インターフェイスを作成するためのグラフィックス・プリミティブで構成される、ロイヤリティ・フリーのセットです。このグラフィック・ライブラリは 2 つの機能構築レイヤーで形成されています。ディスプレイ・ドライバ・レイヤーは、使用するディスプレイに固有のものです。グラフィックス・プリミティブ・レイヤーは、点、線、長方形、円、テキスト、ビットマップ・画像を描画します。
IDE (統合開発環境)、構成機能、またはデバッガ

CCSTUDIO-MSP — Code Composer Studio(CCStudio)統合開発環境(IDE)、MSP マイコン用

Code Composer Studio は、TI のマイコンと組込みプロセッサ・ポートフォリオをサポートする統合開発環境(IDE)です。Code Composer Studio は、組込みアプリケーションの開発およびデバッグに必要な一連のツールで構成されています。最適化 C/C++ コンパイラ、ソース・コード・エディタ、プロジェクト・ビルド環境、デバッガ、プロファイラなど、多数の機能が含まれています。直感的な IDE (...)

IDE (統合開発環境)、構成機能、またはデバッガ

ENERGIA — Energia

Energia は、オープン・ソースでコミュニティ指向の統合開発環境(IDE)およびソフトウェア・フレームワークです。配線フレームワークをベースとする Energia は、マイコンのプログラミングを対象にして、直感的なコーディング環境と、使いやすい機能 API やライブラリからなる堅牢なフレームワークを実現します。Energia は多くの TI 製プロセッサをサポートしており、主に ローンチパッド 開発エコシステムで使用可能なプロセッサが対象です。Energia はオープン・ソースであり、ソース・コードは github www.github.com/energia/energia (...)
IDE (統合開発環境)、構成機能、またはデバッガ

ENERGYTRACE — MSP マイコン向け EnergyTrace™ テクノロジー

EnergyTrace™ ソフトウェアは、MSP430™ マイコン (MCU)、MSP432™ マイコン、CC13xx ワイヤレス・マイコン、CC26xx ワイヤレス・マイコンに対応した、エネルギー・ベースのコード分析ツールであり、アプリケーションのエネルギー・プロファイルを測定して表示します。また、超低消費電力化を目的としたコードの最適化に役立ちます。

デベロッパーの皆様がご存じのように、システムの状態を理解していない場合、システムのチューニングは困難になります。 EnergyTrace (...)

ソフトウェア・プログラミング・ツール

UNIFLASH — UniFlash stand-alone flash tool for microcontrollers, Sitara™ processors and SimpleLink™ family

サポート対象のデバイス: CC13xx、CC25xx、CC26xx、CC3x20、CC3x30、CC3x35、Tiva、C2000、MSP43x、Hercules、PGA9xx、IWR12xx、IWR14xx、IWR16xx、IWR18xx、IWR68xx、AWR12xx、AWR14xx、AWR16xx、AWR18xx。  コマンドライン専用:AM335x、AM437x、AM571x、AM572x、AM574x、M65XX、K2G

CCS Uniflash は、TI マイコン (MCU) 上のオンチップ・フラッシュ・メモリや、Sitara (...)

設計ツール

MSP-3P-SEARCH — MSP Third party search tool

TI は複数の企業と協力し、TI の MSP デバイスに対応する多様なソリューションとサービスを提供しています。これらの企業は、各種 MSP デバイスを使用する量産に至るお客様の開発工程の迅速化に役立ちます。この検索ツールをダウンロードすると、サード・パーティー各社の概要を手早く参照し、お客様のニーズに適したサード・パーティーを見つけることができます。

(...)

リファレンス・デザイン

TIDA-010076 — Daisy-chained power and data over single pair Ethernet (T1) reference design

TIDA-010076 は、SPE (1 組のイーサネット・ケーブル) を使用して 220W の電力と 100Mbps のデータを伝送する方法を提示します。デイジーチェーン・トポロジーを使用する通信システムは、スター・トポロジーを使用する従来のシステムに比べて、必要なハードウェアと配線が大幅に減少します。SPE (single-pair Ethernet、1 組のイーサネット・ケーブル、100BASE-T1) と PoE (Power over Ethernet、データ・ライン上での電力伝送) を組み合わせると、配線の数を減らし、設計を簡略化することができます。2 本 1 (...)
リファレンス・デザイン

TIDA-00733 — 2.1MHz スイッチング電源付き車載 8 チャネル Class-D アンプのリファレンス・デザイン

TIDA-00733 は 8 チャネルの Class-D アンプ向けのリファレンス・デザインであり、2Ω の負荷を駆動できるほか、バッテリ直結に対応した降圧電源を搭載しており、5V と 3.3V の出力を供給します。このアンプのデザインには、各オーディオ・チャネル用のオーディオ入力があります。高性能のオーディオ A/D コンバータ(ADC)は、オーディオ入力からデジタル・データ・ストリームを生成するほか、システム向けのデジタル・タイミングも生成します。
リファレンス・デザイン

TIDA-00743 — Class AB フォーム・ファクタ使用、車載、2MHz、Class-D、4 チャネル、21W オーディオ・アンプのリファレンス・デザイン

TIDA-00743 リファレンス・デザインは、標準的な Class-AB オーディオ・パワー・アンプ・モジュール向けに設計されたシステムにおけるデジタル入力 Class-D オーディオ・アンプの評価用に設計された小型モジュールです。この設計は、Class-D アンプによる消費電力低減の実例を示します。この設計は、TAS6424-Q1 の 2.1MHz 動作によってコンパクトなパワー・アンプ・ソリューションを実現する方法を示します。
パッケージ ピン数 ダウンロード
TSSOP (PW) 20 オプションの表示

購入と品質

含まれる情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating/ リフローピーク温度
  • MTBF/FIT の推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ